So-net無料ブログ作成

Windows10 と コナちゃんのきんつば [徒然に]

 
No.4828(So-net 2540+Diary 2288) 2018年Blog WebDiary Since 2002



まずはノートパソコンから。
INSPIRONは19日の午前中に届きました。

画像1.jpg

これがいまのWindows10 のデスクトップです。
ほとんど昔のまま。

昔のクラッシックという設定がないのですが
同じようにデスクトップができて一安心です。

でも、ここまでするのが一苦労です。
パソコンに不慣れな人じゃ、無理だと思うよ。

一番時間を使ったのはGmailの設定!
なんど設定しても、Gmailが設定エラーになっちゃう。

ググっても解消しないのであきらめました。
Windows10 Gmailの設定エラー(0x8000000b)の解決方法

そして、Windows10で古いソフトが動かないという心配は
ほとんどのソフトが動きました。

なんだ、こんなことならオフィスを買うことなかった。

それも最新のオフィスは使い勝手悪いので、
昔の2007を入れて使ってます。昔のオフィスはシンプルでいいよ!

それにしても
なんでコンピュータはこんな不便なんでしょ(笑)

P2190472.JPG

ノートパソコンの設定中に、珍しくコナちゃんが来ました。
コナちゃんのおみやげのきんつばです。

何ヶ月ぶりです。
僕の状況は激変して、彼は変わらない。

いや、コナちゃんも変わります。
まずは、宮古からまた東京に戻ってくるそうです。

理由はコナちゃんのお母さんの面倒を東京で見るからです。
お母さんは足腰が弱くなり宮古では施設もなく、東京でないと無理だからだそうです。

3月にはお母さんを連れて東京に来て、仮住まいしてから
施設に預けるようになるそうです。

P2190473.JPG

P2190474.JPG

夕飯のドリア。

カメラで撮影してノートパソコンに入れて、Paint Shopで加工して。
そのあと、こうしてブログ書いてます。

なんとか前のように、できてます。
そうそ、一瞬蘇ったVOSTROはまた立ち上がりません。

またINSPIRONの細かい設定をします。(笑)








nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

池江璃花子とベッドと抗ガン剤治療 [徒然に]

 
No.4825(So-net 2537+Diary 2288) 2018年Blog WebDiary Since 2002

ここ1週間というもの、微熱と平熱を繰り返し
ただただ家にいて何もしていません。

そんな中でも10日と11日は体調も良くて
家の周囲を歩き、工場まで徒歩で歩いていったのです。

ところがそのせいか12日(火)はまた熱が出てしまい
午後はベッドで寝ていたのですが、午後4時に目が覚め、

枕元のラジオを入れたら、何かの中継が聞こえてきました。
臨時の中継で、関係者の緊迫感ある声に耳を傾けると

池江璃花子の白血病 という水連の発表だったのです。

日本中から悲鳴が聞こえてくるようです。
そして僕は沈みました。

ベッドの中でネットニュースを漁り、その中で
今年はじめから体が重く、タイムが出ず異変を感じてたと言う。

体が重い。いまも僕にある症状。
池江璃花子と重ねるのはおこがましいのですが、何かがある。

体は自由に動かせてても、体の内部で異変がおきている。
そういう不安が一挙に噴き出したのです。

抗ガン剤治療は1週間お休みで、明日からまた再開します。

その間でも左の腎臓と尿管、膀胱が機能し始めた兆候があり
希望も見えてきた中での池江璃花子のニュースだったのです。

彼女は今朝のニュースでも
自分に乗り越えられない壁はないとツィートしてきました。

やっぱり、えらいと思ってしまう。
凡人にはない強さ。

いや、どんな人間も弱い。強く見える人でも弱さがあります。
大きい声で泣きたい
池江璃花子でも号泣したのだと勝手に想像するのです。

すると、本当に最近は涙もろい。
そう想像しただけで、涙がこぼれる。

多くの人の池江璃花子への応援メッセージを読む度に
涙がこぼれてきてしまうのです。

オリンピックなんてどうでもいい。
プールからあがってくるあの笑顔をもう一度見てみたい。


そう思うのです。

IMG_3136.JPG

さて話かわって、そのベッドです。
国立がんセンターに入院してる時にAmazonしました。

安い簀の子のベッドに電動マットレスの組合せです。



簀の子のベッドは最初から決めてました。



問題はマットレスです。

もっと安いのでも良かったのですが、がんセンターに入院中に
上半身を少しあげると腰痛がない事に気づいたのです。

IMG_3137.JPG

このくらいに上半身をあげただけで、
一日寝てても、腰痛にならないのです。

以前は40℃くらいの熱が出て一日中寝てると
腰痛になって困ってましたが、電動ベッドにして解消しました。

でも。よく考えたら電動でなくても、良かったかも
普通のマットレスをベニヤ板であげるようにすれば良かったかも。(笑)

