So-net無料ブログ作成
事件・事故・事柄 ブログトップ
前の10件 | -

もう夢を見なくていい = 置き去りの男児の発見「5つの疑問」 = [事件・事故・事柄]

 
No.3939(So-net 1650+ Diary 2288) 2015年Blog Web Diary


IMG_9449.jpg
発見時の様子を語る自衛官
時事通信 6月3日(金)20時52分配信

男児が保護された陸上自衛隊駒ケ岳演習場の建物(後方)前で、発見時の様子を語る陸自函館駐屯地の掛川勇一陸曹長(中央)=3日午後、北海道鹿部町
発見時の様子を語る自衛官(時事通信) - Yahoo!ニュース

本当に良かった!
奇跡です。

昨日の朝は、もうダメだろうって思ってて
親を疑うネットニュースにそう思い始めてた矢先だった。

本当に奇跡です。


IMG_9448.jpg
大和君が歩いた約10キロの上り坂-Yahoo!ニュース
下の★が行方不明地点、上の★が演習場の小屋

1)なぜ行方不明の地点から家族と違う方向に歩き出したのか?
2)どうやって真っ暗の中を演習場の小屋まで行けたのか?
3)どうやって真っ暗の中を鍵のかかってないドアを発見したのか?
4)なぜ小屋のドアは鍵がかかってなかったのか?
5)なぜ助けを求めて小屋から他の場所に移動しなかったのか?

最大の疑問は小屋から助けを求めて他に移動しなかったことです。
小屋を出なかったことで、さらなる迷い道をせず救出につながった。

これらの疑問はいずれニュースやテレビで報道されるでしょう。

まさに奇跡としか言いようがありません。

もうこれで夢を見なくてすみます。

父親のことはいいです。
これ以上は取材をして欲しくないです。

本当に良かった!







nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

創造と模倣とコピペ問題 [事件・事故・事柄]


No.3672(So-net 01+02=1383+ Diary 2288) 2014年Blog 2013年Blog

暗澹たる思いです。


「夢だと思った」2020年五輪のエンブレムに佐野研二郎氏 Art Annual online

初めは違和感がありましたが、見慣れると良いデザインです。

9234b9e5-s.jpg

[Japan] Haneda Airport, Tokyo Sleepwalking in Tokyo

それが、この羽田空港の盗作疑惑で佐野氏は全てを失い
オリンピック組織委員会はオリンピックスタジアムに続いて
日本国民に大きな損失を与え、名誉さえも失墜させました。

