So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Now and Days Vol 2 = Zhiyun Crane-M と EOS M3 の初仕事 = [写真・動画]

 
No.4657(So-net 2369+Diary 2288) 2017年Blog WebDiary Since 2002

IMG_0077.JPG

等々力渓谷、九品仏で撮影してきた
Zhiyun Crane-M と EOS M3 の初仕事です。

まずはビデオを見てください。

なお、最後にZhiyun Crane-M を使わない
手持ち撮影の映像も入れたので比べてみてください。



いかがだったでしょう?

前回不評だった、細かいカット割りをせず長い撮影に徹しました。(笑)

っていうか、等々力渓谷と九品仏の映像を見ると
どう細かくカットしていいか分からなかっただけなのですが。(笑)

IMG_5385.JPG

さて、ここでZhiyun Crane-M と EOS M3 について書きます。



Zhiyun Crane-MはこのAmazonで買うと安いんだけど、日本語の取説がなくて
初期設定にも困ったのですが、なんとか理解して等々力につきました。

ところが

Zhiyun-Crane-M-3-Axis-Brushless-Handheld-360-motors-degree-moving-gimbal-for-DSLR-Mirrorless-Gopro_jpg_640x640.jpg

この手元にあるコントローラーが分かってたつもりでも

いざ現地に行って使ってみると、わけ分からなくなったのです。(笑)

Zyiyun.jpg

特に困ったのが撮影モードです。
ダブルクリックに惑わされました。

シングル1回押しだけすれば良かったのです。
帰ってきていろいろやってやっと分かりました。



そして、いまこのケーブルを注文してます。

このケーブルでCrane-M と M3 を接続すると
ボタンを押して撮影開始終了のコントロールが出来そうなのですが、

いまZhiyun Crane-MにSONYとPanasonicしか純正ケーブルがない!

この注文したケーブルでCrane-M でM3がコントロール出来るか?
これはまた報告します。



1)Zhiyun Crane-M を使ってみて

今回使ってみて、歩き方が下手なのが分かりました。

上下運動もある程度スムーズになって撮影出来てますが
それでも歩き方を注意してもっと上下動をなくさないとダメです。

ところが、階段では!

今回のビデオでは階段を何回か撮影してますが
Zhiyun Crane-Mは階段でバツグンの威力を発揮しました。



前回撮影の時にも階段で撮影してますが
怖いのなんの!

階段を踏み外しそうになるのです。

ところがZhiyun Crane-M を使うと
撮影画面を見ながらでも階段が視界に入り、怖くないのです。

もちろん、画像もスムーズそのものでした。
だから、なおさら平坦な道の撮影の時の上下動が気になったのです。

2)EOS M3 のフレームレートが30の問題

フレームレートは、単位時間あたりに処理させるフレーム数で
パラパラマンガでの枚数が多いか少ないかと同じ話です。

EOS M3は4つの動画サイズが選べます。

1920x1080 29.27fps(frames per second)
1920x1080 23.98fps
1280x 720  59.94
640x 480 29.97

つまり1920x1080のフルハイビジョンで撮影すると
フレームレートが30が最高なのです。

ところがEOS 80D は60で撮影出来ます。
では、30と60の違いは?

もちろん60の方が滑らかな動画を撮影出来ますが
ファイル容量が倍になります。
編集もそれだけ重たくなるし、YouTubeなどにアップする時間も増します。

いま地上デジタル放送はフレームレートは30で流れてます。
どうしてかというと、それ以上必要ないし60にすると遅延が発生するからです。

では30では何が問題なのか?

普通に撮影してる時はいいのですが
パンした時(左右にカメラを振ったとき)に30では見づらいのです。

僕はドローンでも30で撮影してます。

Mavic Proは24fpsから96fpsまで選択できますが
いままでファイルの大きさ、扱いやすさから30を選択してました。

ところが、今回ビデオ撮影に集中して撮影してみると
パンした時の画面が気になって仕方なかったのです。

EOS M3は30が上限なので仕方ないのですが、これからは
パンする時よりゆっくり撮影して見づらさを補正したいと思います。

3)動画撮影中に写真も撮りたいという欲張り



等々力渓谷と九品仏 = ビデオと写真を同時に写すのは難しい=

昨日書いた事で誤解を与えてはいけないのですが
EOS M3 は動画撮影中にも写真撮影が出来ます。
(EOS 80Dは出来ない)

出来るのですが、 Crane-Mで撮影しているときに
シャッターボタンを押すとカメラが動くので難しいのです。

それでも



このケーブルを使えばカメラをブレせる事なく
動画撮影中に写真撮影が出来るかも知れません。

あとは Crane-M の持ち方を工夫して
シャッターボタンを押せるように精進するだけです!(笑)

4)BGMに苦労する

filmora.jpg
Wondershare Filmora - 簡単かつ高機能な動画編集・作成ソフト


いま画像編集はこのソフトを使ってるのですが
編集してる時は、それは楽しいのです!

ところが問題はBGM

いままではFilmoraに収録されてた音源を使ってましたが
今回の等々力渓谷、九品仏にあう音楽がないのです。

そこで無料音源をやっと探して今回のビデオにしました。

何が大変って、その音源探しです。
曲調があって、ビデオの長さにちょうど良いのを探すのが大変でした。



と言うことで次回は今度の日曜日です!

もっともっと良いビデオを創りたい!(笑)







nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 3

paula

いろいろ細かい作業というか設定?というか大変なのですね。

前回と今回のを見比べての思ったことは、今回の長いカット割りを見ると、前回の短いカット割りも悪くない、この両方を使い分けることでいでちゃんの個性に出来るんじゃないかと思いました。
そして大きなBGMの役割は言うまでもありません。
これからの動画楽しみにしています。
カット割りって難しいんだなと改めて思っています。
by paula (2018-06-12 10:58) 

いであ

paulaさん、ありがとうございます。
細かい仕事の連続です。職人仕事です。そう言うのが好きじゃないと無理。
ビデオ製作は職人仕事に加えて感性が求められるます。
このビデオも100回くらい手直ししました。
タイトルのちょっとした入り方、1秒以下の違いでぜんぜん変わるのです。

前回と今回。自分の感性を信じて作るのみです。
BGMはこれからも苦労します。でも出来たビデオがうまく出来れば!

by いであ (2018-06-12 16:57) 

いであ

いまアッコさんに始めてVol.1とVol.2をいっぺんに見せました。
最初にVol.2、今回のから。
そうしたら九品仏はだめだ。こっちがいい!と言うのです。
この話、また明日書きます!
by いであ (2018-06-12 18:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。