さあ、明日はまた抗ガン剤治療です。
2人に一人がガンの時代だとたまちゃんが言ってました。

池江璃花子もする抗ガン剤治療。
僕にはどんな運命が待ってるのかと思ってしまいます。







nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

Googleマップが1千万回!= 人はいましか生きてない = [徒然に]

 
No.4823(So-net 2535+Diary 2288) 2018年Blog WebDiary Since 2002

三日間、微熱で家でじっとしてました。
いま白血球が一番少ない時みたいで、それで熱がすぐ下がらなかったのかも

微熱でも体は重くなり、何もする気にならなくなります。
本を読んで、テレビを見てじっとしてました。

抗ガン剤治療は今週はお休みだそうです。
2週やって1週休んで、また2週やるみたいです。それだけ強い薬?

強い薬と言えば、抗ガン剤の点滴する時の看護婦さんの格好がすごいのです。
防護服、と言ってもビニールですが全身を覆う完全防備で、

顔には飛散防止の大きなシェードを付けてするのです。
そんな強烈は薬なんだ!と恐ろしくなります。

IMG_3130.jpg

さてそんな今週、Googleeからこんな通知がきました。
Googleマップに投稿した写真の閲覧が1千万回になったと通知がきたのです。

1千万回って想像がつきません。(笑)

IMG_3131.jpg

通知が来て気づくことがあります。
それは人物が写ってる写真にカウントが多いのです。



どんなに素晴らしい写真でも、(笑)
誰も写ってないとみな見ないのです。

IMG_3060.jpg

こんな風に誰か写ってると、
「これだれだ?」って見るのでしょうね。(笑)

ところで



「しもなだ駅」の写真を載せましたが
旅行して、いっぱい写真撮って、それをGoogleフォトアルバムにして

こういうスタイルが素晴らしいと思って撮り続けたのですが
いま体が動かなくなって、もっとむかしを懐かしんで写真を見るかと思うと

見ないのです。

やっぱり 人はいましか生きてない んだと、
いまやっと気づきました。

Googleフォトアルバムは便利で、スマホでもiPadでも
いつでもむかし懐かしんで、見る事が出来ます。

でも、それ以上に
記憶にある風景にはかなわない

そう思えてきたのです。
記憶にある風景はいつでも思い出せて、それは素晴らしいから

それでも、このあと
もし旅に出ることあったら、また写真を撮り続けます。

そんな日が来るのかな~







nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

国立がん研究センター =「マシバシ イネツル カモ」= [徒然に]

 
No.4821(So-net 2533+Diary 2288) 2018年Blog WebDiary Since 2002

退院してきて、やっとブログが書けるようになりました。

抗ガン剤の副作用はあります。
体の芯は重く、熱がなくても微熱があるようです。

そして、お腹は減ってるのにあまり食欲がない。
胸焼けもします。

それよりも!

