So-net無料ブログ作成

母と福ちゃんとテディ = ふと寂しくなる = [母と]

 
No.4200(So-net 1911+ Diary 2288) 2016年Blog WebDiary Since 2002

明日はいよいよ納骨です。

いま母の家では片付けが続いています。

IMG_8331.JPG

これは母が備えていた期限切れの食料品です。

いま期限切れでも食べれそうなのをせっせと食べてます。(笑)


そんな中また母の品物が出てきました。

IMG_8428.JPG

母のスクラップブックです。

IMG_8432.JPG

2006年から始まっています。

IMG_8429.JPG

サッカーも相撲も野球も大好きだったので

いや、スポーツはなんでも見ていました。

いま見ると巨人戦の試合結果もスクラップしてます。

IMG_8430.JPG

そしてこれが最後です。

2012年でやめています。

どうしたんだろ?


いま会社の昔の事を思い出そうとして

そう言えばあの時どうしたんだろ?

そう思って

母に聞こう

そう思う事があります。

そうか、母はもういないんだ


この寂しさはお母さまを亡くされた方なら分かると思います。

IMG_8358.JPG

そして母にDMが送られてくると、その都度登録削除の電話をしています。

このメモはその登録削除の電話したリストです。

電話しても、もう一度送られてくる事があるので
そのために記録してます。

全部で15件になりました。

IMG_8330.JPG

その中でこれは国境なき医師団からのDMです。

母は僕がアフガニスタンに行ったこともあり

アフガニスタンの干害事業などに興味があってよく話をしていました。

アフガニスタン|公益社団法人 シャンティ国際ボランティア会(SVA)

中村哲 (医師) - Wikipedia

IMG_8330.JPG

興味があったのは知っていたのですが、国境なき医師団に募金をしていたのです。

アツコさんはこのDMを見て、母の募金を知り

アツコさんも今回募金をしました。

いまその募金の領収書を母に報告しました。

世界の“緊急事態”に医療の支援を|国境なき医師団日本



ところで、福ちゃんです。

元気です!

写真は母が最後に使った、三浦市立病院から戻ってきて寝かせてあげた布団を
福ちゃんは寝床として使ってます。

昼間はいま僕が使ってるテーブルの下にいますが

夕方になると、ちゃんと布団にいって寝ています。







そして、テディです。

昨日死にかけました。

僕が寝てからの話です。

夜9時ころによろよろと起きたと思うと、ゴトンと倒れて

そのまま意識がなくなり、目の瞳孔も開いたままだったようです。

しばらくして意識が戻ったのですが、アッコさんはそのまま1時間も

「死ぬなよ!死ぬなよ!」

と泣きながら抱いていたそうです。

幸い1時間後に、自分で起きていままでと同じように横になったそうです。

Instaの写真は翌日、つまり昨日の朝の写真です。
いまも同じようにしてます。

ただ、食欲がない

大きな声は相変わらずで元気は元気なのですが。

そんな母と福ちゃんとテディでした。

さて、明日はいよいよ納骨です。







nice!(5)  コメント(5) 

nice! 5

コメント 5

paula

何度も言わせて頂いた言葉ですが、お母様素晴らしい‼本当に素晴らしい方でしたね。
納骨となるとまた寂しさがあると思いますが、順番通りでお母様は安心されていらっしゃるでしょう。
順番って大事です。子が親を見送る。

福ちゃんは元気で良かったです。
そしてテディ。
良かったよー!
1時間は長かったですね。心配でしたね。
うちのティーちゃんも2、3年前から時々倒れます。
ティーちゃんはすぐに意識が戻り起き上がりますが、ぶるぶる震えだしバタンと倒れるのです。ホント心配です。
テディはティーちゃんの目標ですから、まだまだ頑張って欲しいの。
今日の写真は元気そうでホッとしました。
by paula (2017-02-25 08:50) 

いであ

paulaさん、ありがとうございます。
簡単にはお返事が書けないと思い、PCで書こうと思い遅くなりました。
母親への思いは生前には思いつかないものです。
生前は悪い面ばかりが気になって、例えば母は晩年とくに女々しくて
もっと覚悟して生きたらどうなんだろうとばかり思ってました。
それでも、いまこうして振りかえるとそんな女々しい母の姿は思い出しません。
それよりもこうして残していったもの、絵手紙やスクラップブックそして
メールが残っている携帯電話。
それらを見るにつけ素晴らしい人だったなと思うばかりです。
生きてる間はそういう思いを少しも伝えられませんでした。
後悔ばかりです。
でも、もし母が万が一生き返っても、優しい言葉をかけられたか?
それも疑問です。
またなんやかやと母の気になることを言っている気がします。
それが親子なのかも知れません。

福ちゃんはいま足下にいます。
そして体を伸ばして手を僕の腕に伸ばして催促します。
鰹節が欲しいのです。
いまあげました。
それほどなついてきました。(笑)

テディもまだ元気です。
ただいつどうなるか分かりません。
ベトナム旅行は母のことで中止になりましたが、この後もテディがいつどうなるか
分からないので2泊3日などという旅行は無理です。
母の事と違ってテディの事なら仕方ないとは思うのですが、やはりやめておきます。

長くなりました。
本当に暖かいコメントありがとうございました!

by いであ (2017-02-25 12:05) 

paula

丁寧なお返事有難うございます。
「 悪い面ばかりが気になって、例えば母は晩年とくに女々しくてもっと覚悟して生きたらどうなんだろうとばかり思ってました。」
今、正に私が母に思っている気持ちです。
お母様のお通夜の時にいでちゃんが私に言ってくれた言葉、いつも思い返すのです。
後悔するからちゃんとしなきゃって。
でも難しい。
「もし母が万が一生き返っても、優しい言葉をかけられたか?
それも疑問です。」
この言葉も真実だと思います。

いでちゃんに鰹節を欲しがる福ちゃん、良かった。
そしてテディ、Tiffany。

いでちゃんの日記は楽しみの一つですが、昨年からのお母様の日記では多くのことを考えさせられました。また機会を与えてくださいました。
そしてテディも福ちゃんもTiffanyも大事な大事な家族です。

文章が上手くまとまりませんが、書かずにはいられませんでした。

by paula (2017-02-25 14:45) 

いであ

返事の返事が遅くなりました。
土曜日は夕方から飲んでて、返事しようと思ったけど酔って書くと
何書くか分からないので、書くのはやめました。(笑)

お母さまは何もかも分かってらっしゃるのです。
だから女々しくしていられるのです。
女々しい言葉をpaulaさんが厳しく受けてとめてくれると思って
そう思ってるのだと思います。
でも、ほんの少し優しくしてあげると
後々paulaさん自身が楽になると思います。

by いであ (2017-02-26 06:57) 

paula

うん。
有難うございます。
努力しなければならない自分も情けないけど努力してみます。
by paula (2017-02-26 08:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。