So-net無料ブログ作成

胴網海岸と日帰り温泉観潮荘 [温泉・銭湯]

 
No.3633(So-net 01+02=1345+ Diary 2288) 2013年Blog

シークレットビーチ胴網海岸:IDEA's Gallery の続きです。



胴網海岸はほんとうにシークレットビーチと呼べるような
小さな、家族ずれにぴったりの海水浴場です。



胴網海岸に落ち着いた僕はさっそくビールのつまみ作りです。



スノーピークのストーブでお湯を沸かします。
そして、じゃがりこ!



じゃがりこに沸騰したお湯をひたして・・・しばし待て!
少し待ってじゃがりこがふやけたら、かき回します!



はい!
じゃがりこマッシュポテトできあがり!(笑)



つづいては、餃子!



これもしばし待て!



うまい!(笑)



やっぱり海は最高です!(笑)



ということでお腹も落ち着いて、酔い心地もちょうどいい!



まんぞく!まんぞく!
この昼寝のためにここに来た!(笑)



まどろんでいると、海が目の前に・・・



海が目の前に・・・



夢か・・・



いや!現実でした!



目が覚めたら・・・



次は油壺日帰り温泉「ホテル京急油壺 観潮荘」 です。
油壺 日帰り温泉観潮荘




油壺 日帰り温泉観潮荘のお借りした写真です。

入浴料金大人1.000円!
この眺望にしては超安い!

胴網海岸で隣りにいたグループも温泉に入ってました。
海水浴に来てこの温泉に入るのは、コースなのかも?

なお、この露天温泉は海水をそのまま沸かした海水風呂。
なので、塩っぱいのです。傷があるとひりひりします。(笑)



風呂上がりはやっぱりビール!
観潮荘の中にあるレストラン潮彩は眺めもいいし最高!

レストラン潮彩 - 三崎口-和食(その他) [食べログ]

帰りは油壺からバスで帰ってきたのですが、
油壺から三崎口までバスで50分くらいかかりました。

国道134がめちゃ渋滞なのです。
車で来る人も同じように渋滞にはまると思います。

僕は座れましたが、立ってた人は大変だったと思います。
この注意が必要ですが、あとは最高の探訪でした!(笑)







箱根湯本 日帰り温泉 湯の里おかだ [温泉・銭湯]


No.3628(So-net 01+02=1340+ Diary 2288) 2013年Blog



2015年7月12日(日)
箱根湯本 日帰り温泉 湯の里おかだ(公式HP)に行ってきました。



この時間、東海道線はガラガラ。なぜ?



箱根湯本もガラガラ!

IMG_1632.JPG

この写真はちょうど2年前の箱根湯本です。
地震だ、蒸気爆発だと騒がれたらお客は来ないよね。

箱根湯本「湯の里」への道:IDEA's Gallery



商店街はもっとガラガラかと思ったけれど、そこそこお客がいました。



早川を渡って、奥湯本に向かいます。



地震の影響でしょうか?やっぱり早川は白濁していました。



いつもの写真!(笑)



蒸かしたては美味しい~!(笑)
まんじゅう屋菜の花 箱根湯本観光協会【公式】



奥湯本に向かって須雲川(すくもがわ)ぞいを歩くと
チェックアウトしたお帰りの人に大勢あいました。



須雲川です。



天成園の日帰り温泉にも一度行ってみたいです。
日帰り温泉のご案内 [公式]天成園



やっとトウチャコー
箱根 湯本 日帰り温泉 湯の里 おかだ



お風呂は11時からなのですが、館内は10時半から入れました。
館内を散策します。館内の撮影はOKです。



2階のお休み処の前には子供用のプールがあります。



この付近には日帰り温泉が多くありますが、
ここはお客が少なく静かななのが何より良いのです。



そして嬉しいのが自販機にビールがある!(笑)



館内の様子です。



右は湯坂山です。



湯坂路は去年の11月に行ったのを思い出しました。



さあ、露天風呂です!
箱根湯本 日帰り温泉 湯の里おかだ 湯屋のご案内



1時間半ゆっくり温泉に入ってきました。

そこで、お食事処に行くまえにまずはビール!
自販機はありがたい!(笑)



湯の里おかだが素晴らしいのはこの無料お休み処!
箱根湯本 日帰り温泉 湯の里おかだ 施設のご案内



そして、やっぱり温泉は違います。
1時間くらいゆっくり入ってたら、すっかり筋肉のコリが治りました。

さて、今週末はどこに行くかな?!(笑)

江ノ島 [温泉・銭湯]


No.3595(So-net 01+02=1307 + Diary 2288) 2014年Blog

天気予報が2週続けて外れてます。
ここ2回、日曜日が雨か曇りの予報だったのです。

それが昨日はほぼ快晴。それも30℃を越える天気でした。
曇りか雨なら山には行けない。



そう思って電車に乗り込みました。



着いた先は江ノ島!
ほら!快晴です!