便秘がひどかったのです。
思うと先週の高熱からです。

福ちゃんの回復と僕の高熱:IDEA's Gallery

この週から高熱で便通が悪くなり、
23日に入院して抗ガン剤の副作用か、なおさらひどくなりました。

苦しいなんてもんじゃない。
今週退院してきても、ひどいのでついには今度は浣腸しました。

イチジク浣腸。これで出たのですが、解決!と思いきや。
昨日はなんと下痢に襲われて、ひどい目にあったのです。

1週間というもの、副作用もあるでしょうが
超便秘と下痢でふらふらになったのです。



さて前回は吉田松陰の言葉を書きましたが
今日は司馬遼太郎による高杉晋作の言葉です。

「マシバシ イネツル カモ」

晋作はなんども政変をおこし、そのつど殺されそうになり逃げまどうのですが
逃げる道中の四国金比羅で、博徒日柳燕石(くさなぎえんせき)の乾分(こぶん)との話。

晋作が道後温泉につかりその湯の起源を博徒と話をしながら、晋作が忘れていた言葉
少彦名神(すくなひこなのかみ)が道後温泉につかり病苦が全快した時に叫んだという

マシバシ イネツル カモ

その少彦名神の言葉を、博徒が忘れていた晋作に教えてくれたのです。
意味はマシバシがしばらく、イネツルは寝(いね)つるで

「しばらく寝ていたようだな」
ただそれだけ意味です。

なんとも、ここに晋作の死生観を現しています。そして
晋作はこれより以前、子分のような伊藤俊輔(伊藤博文)に

「伊藤、生とはなにか」と問うて晋作はこう答えるのです。
生とは天の我れを労するなり。死とは天の乃ち我れを安んずるなり。

(生は天がその生に目的をあたえ労せしめる課程に過ぎず
死とは天が彼に休息を与えるに過ぎない。)

こうして晋作は第二次長州征伐の幕軍に大打撃を与えるも
明治維新を見ることなく、病に冒されその一生を終えます。

この言葉も、如実に晋作の死生観を知る事が出来ます。
死は休息であり、黄泉の国で「しばらく寝ていたようだった」と思う。

IMG_3113.JPG

さて、築地ガンセンターの写真をお見せして今日は終わります。

DSC_0028.JPG

病室は15階でした。
隅田川を望み、築地市場の解体現場を見ることが出来ます。

DSC_0027.JPG

1月23日(水)

入院したその日の風景で

きらきら輝くみなものがなんとも言えません。

DSC_0025.JPG

こうして食事をしていました。

DSC_0036.JPG

25日(土)

抗ガン剤治療したその日の午後

まだ副作用もなく、退院も近いので19階の最上階にきました。

DSC_0037.JPG

19階には売店とレストランがあります。

ガンセンターに用がなくても入れます。

DSC_0038.JPG

退院した日にアッコさんと来ようと思ったのですが

副作用が出てきたみたいで、レストランは諦めました。

IMG_3111.JPG

25日の夜。

この日は副作用もまだなくて、元気に写真撮影!

これから髪もなくなるので、これが最後だと思います。

DSC_0033.JPG

というガンセンターでした。

明日また抗ガン剤治療の2週目に行ってきます。








nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

どの人間の生にも春夏秋冬がある。吉田松陰 [徒然に]

 
No.4820(So-net 2532+Diary 2288) 2018年Blog WebDiary Since 2002

また最近よく夢を見る。

一昨日は怖い夢で、一軒家のストレートの階段を上がって(まだ階段には上がある)
右に入った屋根裏部屋みないな場所に、福ちゃんとおぼしき影と一緒にいた。

その部屋で寝ようとすると布団から白い消える虫みたいのが頭を出す。
怖いから叫ぶと消える。叩いても消える。すると

霧みたいな亡霊が現れて、迫ってくる。
あまりの怖さに福ちゃんに助けを求めても、福ちゃんは動かない。すると

階段に人影があってその人が階下に降りようとしている。
助けを必死に求めて、大声を出して何度も叫んだ。

そこで目が覚めた。たぶんうなされて声を出してたと思う。
本当に怖くて、夢が覚めて良かった。


そして昨日は、父親が出てきた。最近父親が出てきたのは二度目だ。
たぶん大学生のころだと思う。場所は西八王子か、国立か。

ぼろい一軒家のアパートに、女性がそばにいることを勘違いして、父が叱責する。
女性とは何もないのに、部屋に一緒にいるだけなのにその事をひどく言い訳をしてる。

これから武蔵美(なぜか他校)に行くから一緒にいたと、言いわけしても父親は納得しない。



そう、こんな頃の話なのに、なぜ父親が出てきたのだろ?!
まさか呼んでるのだろうか?

