So-net無料ブログ作成

「海月姫」 能年の限界?! [映画・TV・本]

 
No.3738(So-net 01+02=1450+ Diary 2288) 2014年Blog 2013年Blog

「ホットロード」に続いて能年玲奈の映画を見ました。

映画『海月姫』公式サイト

「ホットロード」 能年は一発屋で終わるのか?:IDEA's Gallery

「海月姫」の話の前に、なぜ能年玲奈を追いかけるのか?
その話です。

もちろん「あまちゃん」ありきなのですが、
その「あまちゃん」の能年の下手さに
「この子、今後大丈夫なの?」
そう思うあまり、その後が気になってしかたったのです。

何が下手かって「あまちゃん」の能年の目線のひどさ。

俳優は目だけで演技が出来る。
そう思うのです。

俳優は台詞が一番なのですが、その次は目の演技です。
俳優は手の表情、体の動きだけで見てる者を引きつけます。

しかし「目は口ほどに物を言う。」なのです。

それだけ大事な目の動きなのに
能年の目線の悪さ。

僕は「あまちゃん」を見てて、どうも目が無用に動く能年に
見てるだけで、僕が落ち着かなくなってしまってたのです。

思うに、自信のなさの現れだと思うのです。
彼女の人見知りをするという性格。実際は知りませんが。

それが目の動きに出てしまうのだと思います。

そして「ホットロード」と「海月姫」を見て致命的な事が分かりました。



さて「海月姫」です。
僕は面白かったです。

海月姫(2014) Filmarks

Filmarks で 3.3
評判はイマイチだけど、僕には面白かったです。



なんたって菅田将暉(すだまさき)の可愛いこと!
この子、男顔だよ!
だけど、めちゃ可愛い女の子になっちゃう!

いまauのCMで鬼やってるでしょ
この子はいいね!

で、「海月姫」。
漫画チックで、ありえない設定が満載だけど
映画は現実とかけ離れてても面白ければいいと思うんだ。

そして天水館(あまみずかん)に住んでる住人女子の
キャストが分からないこと!

池脇千鶴は分かった!
でも、篠原ともえはエンドロール見て分かった。
くー残念。

『海月姫』キャスト・あらすじ・登場人物・ロケ地・感想

さて、能年玲奈です。

何が致命的か?

「ホットロード」でもちらっと思ったのですが、
キスシーンがないこと!

これが致命的なのです。

「海月姫」では長谷川博己と菅田将暉との間で恋のさや当てがある。
そして月海(つきみ)能年は蔵之介(菅田)に自分の心がある事を知る。

ついにクライマックスのシーン。
ここからはネタバレだけど、いいっか。(笑)

天水館のファッションショーの終わった二人だけのシーン。
ここで月海は蔵之介をずっと見つめるんだよ!

ここではもう「あまちゃん」のころの能年の目の悪い動きもなく
まさにクライマックス!
気持ちが盛り上がる!

ここは月海から蔵之介にキスをするシーンだ~?!
そう思った瞬間!

昔のアホな能年に逆戻り。
キスシーンなし!

バカじゃない!
何なのこの映画!

年玲奈のNG事項:犯罪者役、バラエティーの雛壇、キス等│NEWSポストセブン

調べると演技指導のAとの問題
そこから始まる事務所問題様々

能年の問題なのか、演技指導の女が問題なのか
何がどうだから分からないけれど、とにかく、最悪。

能年は目線が悪くて女優以前と思ってたけど、
キスシーンが出来ない女なんて女優じゃない。

女優という仕事をなめとんのかー!と



しかしですよ。
僕はいまちょっとクラゲにはまっております。

クラゲを見たい~
「海月姫」を見てからずっと思ってるのでした~(笑)



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0