相変わらず波はないのにサーファーがいっぱいです!(笑)



江ノ島小屋に来たのでしょうか?

小屋のお姉さんには「今日は温泉に行きます」と言うと
「行ってらっしゃい!」と返事がかえってきました。(笑)

【江ノ島小屋】 しらすと相模湾の地魚が美味い食事処
江ノ島小屋 - いであ - Picasa



おー!見えてきました!



10年くらい前から、ここに温泉があるのは知ってたのですが
来ようと思って江ノ島に来たのは始めてです!



温泉にトウチャコー!



ホテルのフロントのようです。
そう!ここは値段が高いのです!



ロッカーも立派です。



室内大浴場からは相模湾が一望出来ます!



屋内プールです。



同じ屋内プールで、ここでエクササイズプログラムが行われてました。



屋外プールエリア!
きました!



ここに来たくて来たのです!
大きくはないのですが、人がいない!

料金が高いせいか、人が少ない!
いまはない二子玉の山河の湯に匹敵する人のなさ!

瀬田温泉「山河の湯」 ~東京では珍しい100%天然温泉~
瀬田温泉 山河の湯:IDEA's Gallery



洞窟風呂です。



もう最高!



ここは1階なのでほとんで海の際なのです。

DSCN4884.JPG
天空の露天風呂―赤沢日帰り温泉館―:IDEA's Gallery

この写真は赤沢温泉ですが、ここに匹敵します!



ということで、10時に入って12時半まで温泉にいて
施設の外にある「回転寿司 三浦三崎港」にきました。



人生何度目かの回転寿司です。
グラスビール¥240



本マグロ大トロ
¥660



カンパチ¥560



メバチマグロ¥560



光りもの3点盛り¥340

これが一番リーズナブルだったかな。
トロはやはり築地にはかないません。

こうして家に戻ったのが2時。
今回もいい旅でした。

えっ!?温泉の値段?

驚くなかれ¥2742(税抜¥2400)

¥1600くらいならいいんだけど。
そうしたら、あの楽園はないよね。

さて、次はどこに行こう!?(笑)

戸越銀座温泉 [温泉・銭湯]

  
No.3415(So-net 1127 + Web Diary 2288)
2014年6月23日(月)月歴5月26日 2013年Blog

クーポンをいっぱい買ってしまい、僕としては3度目
コナちゃんたちは初めての九寨溝に行ったのですが
グルーポンに連れられて…九寨溝(Blog)

その暴飲暴食で酒が残り、体重はすごいことになってます。
しかし、さっきメールが来てコナちゃんは蒲田でレゲエしたって!

「タクシーでうちにくれば良かったのに(笑)」と言うと
「いやー、やはり本能は磨いておかないと(笑)」だそうです。

IMG_9120.JPG

そんな日曜日は夕方5時から九寨溝だったので
僕は早朝からやってる戸越銀座温泉に行ってきました。

戸越銀座温泉|基本情報

東京には日曜日の早朝からやってる銭湯が他に3軒あって

幸の湯 6:00~23:00 大田区西糀谷1-25-18 月曜定休
燕湯   6:00~20:00 台東区上野3-14-5 月曜定休
ひさご湯9:00~20:30 台東区浅草2-24-3 不定休

IMG_9121.JPG

しかし、戸越銀座温泉は温泉なのです!(笑)

IMG_9124.JPG

僕は地下鉄浅草線の西馬込から3つめの
戸越で降りて5分くらい歩くだけ!

IMG_9125.JPG

トウチャコー!
いや、こんな近くに日曜の早朝からやってる!

IMG_9126.JPG

なんたって温泉です!

IMG_9127.JPG

下駄箱の横でチケットを買います。
当然だけど450円!

IMG_9128.JPG

入口からしてスーパー銭湯みたい!

IMG_9129.JPG

休憩室も立派!