いや。僕はいま父親に申し開きするような事は何もない。

そればかりか夢で感謝されてもいいくらいだと思ってるのに
そんな言葉は何もなく、なぜか言い訳をする対象として父が出てくる。

僕の人生は懺悔ばかりで、それが、だからいまの病になってると思ってるし
そんな思いをいだいているから、父親が夢に出てきたのかと思ってしまう。

。。。

夢の話はもうやめる。また見そうで怖いから



いま「世に棲む日日」を二度読みしている。
「翔ぶが如く」を読み終わり、その後に

百田尚樹の「カエルの楽園」と「戦争と平和」を読んで
「永遠の0 」の文庫を取り寄せたが、はたと止まってしまった。

それが手術の前で、松蔭の言葉に引き寄せられるように
また「世に棲む日日」を読み直しているのだ。

病院でもまた読んだ。

その中で「どの人間の生にも春夏秋冬がある」という松陰の言葉が
常にあたまのなかにあったからだ。

司馬遼太郎は高杉晋作が結核で病に伏したときに
松蔭が自ら言い聞かせた言葉を晋作のこの時に添えた。

「幼少で死ぬ者もそれなりに春夏秋冬があり、長寿をえて死ぬ者も
同様であり、春夏秋冬があることは人生の長短にかかわりがない。」

「ゆえに自分が短命でおわることに少しの悔いもない、とは松蔭が
みずからに言いきかせた言葉だが、晋作の人生の晩秋もみじかかった。」


ryu-kon-roku.jpg

処刑直前に江戸・小伝馬町牢屋敷の中で書き上げられた「留魂録」冒頭部分。 高杉晋作、久坂玄瑞以下、全ての門下生達に向けて書かれた魂の遺書。 松陰の死、そして「留魂録」は松陰の意思を継ぐ同志達のバイブルとなり、 長州藩志士達の倒幕への大きな原動力となった。
留魂録・吉田松陰の死生観(吉田松陰.com)

小説の偉人と自分とを並べるのはおこがましいが
それでも、偉人たちに自分を投影したくなるのは仕方ない。

「どの人間の生にも春夏秋冬がある。」

いま処刑前の松蔭、病に伏した晋作に思いをはせながら
明日いよいよ築地の病院に手術入院します。

帰ってきても、まだ死にはしないともちろん思っていますが
しかし、ブログを書く意欲があるやなしや。

行ってきます。








nice!(1)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

福ちゃんの回復と僕の高熱 [徒然に]

 
No.4818(So-net 2530+Diary 2288) 2018年Blog WebDiary Since 2002

また熱を出しました。
金曜日の夕方、ちょっと変だなと思ったので

また熱が出ると思い、抗生物質を飲んで寝たのですが
夜中に体が動かない。めちゃくちゃだるい。

重い体にむちうって計ったら39.9℃でした。
土曜日はただただ寝てました。

大坂なおみも錦織圭も見られず
(なんと!録画も忘れてた~涙)

IMG_3074.JPG

さて、本題の福ちゃんです。
この写真は金曜日の夕方5時

この日、福ちゃんが少し餌を食べ始めたのです。
午前中はずっと寝てましたが、午後になって食べたのです!

そして夕方、起きて何するかな~と思ったら?!

IMG_3075.JPG

餌を欲しがるじゃないですか?!

こんな姿を見るのは数日ぶりです。

IMG_3076.JPG

そして前と変わらずもりもり食べるじゃないですか!
動物は自分で体を治すと言いますが、そればかりじゃない。

薬の投薬で指に怪我したアッコさんの眼力はすごいです。
きっとこの子は治ると!とその後も指を噛まれながら薬をあげ続けたのです。

彼女は生まれ変わりは外科医が植木屋だと言ってましたが
獣医にもなれると思います。テディが20才まで長らえたのも
アッコさんの病気、怪我への見立てが良かったからだと思ってます。

IMG_3077.JPG

子育てに疲れた母親が子供の寝姿に癒されるように
ペットの安心して寝てる姿は何物にも代え難いです。

もう福ちゃんは大丈夫だと思います。

と、ここまで書きました。
まだぼーっとしてて、しんどいのですが、頑張ります!













nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

福ちゃんの病気と僕の病気と [徒然に]