スタジアムにしてもエンブレムにしても、お役人の権威主義
これこそが問題の本質だと思います。

しかし、ここでそれを語るのは時間の無駄なのでしません。

IMG_0008.JPG

昨日たまたま多摩美から広報誌がきて、ビックリしました。
佐野氏のデザインが載ってたらどうしよう?!と。

幸い多摩美80周年記念関連の記事でしたが、
多摩美にとっても問題だと思ったのです。

そもそも、トートバックにしても他のデザイン盗用疑惑にしても
デザインは最初は物まねです。

東京五輪エンブレム問題・佐野研二郎は高校時代から「パクリ」 アサ芸プラス

ここまで書かれても、僕は佐野氏を擁護していたと思うのです。

デザインは物まねです。

多摩美で何を学んできたか、あまり記憶にないのですが
僕のデザインに関する考え方は大学に入る前の数年間、
研究所と予備校で学んだものです。

大学で何を学んかと思うのですが、それでも記憶に残るのが
大学1年のオリエンテーリングが終わった最初の合同授業の
奥野教授の一言です。

「デザイナーは頭が良くなくてはダメだ」
「多くの引き出しを持てる頭をもつ事」
「良いデザインが引き出しにどれだけあるか?」

この事と、「スポーツをしろ!」「デザイナーは体力勝負だ!」
この2つをことが大きく記憶に残りました。

体力だ!は省きますが、とにかくデザイナーは良い作品を見て
どれだけ記憶にとどめられるか?そういう事だと学んだのです。

これこそ、模倣の最たるものです。
一からまったく新しいものを造るなんてことはないのです。

オリジナリティーのあるデザインでも、そのインスピレーションの
最初には過去にあった何かの欠片が脳にあるものなのです。

一から新しいものを造り出す神も、スーパーマンもいないのです。

それこそ、どんなに佐野氏にたいする類似した作品があると聞いても
ある意味擁護していたのですが、これだけはアウトでした。

7NmfsZk.jpg

[Japan] Haneda Airport, Tokyo Sleepwalking in Tokyo

この右下のクレジットを消してしまうなんて、考えられません。
こうなると、やはり小保方氏のコピペ問題を思い浮かべます。

小保方問題の時もこのコピペ問題は大きく取り上げられて
学生の大学論文でも、頻繁に見られると報じられました。

そして、コピペ問題は大学の倫理問題として今後の教育に
大きな捨て石となって役立つと期待していたのですが・・・

美術大学でもこのコピペ問題をちゃんと取り上げるべきです。

いや、出典を明らかにする、原作者に許可を得るなどそんな
基本を教えないとならないのかと思うと、何か間違っています。

やはり根本の教育問題なのです。
「卑怯なことをやってはいけない」

プールでの出来事:IDEA's Gallery:So-netブログ

藤原正彦「国家の品格」:IDEA's Gallery:So-netブログ

戦後の日本の教育を見直さないとならない時期です。

そうなるとアメリカGHQの洗脳教育問題になります。
この話はまたいずれ。

とにかく新しいオリンピックのエンブレムが出来ることを
素晴らしいものになることを願うばかりです。




暴力のない世界 [事件・事故・事柄]

  
2014年1月10日(金)月歴12月10日 2013年Blog
  
久しぶりに怖い夢を見て夜中に目が覚めてしまった。
そこから寝つけずにずっと起きている。

暴力団のような人に監禁されている。
大勢の人が入り組んだ部屋の各所にいるみたいだ。

男子は暴行され、女子は強姦されている。
あまりの怖さに失禁する。

男たちが出入りするたび、ドアを閉めるたびに鍵の束をがちゃがちゃ言わせてる。
がちゃがちゃ。
ドアの音がするたびに怖さで体がこわばる。

がちゃがちゃ。
あの鍵を使えば自由になれる。

男が入ってきて、鍵の束をそばに置いて別の部屋に入っていった。
いまがチャンスだ。
いや、罠かもしれない。時間がどんどん過ぎていく。

やるしかない!
しかしどの鍵がドアの鍵かわからない。
がちゃがちゃ。

目の前の鍵穴、背中は男の気配。

全身汗が噴き出す。
ドアが開いた!

監禁されていた他の男の子も同時に外に飛び出した。
僕はショットガンに筒状の玉を込め、工事用鋲打ちガンを持った。

武器はそれだけだ。
ライフル銃はあったが銃弾がない。

僕らは閑散とした街を逃げながら、3階のとある部屋に立て籠もった。
ここはもしかしたら、僕の家だ。

祖母がいる。死んだ父もいる。母もいる。
暖かい味噌汁がストーブに出来ている。
味噌汁を仲間にのませてる間に、工事用鋲打ちガンをさわる。

僕はこれで何人の敵を倒せるだろ。
僕は生きてここを出られるだろうか。

P1020056.JPG

ここでゆっくりと目が覚めた。
しかしまだ夢のなかにいるようだ。

僕は暴力の夢なんか見たことがない。
むかし、父と母が喧嘩をしていた。

それを一人部屋でじっと我慢して聞いていた。
昔の人は戦争にいき、男が暴力をふるうことが当たり前だったのかも知れない。

しかし、怖い。

昨日そう言えば、小学生とその祖母らしき人が歩いていて
男の子がひどい汚い言葉を使って祖母を罵倒していた。

あまりに悲しくなったが、僕はそのまま通り過ぎた。

あの男の子はたぶん父親や家族の暴力の中で育ってきたのだろう。
悲しいけれど、あの子を僕は救うことは出来ないと思って通りすぎた。

暴力は大嫌いだ。
だから暴力シーンのある映画はぜったいに見ない。だから北野武は嫌いだ。
クエンティンタランティーノもある意味嫌いだ。

暴力のない世界に住みたい。


こうして事故がおこる [事件・事故・事柄]