IMG_9131.JPG

販売所のようなカウンターはこの時間だけ閉まってるのか
それともずっと閉まってるような雰囲気でした。

でも自販機があるから、十分です!

IMG_9132.JPG

お風呂場は2階です。
階段からして立派!

IMG_9133.JPG

右が男湯、奥が女湯です。
いや違う。

右が陽の湯、奥が月の湯で
日替わりになり、この日は陽の湯が男、月の湯が女でした。

IMG_9134.JPG

だから陽の湯の脇にベビー台があったのですね。

IMG_9135.JPG

泉質 :ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉
湧出量 :毎分227リットル
源泉温度 :20.9℃
状態 :黒黄色を有し、微鉄味を有す
水素イオン濃度 :ph 8.61

IMG_9137.JPG

脱衣場も清潔です。

IMG_9138.JPG

浴室も十分な広さがあって使いやすいです。

IMG_9139.JPG

浴槽もジャグジーになってて気持ちいい!

IMG_9140.JPG

3階にある露天風呂に行きます!

IMG_9141.JPG

露天風呂?!
ちょっと狭いかな

IMG_9142.JPG

見上げると空!
この日は雨がぽつぽつ降ってきます!(笑)

IMG_9143.JPG

浴槽は狭いけれど、テレビがあるのがいい!
それに温泉!(笑)

そして3階にはベンチがあって、サウナの体を冷ます場所もあります。

IMG_9130.JPG

風呂からあがって休憩室で一休み。

IMG_9144.JPG

発泡酒は210円です!

IMG_9145.JPG

お疲れさま~(笑)
こんな近くにこんな良い温泉があったのですね!?

戸越銀座温泉いいです!また来ます~

金春湯 リニューアルオープン [温泉・銭湯]

  

2014年3月5日(水)月歴2月5日 2013年Blog

東京人にとって「銀座」は特別な場所だ。

大田区に住む僕にとっても、自由ヶ丘、渋谷、新宿これらが
出かける3つの大きな街なのだが、その中でも銀座は格別。

多くは食事をしに出かけるのだが、銀座の雰囲気を味わいに
ただぶるぶらするのもいい。

有楽町から出かけるか、新橋から回るかだが、どちらにしても
東京人としては銀座の通り名に熟知してなくてはなならない。

東西に延びる銀座柳通り、マロニエ通り、松屋通り、みゆき通り
南北に延びる道路数奇屋通り、西銀座通り、ソニー通り、そして
並木通りに金春通りだ。

IMG_2758.JPG
完全復活(Blog 2012-08-09 )

この写真は2012年の夏の写真だが、ここにもこれから行く
金春湯(こんぱるゆ)」の青い看板が写っている。(江戸銀の後ろ)

IMG_2774.JPG

能舞台はもちろんなく金春(こんぱる)通り(GoogleMap)を舞台にみたて
演じるので、正面から見る事も出来ず、また遠くに見えるだけでした。

IMG_2784.JPG

こんな粋なまち銀座にあるのが粋な銭湯「金春湯

銀座にはある銭湯はこの金春湯と銀座湯の2軒だけで
銀座湯も2013年3月にリニューアルオープンしている。
中央区環境衛生協会|銀座湯

IMG_5553.JPG

その金春通りも時代と共にどんどん変わっていきます。
俺のフレンチ」はいま知らない人がいないほど有名店。

IMG_5555.JPG

銀座 久兵衛」
「俺のフレンチ」と両極端な店が金春通りに軒を連ねている。

IMG_5556.JPG

さて、金春湯が見えてきた。
このあたりに「豆腐百珍 由庵」があったのだが…
[ 659] 豆腐百珍 由庵 銀座 2004年07月29日

IMG_5557.JPG

金春湯トウチャコー!

IMG_5559.JPG

入口は以前のままだ。
リニューアルオープンの日なのだが混んでる様子はない。

IMG_5560.JPG

下駄箱に靴を入れて、右にあるドアが男湯の入口があり
その奥に女湯のドアがある。

IMG_5561.JPG

今日はリニューアルオープンなので、番台に女将さんと
手助けの息子さん(?)がいて釣り銭を渡してくれた。

IMG_5562.JPG

天井は昔のままが嬉しい!

IMG_5564.JPG

もちろん神棚も昔のまま!

IMG_5565.JPG

何より嬉しいのはこの金魚のタイルが昔のままだった!