 
No.4816(So-net 2528+Diary 2288) 2018年Blog WebDiary Since 2002

いまブログを書こうとしてるのですが
やはり体調がイマイチで、文章を考えてまとめる事がしんどいです。

さて、福ちゃんです。

昨日11時ころ病院に行ってきました。その病院は火曜日が定休日なのに
先生が福ちゃんのため(?)に開けてくれて、経過報告をしていただきました。

1)酸素室に入って、呼吸が楽になり心臓の影も小さくなった。
2)溜まった胸水も少なくなって肺も動くようになってきた。
3)他の臓器の多少よくなっている。

しかし

4)食事をまったくとらない。
これが問題で、鼻から管を通して胃にじかに届けるしかないと言うのです。

5)根本的な病気の原因が特定できず、対処療法しかない。

これが何より問題です。もし酸素室から出ればまたお腹で息をするようになるし
そもそも食事を取らない原因が分からないので、衰弱する一方なのです。

そのような話を先生から聞いて、酸素室にいる福ちゃんに会いに行きました。
福ちゃん! でも、エリザベスカーラーをしてじっとしています。

福ちゃんは病院に連れていく時も、診察を受けてる時もそれは静かです。
去年亡くなったテディーはそれと反対で、ぎゃーぎゃー泣きます。

酸素室でじっとして目をあけてこっちを見てますが
反応がないのです。ただただじっとしてこっちを見るだけなのです。

こうして、かわいそうな福ちゃんを残して病院を出ました。
あと2日入院させます。明日の木曜日に退院予定です。



そう思うと、11月に僕が病気になっていらい
福ちゃんが僕をべったり追いかける事が多くなりました。

いままで僕の布団の上で寝ていたのが
中に入ってきて顔つき合わせて寝るようになったのです。

寒いせいかな?と思ってましが11月はそんなに寒くないです。
僕の異変を察知して、もっとそばにいようと思ったとしか思えないのです。

ところが!

26067707_194500207953213_4382351940395204608_n.jpg

僕の大好きな写真です。

いつも福ちゃんはこうして夕飯が近づくと料理はなに?
と顔を寄せてきたのですが

ここ3週間近く、その仕草がなくなっていたのです。
大好きなカリカリの餌も食が細くなり、缶詰に変えたりしてたのです。

これが福ちゃんの病気の前兆だったのです。



ペットと飼い主はよく似ると言いますが、
福ちゃんが僕の後を追うように病気をしてるみたいです。

1)急に病気になった。(前々からかも知れませんが)
2)元々の病気がよく分からない。
3)治療しても完治する見込みがない。

まったく僕と一緒です。

さて、木曜日に福ちゃんを引き取ってきますが
先生も半分しゃじを投げてます。

家に連れて帰れば福ちゃんの気持ちが落ちつくかも知れないけど
呼吸はまた荒くなりお腹でするようになると思います。

それよりも食事が出来ないのが一番の問題です。

しかし

僕はこれも福ちゃんの「春夏秋冬」だと思っています。
吉田松陰の言葉です。

人にはそれぞれ春夏秋冬があって、人生は長さじゃないのです。



10年前に我が家に来たときの福ちゃんです。



こうして帰ってくると思いますが、エリザベスカーラーは嫌いなので
すぐに外してあげます。できるだけ楽にしてあげたいと思います。







nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

最後の写真と福ちゃんの急変 [徒然に]

 
No.4815(So-net 2527+Diary 2288) 2018年Blog WebDiary Since 2002



呑み鉄本線気まま旅 = 沼津へ行くの巻 =:IDEA's Gallery 2018-01-16

写真は2018年1月14日(日)
ちょうど1年前にEishiroさんと行った沼津への車窓です。

なんと運命は数奇なのでしょう。
あれから、1年です。

ishibashi_80-371145900.jpg
YAMAHA / GC12S クラシックギター GC-12S (セミハードケースつき)

昨日は無事にEishiroさんにギターなど渡す事が出来て
身の回りの整理が少しついてホッとしました。


paulaさんとKozoさんのお土産



paulaさん、Kozoさん、Eishiroさんとの楽しい食事!



これが僕の最後の写真だと思っています。

11月の手術直前に尿が排出されず2kg太り
手術で痩せて手術前から5kg痩せました。

こうして集合写真を見ると、やつれてます。
四国に行った頃、また1年前と比べたら、自分で見てがっかり。

今後はもっと痩せてシワだらけになるんじゃないかと思ってます。
もう自分の写真はいいです。

俳優さんで、老けても、シワだらけの顔をアップで写させて
よく平気だなと思うけれど、僕には考えられないです。

と言うことで、これが最後の写真です。

ところで、そんな事より!