  
平成25年5月13日(月)月歴4月4日 2012年Blog
  
僕はアロナビーチ・プロジェクト(Blog)から降りた。

理由はいろいろあるのだが、その釈明にコナちゃんに
会いに狛江まで行った。

DSCN5079.JPG

そらは綺麗で気持ちがいい!(キリスト教会)

DSCN5080.JPG

コナちゃんちの周囲はハウス栽培や畑が多いのだ。

DSCN5081.JPG

コナちゃんの車は白からえんじ色に変わっていた。
しばらくお休みします(Blog)

DSCN5082.JPG

これが限界だ~(笑)

DSCN5084.JPG

挨拶もそこそこにまずは乾杯!

DSCN5090.JPG

この写真でもぎりぎりだ~(笑)

DSCN5097.JPG

そうこうするうちにElmoがきた!
いよいよ酒が回ってくる~

DSCN5106.JPG

あまちゃんのアキちゃんとElmo!
じぇじぇじぇ!

DSCN5110.JPG

全員酔っぱらって、夏みかんを取ると言うのだ。

IMG_0920.JPGIMG_0921.JPG

はたして!! この後に事故が起こったのだが
昨日の続きはまた明日!
という事で明日書きます。

なお、アロナビーチ・プロジェクトから降りた釈明は
酔っぱらってしまい、ほとんど出来なかった。(笑)


リビングウィルと刺青 [事件・事故・事柄]

  
平成25年4月25日(木)月歴3月16日 2012年Blog
  
風邪は快方に向かっている。と思う。
睡眠は9時間。この二日間は酒を飲まなかった。

薬は三日分出てるから、その間禁酒するつもり。

さて、昨日は宿舎で管理会社の宿舎長が59才で
亡くなったと聞いた。年末年始の引越し大騒動の
あとに赴任してきた新しい所長が亡くなったのだ。

僕の風邪もあり、今日はこのテーマで書いてみる。

DSCN4786.JPG

医者に殺されない47の心得 近藤 誠 著(Amazon)

いまやベストセラーになったこの本をいつものように
母にプレゼントしたら、面白がり、喜んで付箋をして
この本を近所の人にも勧めていた。

目次を読めばほぼ内容が分かるので書いてみるが
Amazonの★三つの意見も参考にして欲しい。

大事な事は、いろいろな意見を参考にすべきだと思う。

■第1章 どんなときに病院に行くべきか
心得1 「とりあえず病院へ」。あなたは医者の“おいしい"お客様

■第2章 患者よ、病気と闘うな
心得12 一度に3種類以上の薬を出す医者を信用するな

■第3章 検診・治療の真っ赤なウソ
心得20 がん検診は、やればやるほど死者を増やす

■第4章 100歳まで元気に生きる「食」の心得
心得31 コラーゲンでお肌はぷるぷるしない。グルコサミンはひざに直接届かない

■第5章 100歳まで元気に生きる「暮らし」の心得
心得40 インフルエンザ・ワクチンを打ってはいけない

■第6章 死が恐くなくなる老い方
心得42 ポックリ逝く技術を身につける
心得47 リビングウィルを書いてみよう

(赤字は僕が勝手に入れました(笑))
写真の右にあるのが、このリビングウィルをまねして
母が書いたものなのだ。
リビング・ウィル(wikipedia)

リビング・ウィルとは「延命治療の打ち切りを希望する」
などの意思表示のこと。またそれを記した「遺言書」など
ほか葬儀の方法や、臓器提供の可否などが書かれる。

しかし近藤氏のリビングウィルを見ると遺言書みたいに
長い文章が続いて、どうも僕の趣味ではないし、実際の
万が一に対応出来るのかが疑問なのだ。

そこで似たようなものを思い出した。
4月1日の「こちら報道部」は見開き全てウソの記事です。

DSCN4582.JPG

この左上の記事「私、彫刻師になりました」宮子あずさ
内容は(以下転載)
四月から私は、看護師として働きつつ、彫師も兼業する。
終末医療への希望を伝える、特殊な入れ墨を彫る。