たかちの湯巡り、日本一周 温泉JAPAN
このブログにリニューアル前の金春湯が載っています。

IMG_5566.JPG

白く塗られた壁がリニューアル感いっぱいだ!

IMG_5567.JPG

自分でもシャンプーを持って行ったが、備え付けがあった。
これならタオル1本で来れるぞ!

IMG_5568.JPG

赤富士は塗り直したんだね。

IMG_5569.JPG

この金魚を見ながらつかるお湯がいいんだな~(笑)

IMG_5602.JPG

リニューアルオープン300名限定の記念タオルに
一緒にいただいたポカリスエット!

IMG_5597.JPG

金春湯さん。ちょうどいい湯加減でした!
また近いうちに入りにうかがいます!(笑)

奥那須温泉 大丸温泉 [温泉・銭湯]

  
2014年2月13日(木)月歴1月14日 2013年Blog
  
那須湯本温泉 鹿の湯(Blog)を出た僕らは大丸温泉に向かいます。
大丸温泉旅館 奥那須温泉 -那須の最奥地にある秘湯-

IMG_4883.JPG

那須湯本から30分くらいで大丸温泉にトウチャコー!


大きな地図で見る

奥那須温泉(wikipedia)は
Mt.JEANS マウントジーンズのスキー場が近くにあるので
その宿として何度も来てました。

大丸温泉、弁天温泉、そして北温泉です。

ところが地図に示した「北温泉旅館」にだけは行ってない。
ここは車は入れない山道の先にあり、冬期は雪の中を歩くのです。

テルマエ・ロマエで使われた温泉プールにいつか行きたいのですが
冬場は難しい。そこで今回は「大丸温泉」になったのです。(笑)

IMG_4884.JPG

なかなか風情ある佇まいです。

IMG_4885.JPG

渓流を渡ると玄関。
このせせらぎの音が露天風呂に入っていても聞こえてきました。

IMG_4886.JPG

トウチャコー!

IMG_4888.JPG

高湯温泉 ひげの家(Blog)でも感じたのですが
日本秘湯を守る会 の宿屋はどこも秘湯らしくないのです。

IMG_4889.JPG

サービスが行き届いているのです。

IMG_4890.JPG

こじんまりした宿屋にしては施設がしっかりしてるのです。

IMG_4891.JPG

明治のころ乃木将軍が毎年湯治に訪れていたそうで
当時の着物や日記、手紙などが展示してありました。

IMG_4893.JPG

しつらいもいいのです。

IMG_4895.JPG

部屋に通されるあいだ、こうした設えが和ませます。

IMG_4896.JPG

ここの温泉は、飲用に適した泉質を持っているそうで飲めるのです。

アルカリ性の単純泉は、胃の粘膜に弱い刺激を与える効果があり、
慢性的な胃腸病や便秘などを改善する効能があると言われています。

焼酎のお湯割りとしても出しているそうです。

IMG_4897.JPG

お土産は買いませんでしたが、こじんまりして良いです。

IMG_4898.JPG

3つの内湯があるのですが、ここはその1つで女性専用です。

IMG_4899.JPG

やっと部屋にトウチャコー!(笑)

IMG_4900.JPG

12畳、バストイレ付きの純和風のお部屋です。
うん?なにか?

IMG_4902.JPG

えー!?(笑)

IMG_4904.JPG

さっそく、その露天風呂に向かいます!

IMG_4905.JPG

昭和20年ころまでは交通手段はこの篭だったそうです。

IMG_4907.JPG

露天風呂きもちー!!
えっ?!(笑)

大丸温泉見取り図.jpg

実は、この白樺の湯という露天風呂は混浴だったのです。

冬は山ゆりの湯という女性専用の露天風呂は閉鎖になり
女性専用の露天風呂はないのです。

僕らの部屋は見上げる左端の部屋だったのです。(笑)

IMG_4909.JPG

まんぞく、まんぞく!(笑)

IMG_4910.JPG

男の内湯です。
熱いお湯とぬるいお湯の2つ浴槽がありました。

IMG_4917.JPG

さてお風呂から上がると、なんとお休みどころがありました。

IMG_4918.JPG

日帰り温泉もやってるので、このお休みどころは良いです!

IMG_4929.JPG

さー、まずは自室で乾杯!

