So-net無料ブログ作成

教科書にない歴史 [映画・TV・本]

 
平成23年12月18日(日)月歴11月24日 2010年日記
 
来年の初日の出は、地図を眺め猿島を背景に写そうかと思った。
猿島は横須賀沖に浮かぶ東西200m周囲1.6kmの小さな島だ。

猿島は以前から興味があったが、調べるとどうも観光地のよう。
だから猿島に興味は失せたが、いま「坂の上の雲」ブーム!(笑)

では三笠公園からの、猿島の脇から登る初日の出はどうか?と。
初日の出はただ海からの大陽ではダメで、対象物が欲しいのだ。

大陽は今の時期、北を真上にして時計短針の4時の方向に昇る。
すると三笠公園からぎりぎり猿島を背景に写せるかも知れない。

三笠公園はもちろん日露戦争で活躍した戦艦三笠を展示する
「日本歴史公園100選」の名園だ。いま「坂の上の雲」ブーム!(笑)

戦艦三笠」を調べてみると面白い事がいろいろ分かってくるのだ。

それは日清戦争から戦費が尽きて、三笠を完成させるには憲法違反の
予算の流用しかなく、山本権兵衛と西郷従道がそれを実行したという。

戦艦三笠は憲法違反を犯し完成したという逸話だ。そして、戦艦三笠は
連合艦隊の旗艦となり日露戦争に加わる。ここからが坂の上の雲だ。

Kodama Gentaro.jpgOguri Tadamasa.jpg

児玉源太郎(こだま げんたろう)」そして「小栗忠順(おぐり ただまさ)」

児玉源太郎は「NHK 坂の上の雲」「第11回:二〇三高地」に出てきた。

203高地陥落について、児玉総参謀長は乃木希典大将の指揮に介入し
成功に導いたとドラマでは描かれる。乃木希典の歴史観をもゆがめる。

しかし、日本史の本は203高地を陥落させたのは乃木希典の名前しかなく
児玉の指揮権介入は出てない。これは司馬遼太郎の創作かも知れない。

そしてもう一つ「坂の上の雲」にも出てこない登場人物がいる。小栗忠順だ。
なぜ三笠がいま横須賀に展示されているのだろう?という疑問から見つけた。

小栗忠順は江戸時代末期の幕臣、勘定奉行、外国奉行だが、洋式軍隊の
整備や、そして横須賀製鉄所の建設などを行った人物なのだ。

司馬遼太郎は彼の事を「明治の父」と記し、
そして、東郷平八郎は自宅に小栗貞雄とその息子小栗又一を招き、
「日本海海戦に勝利できたのは製鉄所、造船所を建設した小栗氏のお陰」
そう礼を述べた後、仁義禮智信としたためた書を又一に贈たというのだ。

これらの事を含め、Wikipediaで小栗貞雄の事を読むと実に興味深い。

児玉源太郎の活躍も小栗貞雄という人物も、今まで知らなかったのだが
「坂の上の雲」で教科書にはない、いろいろな事を学ぶチャンスになった。

さて今日これから大陽寺の仲間と、バイク仲間のキングさんが遊びに来る。
これから準備が忙しく、今日は禅寺には行けない。
彼らとは「親鸞」「坂の上の雲」の話で大いに盛り上がるだろう。楽しみだ!

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 2

song4u

戦艦三笠は大人気のようですね。
当so-netのブログで何度か拝見しました。
今日は珍しく、禅寺はキャンセルだったんですね。
by song4u (2011-12-18 11:45) 

いであ

song4uさん、おはようございます!

戦艦三笠はやはり坂の上の雲いらいの人気なのでしょうか?
テレビを見ていると、見てみたくなりますよね。

禅寺は残念でしたが、今度の日曜は行けると思います。
しかし本当に寒いので、これこそ修行!という感じです。(笑)

by いであ (2011-12-19 07:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0