So-net無料ブログ作成

OLYMPUS ED 75-300mm F4.8-6.7 = これは千里眼だ!= [写真・動画]

 
2019-04-13 No.4867(So-net 2579+2288) 2018年Blog WebDiary Since 2002

DSC00602.JPG

これがいまのカメラ、レンズのラインナップです!(笑)
左から

1)OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIED 12-100mm F4.0 IS PRO
2)M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
3)STYLUS TG-4 Tough
4)OLYMPUS OM-D E-M5 Mark IIED 75-300mm F4.8-6.7II

これで35mmフィルム換算で
超広角14mmから超望遠600mmまでカバーします。

とくに1)のE-M1 Mark II と ED 12-100mm F4.0 IS PRO
この組み合わせは完璧です。

これさえあれば、ほぼどんな写真でも撮れます。
カメラ本体の機能ばかりか、レンズの描写もすばらしい!

ただ、

24mm以下の超広角も欲しい!
200mm以上の超望遠も欲しい!

と、このラインナップになったのです。(笑)

P4100585.JPG

さて、OLYMPUS ED 75-300mm F4.8-6.7 です。

とにかく、この超望遠なのに軽い!
423g

これだけでも、重量長大なPROレンズのメリットをしのぎます。

P4100584.JPG

ただ、レンズフードがでかい!
これが気に入らない。

写真撮るぞ!と出かける時も、一眼2台持ちの時も
電車移動の時はカメラすべてバッグにしまいます。

どうもカメラを首にさげて、カメラが趣味です!
って、歩きたくないんだよね。(笑)

で、このでかいレンズフードは持ち歩かないかも。

そもそも、レンズフードってフレアって言って
太陽光が模様みたいに入るのを防ぐんだけど


OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO ED 12-100mm F4.0 IS PRO
ƒ/10 1/400 12mm ISO 200

やっと始まりました城南島の写真!(笑)

で、これもちゃんとレンズフードを付けてるのに
上の方にフレアが入ってます。

レンズフードってなに?!って感じ。(笑)


OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO ED 12-100mm F4.0 IS PRO
ƒ/10 1/400 12mm ISO 200

4月11日(木)9:13

誰もいない!
平日のこんな時間に来たの初めてだけど、最高!(笑)

おっ!さっそく飛行機だ!(左に小さく見えます)


OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO ED 12-100mm F4.0 IS PRO
ƒ/8 1/800 100mm ISO 200

ED 12-100mm F4.0 IS PRO の望遠側で撮ってます。
クリックして大きく見れけど、リサイズして画素数を落としてます。


OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO ED 12-100mm F4.0 IS PRO
ƒ/11 1/640 20mm ISO 200

穏やかな海に見えるでしょ?

ところが!

この後、とんでもない海になるのです!(笑)


OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO ED 12-100mm F4.0 IS PRO
ƒ/10 1/400 12mm ISO 200

今はもう秋
誰もいない海

by トワエモア
って、知らないか?(笑)


OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO ED 12-100mm F4.0 IS PRO
ƒ/7.1 1/640 100mm ISO 200

ED 12-100mm F4.0 IS PRO 望遠側で撮してるので
肉眼ではこんなに大きくは見えません。

でも!


OLYMPUS E-M5MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II
ƒ/9 1/500 215mm ISO 200

ここで初めて新しい超望遠レンズの登場です!
けっこうディテールまでしっかり写ってます!(笑)


OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO ED 12-100mm F4.0 IS PRO
ƒ/11 1/500 12mm ISO 200

この後の矢印の写真を見てから
クリックして煙突と青い三角形を確認してください。(笑)



まずは白い矢印の煙突!


OLYMPUS E-M5MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II
ƒ/11 1/800 75mm ISO 200

たぶん、東京電力の姉崎火力発電所です。

東京電力フュエル&パワー(株)姉崎火力発電所 by GoogleMap


OLYMPUS E-M5MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II
ƒ/11 1/800 300mm ISO 200

これがED 75-300mm の最大望遠側です。

IMG_3167.jpg

距離にすると21km!
すごくないですか?!

千里眼って4千キロだっけ?
千里眼にはほど遠いけど、なんかそんな感じです。(笑)

続いて、青い矢印


OLYMPUS E-M5MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II
ƒ/9 1/500 300mm ISO 200

これはなんでしょう?!
調べて分かりました。

川崎人工島「風の塔」by GoogleMap

すると手前は羽田空港のD滑走路ですね。

IMG_3166.jpg

距離のして10km!

OLYMPUS ED 75-300mm F4.8-6.7 恐るべし!(笑)


OLYMPUS E-M5MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II
ƒ/7.1 1/400 75mm ISO 200

やっとこれから目的の飛行機の撮影です。

でもよく考えたら、城南島での飛行機の撮影に
ED 75-300mm の超望遠って必要ないのかも

なぜって、城南島では飛行機が肉眼でも大きく見えるので
ちょっとしたデジカメでもこの大きさの写真は写せるのです。


OLYMPUS E-M5MarkII +M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II
ƒ/7.1 1/400 75mm ISO 200

いや、それでも

ここからもっと望遠にしたい!
と思った時に超望遠があるのとないのでは大違いなのです。(笑)


OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO ED 12-100mm F4.0 IS PRO
ƒ/10 1/400 12mm ISO 200

さあ、いつもの広場に来ましたが
ここから明日書きたいと思いますが

000084806.jpg
世界最強6.5段[1]を実現する手ぶれ補正機構
オリンパス E-M1 Mark II デジタル一眼カメラ


なぜ、世界最強の手ぶれ補正が必要なのか?
これも明日書きたいと思います。(笑)







nice!(4)  コメント(0)