IMG_4939.JPG

そして別室で夕飯です。

IMG_4940.JPG

ゆず酒

鱈のかぶら蒸し
菜の花と筍木の芽味噌掛け
蟹豆腐

IMG_4941.JPG

八汐マス
寒ブリ
湯葉

IMG_4943.JPG

カレイの杉板焼き

IMG_4945.JPG

栃木産黒毛和牛ステーキ

帆立と野菜のサラダ(写真なし)
海老のクルトン揚げ(写真なし)

IMG_4947.JPG

蛤新丈のお碗
香の物

IMG_4948.JPG

ごちそうさま~(笑)
本当に美味しかったです!

IMG_4949.JPG

露天風呂は夜中も入れます。
僕はいつもの3時に起きて一人静かにきもちいい!(笑)

IMG_4954.JPG

朝食も美味しかったです~

IMG_4965.JPG

露天風呂さいこー!(笑)

IMG_4972.JPG

大丸温泉さいこ~!(笑)


那須湯本温泉 鹿の湯 [温泉・銭湯]

  
2014年2月12日(水)月歴1月13日 2013年Blog
  
Pants Ski (Blog 2013)毎年この時期に行くのですが
今年は今回の大雪で大きく計画変更して行ってきました。
Pants Ski 2014(Blog)

IMG_4835.JPG

那須湯本温泉 鹿の湯」にトウチャコー!

IMG_4838.JPG

那須湯本温泉は那須七湯のひとつで、那須で一番古い温泉です。
傷を負った鹿がこの湯で傷を癒したので「鹿の湯」の名がついた言う。

IMG_4839.JPG

那須湯本の中でも「鹿の湯」は湯治場のような
大人気の共同浴場なのです。

IMG_4840.JPG

入湯料¥400は安い!(笑)

IMG_4841.JPG

前日が大雪だったためか、比較的空いていたようです。

IMG_4844.JPG

周囲は硫黄臭のにおいがぷんぷんします。

IMG_4845.JPG

さー!ここが鹿の湯です。
土間はすべて板で出来ています。

IMG_4847.JPG

手前にかぶり湯があって体をさっと洗います。

IMG_4848.JPG

温度が41℃~48℃の6つの浴槽があり
自分にあった温度で浸かる事ができます。

まずは41℃!
気持ちいい~

IMG_4849.JPG

白濁して硫黄臭ただよう浴槽はそれだけでも気持ちいい~

IMG_4852.JPG

そればかりか、体の温まり方も格別なのです!

IMG_4855.JPG

影ちゃんが指で44℃をさしています。(笑)

IMG_4857.JPG

これも44℃!

IMG_4858.JPG

向こう側は46℃、48℃!

IMG_4859.JPG

46℃、48℃は高温です。
先客が入浴時には声を掛け
静かに波を立てない様にして
入浴をお願いします。

IMG_4860.JPG

結局僕らは46℃、48℃には入らず出ました。

それでも「鹿の湯」はぜったいにいいです!(笑)

IMG_4864.JPG

たまちゃん、くまちゃんの福島組がトウチャコー!

IMG_4868.JPG

さてこの日の宿、大丸(おおまる)温泉に向かいます。

IMG_4869.JPG

奥那須まであがってきました。
展望が最高です!

IMG_4870.JPG

はい、金麦!(笑)

IMG_4878.JPG

大丸温泉はあしたのこころだ~(笑)


稲村ヶ崎温泉 [温泉・銭湯]

  
2014年1月29日(水)月歴12月29日 2013年Blog
  
全国日帰り温泉マップでこの稲村ヶ崎温泉を見つけました。

稲村ヶ崎温泉
鎌倉市で唯一の天然温泉。琥珀の美肌湯[純重曹泉]


調べるとなかなか良いじゃないですか!
という事で日曜日は鎌倉散策(Blog)かねて出かけていったのです。

IMG_4272.JPG

一昨年の11月にポタリングで訪れているのですが…

DSCN3655.JPG
湘南ボーイ・湘南ガール(Blog)

まったく見過ごしていたのです。

IMG_4298.JPG

道路に面したレストランに目がいってしまい
温泉の看板に気がつかなかったのですね。

IMG_4273.JPG

入口だって駐車場の券売機の裏に隠れてるんだもの。(笑)

IMG_4274.JPG

ということで、いざ稲村ヶ崎温泉へ!