これは昨日、Kozoさんが撮った写真ですが
福ちゃんの様子がこの時から変なのです。

お腹で大きく息をするのです。
すぐ病院に電話して、午後3時に福ちゃんを連れて行きました。

結果はレントゲンや血液検査しましたが、腹水、胸水が溜まってるが、
抜くほどじゃない。心臓も肥大してるがまだ大丈夫。

とにかく何か特定出来る病気ではないと言う事で帰ってきました。

ところが、病院から帰ってきたのが午後5時ころですが
帰ってきても呼吸が荒く、お腹で息を大きくするのです。

そして福ちゃん、急に年寄り猫になってしまい
歩き方はよろよろするし、なんと粗相しました。

トイレの脇でおしっこしてしまったのです。
呼吸も相変わらずお腹で息をするだけです。

そしてこの時から餌をまったく食べなくなってしまい
仕方なく餌と水と小さいトイレを僕のそばに置いて、昨日は寝ました。

夜中は床暖の床と僕の布団を何度か行き来してましたが
結局、餌も水も飲まずただ息を大きくお腹でするだけ。

いや、夜中に外に出たそうなので、出してやると
しばらくして帰ってきました。おしっこをしたみたい

こういう時はなんとか歩きます。

そして今日の午前中にまた病院に連れて行くと
胸水が溜まって肺が半分働いてないとの事で
心臓も悪いが、膀胱も腎臓も疑いがあるが原因は特定出来ない。

今日は酸素室に入って注射などして様子を見るというので
福ちゃん、入院させてきました。

治るといいのですが、緊急のこともあると言われて帰ってきました。
福ちゃん、がんばれ!

僕も福ちゃんも、なんという運命なのだ。







nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

母の死と = あれから2年と、あれから2ヶ月と = [徒然に]

 
No.4813(So-net 2525+Diary 2288) 2018年Blog WebDiary Since 2002



母の死:IDEA's Gallery 2017-01-10

今日は母の命日です。
あれから、あっという間の2年でした。

それにしても
なんという人生なんだと思います。

母を送ってから、その2ヶ月後


昨日の夕方、赤坂から戻ると工場長が話をしたそうに寄ってきました。

「Vさんがおかしいです」
「計算が出来ない、お客様の名前が思い出せないと変なのです」
社員とテディ = 今日も生きる!= 2017-03-01

社員が脳梗塞で仕事が出来なくなり、
(その社員はいまも元気で工場内で仕事をしてます。)

僕が代わりに営業に回り、いつも以上に忙しくなりました。

そして



腰痛は尿路結石だった!=出るか出ないか?それが問題だ!= 2017-12-04

この時に大きな病院で再検査をすべきだったのです。

ところが平日は社長の事務仕事の他に営業で忙しく
病院に行くことなどまったく頭になかったのです。

そして、このブログの左の帯にありますが


2017-01-10 母の死
2017-02-15 三崎まぐろ丼比べ
2017-02-20 金時山・明神ヶ岳縦走
2017-05-12 ★ 三宅島 海・空・星
2017-06-02 ドローンも釣りも昼寝も
2017-06-20 江奈干潟スポーツモード
2017-08-14 ★ 三宅島 3回目
2017-09-28 ★ Mavic 悲しい別れ
2017-10-02 ウェストゲートパーク
2017-10-05 椎名町 正ちゃん
2017-10-07 やきとん 豚番長 蒲田
2017-10-17 ★ 利島 何もない島
2017-11-21 鷹取山ハイキング
2017-11-24 雨の六義園
2017-11-27 九品仏のベストシーズン
2017-11-30 ホルモンまさる 田町
2017-12-07 神田 みますや 馬肉
2017-12-08 レバンテのかき・フライ
2017-12-12 宇ち多゛(うちだ)立石
2017-12-21 青の洞窟 SHIBUYA
2017-12-16 野焼&まんぷく食堂
2017-12-19 三浦海岸・漁火亭
2017-12-30 食堂とだか 五反田
2018-01-02 ★ 初日の出 燈明堂
2018-01-11 さかな食堂 逗子
2018-01-17 沼津アルプス 徳倉山
2018-01-24 まるいち食堂 三崎漁港
2018-02-07 ★ 忍野八海
2018-02-15 ★ 草津温泉ライトアップ
2018-02-24 とんかつ 檍(あおき)
2018-03-07 鉄道博物館
2018-05-08 インスタ3選 大山千枚田
2018-05-23 春香園 蒲田
2018-06-07 大森・六義・荒川・赤羽
2018-06-12 Now & Days Crane M
2018-06-16 十条 斉藤酒場・碁ゑん
2018-06-30 目黒雅叙園
2018-07-07 東京湾クルーズ
2018-07-14 岩城屋 浦賀
2018-07-17 新江ノ島水族館
2018-07-24 川崎大師 風鈴市 2018
2018-07-31 横浜大桟橋と中華街
2018-08-08 水上バスと隅田川
2018-08-22 只見線の素晴しい景観
2018-09-01 三島スカイウォーク
2018-09-06 迎賓館赤坂離宮
2018-09-20 宮川キャンプ海月星
2018-09-29 富士五湖の朝霧
2018-10-06 大森プリズン
2018-10-17 犬吠埼灯台
2018-10-31 奥鎌倉散策 報国寺
2018-11-12 奥祖谷二重かずら橋
2018-11-16 下灘駅 素晴らしき世界


2017年、2018年と死に急ぐように毎週どこかに出かけ

そしてついに


四国から戻ってきました!
ほぼプランBで行ってきました。

ところが!

