So-net無料ブログ作成

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男 = テニス好きな人はぜひ見て欲しい!= [映画・TV・本]

 
No.4738(So-net 2450+Diary 2288) 2017年Blog WebDiary Since 2002



9月2日(日) 9:08 有楽町日比谷

雨の日曜日



TOHOシネマズ日比谷にやってきました。



最近、品川に続いて

シネマコンプレックスの映画館に来てます。



TOHOシネマズ日比谷も初めてきましたが

眺めはいいし、施設も新しくて充実してます。

なんと、13スクリーンもあるのです!



1つのスクリーンが100から200席と小さいのですが
映画鑑賞には十分な大きさですし

座席はゆったりして、スクリーンまですり鉢状に作られて
前の人の頭が邪魔することがないのです!

DgNWop9VQAAEMGC.jpg

見てきた映画は「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」(原題:Borg McEnroe)
1980年のウィンブルドン決勝、ビョルン・ボルグとジョン・マッケンローの物語です。

ボルグ、マッケンローともテニスを始めたころから、
苦悩するジュニア時代などを織り交ぜて、ウィンブルドン決勝までを描いていきます。

映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』公式サイト

IMG_9175.JPG

ボルグを演じるスベリル・グドナソンは無名の俳優かな
それでも、よくボルグを演じています。

正面の顔はさほどでもないけど、横顔を見ると似てる!

IMG_9176.JPG

マッケンロー演じるシャイア・ラブーフは有名な俳優で
「トランスフォーマー」で主役を「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカル」で
インディ・ジョーンズの相手役を演じるほどの個性派俳優です。

とにかくシャイア・ラブーフの仕草がマッケンローにそっくりです!
よくぞ役作りをしたと喝采します!

審判に悪態つくマッケンローには笑ってしまうほどなのです!(笑)

DgNWop9VQAAEMGC.jpg

この映画の見所は、僕らの知らなかったボルグとマッケンローの苦悩や
ボルグのウィンブルドン5連覇へ重圧からくる葛藤などの細かい描写も
素晴らしいのですが

やはり、1980年のテニスのシーンをよく作り上げたものだという事です。
監督、スタッフそれぞれ素晴らしいのですが、やはり俳優の努力です。

グドナソンは撮影5カ月前からトレーニングを始め、テニスは1日2時間
基礎トレーニングは週に4時間行ったようですが、見事なテニスシーンです。

シャイア・ラブーフもサウスポーのマッケンローを見事に演じて
サーブに入る仕草、ストローク、そしてボレーなんか見事にマッケンローなのです!

そして、テニスプレーもさることながら
ウィンブルドンのコートや観客などまさに1980年のウィンブルドンのようなのです!

と言うことで



テニスをやってるひと、やってない人
すべてのテニス好きな人はぜひ見て欲しい映画です!

IMG_9178.JPG

いや~懐かしい!

それに二人ともカッコイイ!(笑)

そして



これがウィンブルドンの実際の映像です。

じつは、映画を見る前は

この試合をリアルタイムで見ていたと思ってたのです。
ところが映画を見終わってから、どうも怪しくなってきた。

何か記憶にほころびが出てきたのです。

記憶っていい加減で、実際は見ているのに
「ここは来たことないのにどこか記憶にある!デジャブだ!」とか

逆に、本当は見ていないのにその後の経験を過去に織り交ぜて
見ているかのようなに思い違いして事がよくあるのです。



僕はボルグを見てから、久我山の高速道路の下で
ボルグのように壁打ちばかりしてそれまでコートに立つことなく

実際にコートでテニスしたのは、この1990年より1年ほど前からなのです。

では、1980年はどうしてたか?
記録魔の僕でもどう探しても、このウィンブルドン決勝をリアルタイムで見たのか
どうも分からないのです。

もちろんその後、ビデオで見ています。
その記憶とごちゃ混ぜになっているのかも知れません。



そんな事を思いながら、居酒屋で映画の余韻にひたったのです。

ぜひテニスをやってるひと、やってない人も
すべてのテニス好きな人に見て欲しい映画です!(笑)







nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。