IMG_4275.JPG

さてここで書くのですが、この温泉!
成分もさることながら、もう一つある特徴があります。

落ち着いた雰囲気の中でお楽しみいただくため、18歳未満の方の入館はご遠慮いただいております。 (18歳以上の方が同伴の場合でも入館いただけません)
これはいい!
子供ががちゃがちゃ入ってきたら台なしです。

あとで考えたら、ここは稲村ヶ崎です。
サーファー対策かも知れませんね。

IMG_4276.JPG

¥1300を払って館内へ。
まあまあの料金だと思います。

IMG_4277.JPG

脱衣所です。
この時午前11時過ぎ。お客は4名ほどでした。

IMG_4279.JPG

真っ黒なお湯の内湯に露天風呂が続いてます。

IMG_4280.JPG

この人数なら十分の広さです。

IMG_4281.JPG

大田区の黒湯と同じ成分です。
植物の中でも殺菌効果が高いとされる松の有機成分。

PH8.7、弱アルカリ性の炭酸水素塩泉です。
そして目の前が海なのに塩分は全く含んでいません。

IMG_4283.JPG

右が温泉。左はサウナ用の低温18℃の源泉です。

IMG_4278.JPG

いやーちょうどいい湯加減です!

若い客が内湯が熱すぎて、露天はちょうど良いと言ってましたが
僕には内湯は露天より熱いのですが、温度がちょうどいいです。

内湯と露天の温度のバランスがぴったり。

IMG_4284.JPG


IMG_4285.JPG

露天風呂の奥に小さなサウナまであります。

IMG_4287.JPG

タオル一枚あれば十分の施設です。

IMG_4286.JPG

ところが、なんと上がり湯まで茶褐色です!
白いタオル持って行ったらベージュになってしまった~(笑)

IMG_4294.JPG

稲村ヶ崎温泉ごちそうさまでした!
玄関を出ようとするとレストランMain(メイン)の入口です。

IMG_4296.JPG

なかなか洒落たつくりのレストランです。

2014012630.jpg

2014012640.jpg
レストラン Main:旧名サンディッシュ(ホームページより)

創業1968年の老舗洋食レストランなんですね。
稲村ヶ崎温泉入ってここで食事したら、いいかも~(笑)

IMG_4298.JPG

しかし僕がランチに向かったのは、それはもっと素晴らしいところ。
それはあしたのこころだ~(笑)


蒲田黒湯温泉 ホテル末広 [温泉・銭湯]

  
平成25年9月6日(金)月歴8月2日 2012年Blog
  
2013090606.jpg
湯のまち放浪記(BS-TBS)

最近見ている温泉紀行番組なのですが、温泉の
女性レポーターってたいていバスタオルをお湯に
浸けて入りますよね。

僕はそれがどうも嫌いだったのです。

ところが清水国明はすっぽんぽんで入るのです!
温泉レポートはこうでなくちゃ!(笑)

IMG_1180.JPG

清水国明に刺激されて僕も行ってきました!(笑)
蒲田黒湯温泉ホテル末広(HotelSuehiro)

JR蒲田駅南口改札から徒歩0分!(1分未満!)
なんともチープな玄関先で、ユザワヤ蒲田店
行くときに今までちらっと見て、気にはしてても
この玄関先のチープさに未訪問だったのです。

IMG_1181.JPG

狭い玄関を入ると、右手になんともレトロなロビー。

IMG_1182.JPG

入って玄関のすぐにフロントがあります。
ofuro001.gif
天然黒湯温泉ホテル末広(黒湯~くろゆ~について)
このイラストの通りです。(笑)

IMG_1183.JPG

フロントで¥1050を払っていざ黒湯温泉へ!

IMG_1184.JPG

なんかこの雰囲気、どこかで味わったことある~

IMG_1185.JPG

脱衣場は狭い!10個もないんじゃない?
フロントで鍵をもらうので、そのロッカーに入れます。

IMG_1189.JPG

さー、ここが末広の黒湯温泉です!

IMG_1190.JPG

今まで行った蒲田の黒湯温泉の中で一番狭いです。
でも、客が少ない。いや、いない!

裸のまま涼む場所がないので、いったん脱衣場で
扇風機あびて涼んでから、もう一度入ってきました。

IMG_1192.JPG

場所柄、外人さんも多いのかしら?

IMG_1193.JPG

ビールの自販機にはなんとキリン端麗¥200
これは嬉しい!(笑)

IMG_1194.JPG

このソファーで休もうかな~
いや、

IMG_1195.JPG

こっちがいいやっ!

