So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

奥鎌倉散策 その1= 東勝寺橋 =

 
No.4786(So-net 2498+Diary 2288) 2017年Blog WebDiary Since 2002



10月28日(日) 8:31

朝の仕事を終えて、アッコさんへの挨拶もそこそこに
電車に飛び乗りました!

それにしても、横須賀線は複雑です。

行きはボックスシートに座ろうと品川駅まで行って乗ったのに
帰りは、品川に着きませんでした。(笑)

IMG_1633.JPG

9:16

鎌倉駅トウチャコー



いったん西口の駅舎を撮影してから

また東口に戻って駅舎を写します。



ところで「奥鎌倉」の定義ですが

鶴岡八幡宮の東側の雪ノ下、二階堂、浄明寺あたりを
奥鎌倉と言うようです。(たぶん(笑))



若宮大路まで来ました。



この時間はまだ観光客が少ないです。



超広角レンズで撮してみる。(笑)



三の鳥居までは行ってみるか



三の鳥居トウチャコー



交通量はあいかわらず多いです。

鎌倉は車で来るとこじゃないよね



太鼓橋も撮してみる



鶴岡八幡宮はここまで(笑)



八幡宮は何か良い美術展があったら来るかな



八幡宮前を右に曲がって、路地に入ってきました。



ここをクランクして左に曲がります。



9:44

東勝寺橋トウチャコー


東勝寺橋は、大正13年に建造されたアーチ橋です。関東大震災の復興期には、このようなアーチ橋が多く建造されましたが、そのほとんどが撤去された今日、当時の姿を保つ東勝寺橋は希少なものです。

虹のような弧を描く東勝寺橋の姿は、周囲の緑や滑川の川面と見事に調和し、美しい渓谷風景の一部となっています。また、青砥藤綱の伝説や北条一族の滅亡など、中世の歴史が息づく場所でもあります。
鎌倉市/東勝寺橋

さてどんな場所なんでしょ?!



クリックして読んでみてください。

「誤って銭十文を滑川に墜とし」

この碑文は報国寺の入口でも見ました。



その滑川(なめりがわ)に下りれます!





東勝寺橋下の川底です!



東勝寺橋のアーチ橋を下から見れます!



水が澄んでて川遊びも出来そう!



緑濃い夏はもっといい写真が撮れそうです。



橋の上に戻りました。

ここには観光客がほとんど来ないので穴場です!



橋のたもとにある公園ですが、

ここからは川底には下りれませんでした。



奥鎌倉散策の続きは明日のこころだ~(笑)









nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。