So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

戦艦三笠と日比谷焼き打ち事件 [旅行・探訪]

  
平成25年3月20日(水)月歴2月9日 2012年Blog
  
どぶ板通りを後にして、いよいよ本当の目的地
戦艦三笠に向かいます。

IMG_3852.JPG

ここからが広大な米軍横須賀基地の入口です。

IMG_3860.JPG

やっと三笠公園に到着しました。
記念艦「三笠」がすぐ見えます。

IMG_3864.JPG

東郷平八郎のブロンズ像です。
やっと来ることが出来ました。

IMG_3867.JPG

ここまでの写真では海に浮かぶ
軍艦のようにも見えますね。(笑)

IMG_3868.JPG

でも、こうして陸の上にあるのです。(笑)

IMG_3875.JPG

今にしてはほんとに小さな軍艦です。

IMG_3876.JPG

しかし、それでも堂々としています。

IMG_3879.JPG

船首を回るとなんと猿島が見える!

初日の出を猿島を背景に写そうかと
思った時期があったのです。
教科書にない歴史(Blog)

いつか猿島に渡って行ってみたい!
そう書くと明日にも行っちゃう?(笑)

IMG_3880.JPG

艦内に入りました。ここは通信室。

IMG_3881.JPG

主砲は甲板にある30センチ砲ですが
これは15cm補助砲で左右にあります。

IMG_3882.JPG

8センチ砲で、ぐるっと自分で回せます。

IMG_3884.JPG

人形があってわかりやすいです。
こんな風に砲撃してたのですね。

小説には砲撃のシーンは少ないのですが
それでも小説を思い出されます。

IMG_3885.JPG

なんと、砲員はここで寝泊まりしてたのです。

IMG_3886.JPG

Z旗(ゼットき)です。
東郷平八郎が有名な訓示とともに掲げました。

Z旗(wiki)そのものは「私は引き船が欲しい」
上記とは違った意味だったのですね。

IMG_3887.JPG

いよいよ前甲板から艦橋に上っていきます。

IMG_3888.JPG

艦橋の操舵室です。通常ここで操舵します。

IMG_3896.JPG

ここはなんでしょう?

IMG_3897.JPG

コンクリートの壁で囲まれた、ここも操舵室。

IMG_3898.JPG

会戦が始まると、艦長、参謀はここに移動して
操舵するのですが…

IMG_3900.JPG

東郷長官は艦橋の一番上(人がいるとこ)の
最上艦橋で戦闘の指揮をとったのです。

小説には、東郷長官が会戦が終わって艦橋を
降りると、周囲は水しぶきで濡れていたのに
東郷長官の足跡だけ乾いていたとありました。

IMG_3902.JPG

最上艦橋は見上げても、見下ろしても高い!
右端に見えるのがZ旗です。

IMG_3908.JPG

さて、艦内ではこのようにビデオで戦艦三笠の
活躍や日露戦争のことを見せてくれました。

ここで僕は「丁字戦法」を実際に見ることができ
敵前大回頭の危険性を知る事が出来たのです。

IMG_3909.JPG

中甲板に降りて、閲覧室で資料を見ました。

IMG_3911.JPG

実際に戦艦三笠で撮影に使っていたカメラです。
こんなカメラで写していたのかと感動ものです。

IMG_3912.JPG

東郷長官だけが持っていたツァイスの双眼鏡。

他の船長、参謀もこれより劣る双眼鏡だったと
度々小説に出てきて「これか!」と思いました。


IMG_3913.JPG

真之です!!

IMG_3914.JPG

好古です!!(笑)

IMG_3915.JPG

さて艦内もそろそろ終わりです。

IMG_3918.JPG

船尾にある東郷長官の居室。
これで僕は船を下りました。

IMG_0728.PNG

小説「坂の上の雲」を読み、こうして戦艦三笠を見れて
非常に良かったと同時に、明治の人の苦労を知る上で
ぜひとも多くの人に戦艦三笠の見学を勧めたいのです。

そして、ここでもう一つ書きたい事があります。
それはここにある「日比谷焼き打ち事件」です。

小説は日本海海戦のあとは非常に淡々と書かれていて
その後は全くと言っていいほど書かれてません。

しかし調べると、このように日本の民衆は日露講話条約を
不満として日比谷焼き打ち事件まで起こしているのです。

日本は、陸軍は兵員も武器もまったく不足のなかで戦い
海軍も偶然とも言っていいほどの戦いで勝利したに過ぎず
それを民衆は不満として、もう一度戦争を!と暴動になり
その気運が結局は太平洋戦争になったのだと思うのです。

いま日本で「民意」とよく言われていますが、この明治の
歴史を思うと、このような民意の危うさを感じるのです。

熱くならず、さりとて冷めもせず、歴史を多方面から学ぶ。
戦艦三笠から帰り道、そんな事を考えて帰ってきました。

さて、実は明日も横須賀の話題を書きます!(笑)


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0