IMG_1196.JPG

FaceBookに写真アップ~(笑)

IMG_1198.JPG

ゴロンと横になって足マッサージもできます~

IMG_1199.JPG

うわー!昭和初期の写真だ。なつかし~(笑)

IMG_1200.JPG
遠まわりの雨

ここでロケしたんですね。
調べたら酷評されてました。(かわいそ~(笑))

IMG_1201.JPG

ほんとうにレトロな末広でしたが、いかがですか?
いや、僕は気に入りました!
最初は¥1050は高いなって思っていたのですが
このレトロ感と客の少なさがたまらないです。

平日(営業時間6:00-9:00 12:00-24:00)
時間あって、湯上がりに一人でぼーとするには
最高の温泉だと思いました。また行こ~う(笑)


箱根湯本 かっぱ天国 [温泉・銭湯]

  
平成25年8月6日(火)月歴6月30日 2012年Blog
  
箱根湯本「かっぱ天国」への道(Blog)に続いて
いよいよ「かっぱ天国」の中に、温泉に入ります!

IMG_0800.JPG

ここがフロントというか、ここで¥750をはらいます。
実はここの評判が二分しているのです。

かっぱ天国 箱根湯本温泉の口コミ @nifty温泉
ここが★2つが標準の口コミのサイト。750円が高い!
そう書かれてます。一般的には千円台なので、安い!
しかしこのサイトでは¥750でも高いと書いてあります。

一因は写真のおばちゃん。むちゃくちゃ書かれてます。
僕はそんな印象なかったんだけど。

IMG_0803.JPG

さていよいよ温泉へ。
口コミの「暗い」「汚い」という階段、廊下です。
でも、僕にはこのレトロな感じが大好きになりました。

IMG_0804.JPG

ここで男女風呂に別れます。

IMG_0805.JPG

男湯の入口。
左下にあるのは湯漏れのタオルかな?

IMG_0806.JPG

脱衣所です。
僕は山小屋みたいで、好きになりました!(笑)

IMG_0808.JPG

さー、温泉です!
でも、これから30分くらい僕一人。だれも来ません。

IMG_0809.JPG

温泉を一人で独占です!
こりゃたまらん!

IMG_0810.JPG

源泉かけ流し!
岩風呂がなかなか良いのです!

IMG_0811.JPG

かっぱ天国の湯質は単純温泉、塩化物泉、硫酸塩泉。
硫酸塩泉は肌の汚れや、余分な角質が温泉に入るだけで
落ちていきます。美肌の湯なんです。

IMG_0812.JPG

脱衣所にある湯さまし場。

IMG_0813.JPG

皆さん箱根の山を越えてゆくのでしょうね。

IMG_0815.JPG

残念なのは屋根がじゃまして景色がよく見えない。
箱根湯本「湯の里」への道(Blog)もそうでした。

IMG_0818.JPG

いよいよ待望のおやすみ処です。

ただこの無料休憩室はさすがにイマイチ。
カーペットは汚いし、湿ってる。(なぜ?)

IMG_0819.JPG

そして肝心のつまみ類が高い!
東京の安い居酒屋に慣れすぎたのかな?

で、問題なのは、枝豆も冷や奴も
もろきゅうも何もないと言うのです。

IMG_0821.JPG

あきらめてビールだけ頼んだら、トマトはあるって。
ビール¥650、トマト¥400!なんとこれで千円超。

僕はまー諦めるけど、評価が低いのは仕方ない。
あと書いておくのはロッカーが¥100取られる事。

入浴料は¥750で安いけど、靴、脱衣ロッカーで
¥200取られると¥950になってしまう。

靴ロッカーは鍵しない、脱衣ロッカーは貴重品だけ
温泉キットの袋に入れて温泉場に持ってはいる。

こんな事を考えるのは、野暮かな。

かっぱ天国(神奈川県) - BIGLOBE温泉
このサイトは★4つ、5つで評価高いんです。

僕もこの空いてる事を考えて、★4つ。
混んでる温泉より、汚くてもいいから空いてて
野趣味あふれる温泉に★4つあげます!(笑)

IMG_1635.JPG

かっぱ天国をおりて、箱根湯本で遅い昼食。
蕎麦屋に入りました。
そば切り 十六夜

IMG_1848.JPG

蕎麦屋といえば「いたわさ」に日本酒!

IMG_1849.JPG

さぁ、次の箱根湯本日帰り温泉はどこ行こう?(笑)