So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ニューオータニと迎賓館赤坂離宮 その2= 迎賓館のお庭のすばらしさ!= [写真・動画]

 
No.4741(So-net 2453+Diary 2288) 2017年Blog WebDiary Since 2002



ニューオータニと迎賓館赤坂離宮 その1=日本庭園の光りと影のつづれ織り=

8月26日(日) 10:23

ホテルニューオータニをあとにして

少し時間が早いかと思いましたが、赤坂迎賓館に向かいます。

本館の参観ご希望の方へ 迎賓館赤坂離宮 内閣府



紀州藩徳川家中屋敷表門です。

大きなお屋敷だったのですね。







なんとなく、こっちだろうと向かってます。(笑)



いつか写真に撮りたいと思ってた赤坂迎賓館!



13:34 トウチャコー!

P8260123.JPG

素晴らしい!



でも、見学者はここから入るのではないのです。



見学者の入口に向かいます。



この交差点を左に向かいます。

見えるのは学習院初等科です。
すごいところに初等科はあるのですね。



学習院初等科からすぐに迎賓館の見学者入口があります。



10:41

ここで手荷物検査に時間が多少かかります。

さて、ここで迎賓館の見学申込みについて書きます。

迎賓館一般公開申込システム

これをご覧頂き、参加日付まで進むと
10:30から始まって1時間刻みで
定員100名になると締め切るようになってます。

ところが!

手荷物検査が済むと、自動販売機でチケットを購入するのですが
予約した時に戻ってきたメールには

「このメールを印刷または、このメールを表示してください」とあるのに
メールのチェックなどなくて、ただチケットを購入するのです。

つまり、

予約などしなくても、また指定された時間など関係なく

「予約あり」の列にならんで手荷物検査を受けて、
そのままチケットを購入出来るのではと思ったのです。

ぜひ、試してみてください!(笑)



11:12

見学終了!(笑)

内部は撮影禁止なので、写真がないのです。(涙)

内部の様子は実際行かれてご覧になってください。
僕の印象は思ったより「狭い」です。

大理石の壁面や円柱、絵画がほどこされて天井など
クリスタルのシャンデリアなどさすが迎賓館なのですが。

詳しくは下のサイトで写真をじっくり見ることが出来ます。
そして、実際行かれてご覧になってください。(笑)

正面玄関・中央階段 迎賓館赤坂離宮 内閣府



内部は撮影禁止ですが、お庭はOKなので
いっぱい撮してきました。

















これはお庭番が庭の手入れで散水してるとこです。(笑)




OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII  M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
ƒ/9 1/640 7 mm ISO 200

7mmつまり35mm換算の14mmの超広角レンズでないと
迎賓館全体は撮せないのです。


OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
ƒ/10 1/400 12 mm ISO 200

このくらいが普通のカメラの広角側だと思います。



これも広角側の7mmで撮ってますが

建物両端はゆがんでても、中央の人物はゆがまず撮れてます。
これがZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO の良さかな!



後ろが迎賓館、前が四谷駅方面です。











お疲れさま~



帰りはここから出ます。

すると!



結婚式の事前撮影です!



それにしても、この日は猛暑日だったはず。
大変ですよね。

お幸せに~



12:02

赤坂見附に戻ってきました。



昼メシだ~

でも、ここじゃない!



あった~(笑)



店構えがどこに行っても同じなのが嬉しいやら(笑)



うまい!!

この日は本当に暑かったのです。

ビールのうまいこと!(笑)



これが最後のTG-4 の写真かな?

違うや。
燻製キッチンだ!

TG-4 最後の写真となる
燻製キッチンは明日のこころだ~(笑)







nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。