So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

男の料理★味を真似る★レバンテの牡蠣ソテー [料理・お酒]

 
平成23年11月23日(水) 月歴10月28日 2010年日記
 
01120802.JPG
01120801.JPG
これは2001年に僕が撮影した今はないレバンテです。(日記1618
レバンテ
ここは1947年(昭和22年)3月有楽町駅前にて、大倉財閥の当主
大倉喜七郎が創業した由緒正しい知る人ぞ知る牡蠣の名店でした。

2003年から再開発で取り壊され、丸井などに大きく変わっています。

レバンテの名称は「ビア&レストラン レバンテ」です。
当時も古い建物で名もビアレストンなので、行き交う人はこの店が
的矢(まとや=三重県志摩半島)の牡蠣が食べられる有名な店と
知る人がほとんどいません。

この店を教えてくれたのは、もちろんITNのYさんでした。
それまでの僕は牡蠣が一番の苦手で食べれませんでした。

それは1992年だったと思います。Yさんと出会って間もなくこの店で
牡蠣フライと牡蠣のピラフを頂いたのです。その美味しい事!!

世の中が一瞬にして変わりました。まだ生ガキを食べませんでしたが
生ガキに挑戦するのも時間の問題でした。

あっという間に牡蠣が好きになったのです。それ以来レバンテには
よく通いました。そしてそれから五反田のオイスターバー(日記86
2004年品川のオイスター・バーも開店と同時に行きました。(日記519)

牡蠣の味はレバンテの味が僕の中で最高のものになったのです。

08122305.JPG

レバンテは生ガキが美味しいのですが、もちろん牡蠣フライやこの
牡蠣のパスタが最高に美味しいのです。見て下さい!この色つや。

この味を出したくて、去年は牡蠣ソテーに挑戦しました。(日記1990

10021409.JPG10022103.JPG10030212.JPG

しかし、どうしてもあの味にならない。あのコッテリとした味が出ない。

ところが!先日の日曜日に牡蠣のソテーにまた挑戦したのですが、
偶然に見つけたのです。それは「オイスターソース」だったのです。

11112030.JPG

ただレバンテの牡蠣ソテーがオイスターソースなのか分かりません。
しかし、今まで作ってきた牡蠣ソテーで一番近いものがあるのです。

実は牡蠣をソテー初めてからオイスターソースを思いだしたのです。
ですから、準備悪くちょっと焦げています。だから、これも失敗です。

オイスターソースはすぐ焦げる。しかし牡蠣にしっかり火を通したい。
ここがポイントです。これから何回か試してみます。
そして「男の料理」だけあって、「簡単」に作ってみたいと思います。

さて、これから大陽寺の若者たちと鎌倉をハイキングしてきます。
今回はハイキングしながら料理談義に花が咲くことでしょう(笑)

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

paula

まさにオイスターですね。
覚えていますよ!特に牡蠣のピラフ。
美味しかった。
この日記をみると食べたくなりますね。
またの報告を待っています。

鎌倉楽しんでください。

・・・私は仕事と練習です(ちょっとひがんでいる:笑)
by paula (2011-11-23 09:06) 

いであ

paulaさん、おはようございます。

昨日は仕事だったのですか?
いい天気でしたよ〜(笑)

牡蠣のソテーは今週末にでもまた挑戦しますね!

そうそ、練習は毎日欠かさずやってます!
あと10日ですね!(笑)

by いであ (2011-11-24 07:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0