出かける日の金曜日の午後
急に腰の左側の後ろが痛み出したのです。

四国横断 = プランA・プランB = 2018-11-02

四国旅行に行く前に腰が痛んだときも
大きな病院で再検査をすべきだったのです。

しかし、この時は営業の引継ぎも出来てなく
病院に行く事を思っても不可能でした。



写真は元旦のお寺さんです。

今日、築地ガンセンターに行く日だったのですが
金曜日に延期になりました。
細胞の解析がまだだからだそうです。

そこで幸いにも、母の命日にお墓参りに行くことが出来ます。
母とは毎日線香を手向けて話をしてますが
命日のこの日にお参りが出来るようになり、本当に良かったです。

そしてここ数日また熱が出て

いや11月の手術以来、毎週または2週間おきに
39度の熱が出て、抗生物質で熱を下げることをしています。

一度熱が出ると、数日はもとに戻るのに時間がかかります。
こうしてブログがかけるのも、いつまでかと思います。

「母の死と = あれから2年と、あれから2ヶ月と 」

あれから2年、電光石火のような2年。そして
腰が痛んでからも、すごいスピードで病んでいます。

本当に僕らしいと思ってます。

11月の手術で落ち込んでいましたが
築地に行く金曜日までにもう少しブログを書こうと思っています。








nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

長い長い三日間 [徒然に]

 
No.4810(So-net 2522+Diary 2288) 2017年Blog WebDiary Since 2002

IMG_2823.jpg

こんなに不調が長引くのは始めてかも知れません。

腰の痛みと微熱と
そしてめちゃくちゃな倦怠感。

だるくてだるくて

思えば先週から始まったような気がします。

23日は9時間、24日は10時間寝て

IMG_2850.jpg

25日の日曜日は9時間、今朝も9時間近く寝ました。

微熱はあるのですが、とくべつひどくないので

本を読み、映画を見てテレビを見る生活をこの3日してました。

IMG_2820.JPG

本と言えば、「翔ぶが如く」全10巻を

1年ががりで読み終わりました。(笑)

最後は壮絶な西南戦争が描かれ
大久保利通の暗殺で終わりました。

IMG_2854.jpg

注目すべきは西南戦争の主導者、桐野利秋です。

昨日の西郷どんでは、私学校に切り込む形で現れました。
あれが桐野です。

司馬遼太郎は桐野を、日露戦争の乃木希典と同様に
戦術を持たない士官として描いています。

桐野のために西南戦争は負けたとばかりに描いてます。

そして、洒落者だとも書いてます。
最期まで洒落た軍服にコロンを欠かさなかったとかいてます。

そして、かたやもう一人僕が興味を持ったのは

IMG_2853.jpg

川路利良です。

昨日の西郷どんでも、大久保利通に忠誠を誓ってましたが
日本の警察の父と呼ばれる人です。

いままで知らなかっただけに、桐野、川路それぞれ
西郷どんではどう描かれていくか楽しみです。

そして

IMG_2839.JPG

昨日は午前、午後とこの本を読んでました。



第1巻は吉田松陰の若いころです。
この本は吉田松陰と高杉晋作の話のようです。

Googleマップで萩城下を眺め、想いを巡らしました。
吉田松陰はやはり面白い人物です。

これからが楽しみ!(笑)

IMG_2840.JPG

日曜の昼メシです。
まだ微熱あって、だるくてだるくて

こういう時はうどんです!(笑)

IMG_2844.JPG

午後はWOWOWで録画した
スターウォーズ・最後のジェダイ(8)を見ました。

やっぱり長いよね。

そして夕飯のあと、2日ぶりに風呂に入って寝て
そして9時間寝たのです。

金曜日から丸3日、酒を飲まず
ただただ寝ました。

はたして、今日は仕事になるのかな~








nice!(4)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感