かねて無理な延命処置はせず、自然に死にたいと考える人は少なくない。
しかし、医療現場で働いていると、これを実現するのが意外に難しいのがわかる。
医療技術が進歩すると、みすみす人を死なせるわけにはいかない。
周囲がそう思うのも道理であろう。

たとえば、路上に人が倒れていたら、救急車が呼ばれる。
そこで息も絶え絶えならば、間違いなく救命のための処置が始まる。
これは急変の原因がわからない以上、やむをえない流れである。

事前に一筆書いておいたところで、多くの場合無力。
服のポケットに入れておいたところで脱がされたら終わりである。
殺気立つ救命の現場に、多くの気配りを期待するのは無理というものだ。

大事なメッセージは体に彫っておくに限る。
胸にはっきりと「蘇生無用」。
これなら服を脱がされても大丈夫。
さらに葬式もいらないならば、「葬式無用」。
胃ろうが嫌なら腹に「胃ろう無用」。

ただし書き込みが過ぎると、
『耳なし芳一』のお経のようになるのでほどほどに。
ご希望の方は、特報部着付で、宮子までご連絡ください。

あっはは、これはいい!
リビングウィルを書くよりももっと有効だ。

しかし、こんな文字数を掘るだけで痛くて気絶する。
さー、どうしたものだろうか?

ここまでブログを書く体力、気力が戻ってきました。(笑)


人生は長くつらい マーガレット・サッチャー [事件・事故・事柄]

  
平成25年4月10日(水)月歴3月1日 2012年Blog
  
マーガレット・サッチャー英元首相.jpg

4月8日マーガレット・サッチャー元首相が死去された。
もちろん、僕はサッチャー元首相のことをよく知らない。

マーガレット・サッチャー.jpg
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(原題:The Iron Lady)

そここで昨日、WOWOWで録画しておいた映画を見た。

アカデミー賞主演女優賞を受賞したメリル・ストリープが
受賞に違わない演技を見せてくれました。

しかし僕にはどうしても悲しい映画にしか思えず、評価の
低い、あまり良い印象の映画には思えなかったのです。

それでも書いておきたいのは、サッチャー元首相の孤独。
孤独の中でも己を貫く強さ、それに相反する弱さ。

僕にはその弱さが際だって思えて、「鉄の女」と呼ばれた
サッチャー元首相でさえ、どんなに苦しかったのだろうと
そのことだけを感じたのです。

サッチャー元首相の政治的な功罪、歴史的な意味などは
僕が語る事でなく、ただただお疲れさまと言いたいのです。

ご冥福をお祈りいたします。


私やっぱり死ぬのが怖いです… [事件・事故・事柄]

  
平成25年2月23日(土)月歴1月14日 2012年Blog
  
今日これから書くことは重い話です。

539618_409390349150313_1943058671_n[1].jpg
(影ちゃん撮影:僕ときーさん)

先日のスキーでの事、ランチに入った山小屋での出来事。
このようにバカしてる最中に影ちゃんの携帯が鳴りました。

外で話しに出た影ちゃんがなかなか戻りません。やっと
戻ってきた彼は「パートさんが脳梗塞で倒れたらしい」と。

その後も何度も携帯して、やっと分かった事は工場で働く
60才のパートさんの家族が、朝起きてトイレで倒れている
彼女を発見して救急で入院したのです。脳梗塞です。

影ちゃんが何度も電話して、いま安定してるので急に戻る
必要はないという事で、この話はこのままになりました。

ところで話は当社のことになり、今週の水曜日の事です。
僕の携帯が鳴りました。当社のパートさんです。

「今日先ほど日赤に行ってきたのですが、胃にガンがあり
入院して検査が必要なので、会社を辞めさせてください。」

急にそんな事を言ってきたのです。2月20日の事です。
この日、日赤から電話で「ガンだ」と言われたそうなのです。

もちろん退社の件をお話して、彼女との電話を切りました。

その後、彼女を紹介してくれた当社に勤めるパートさんと
話をしました。彼女は自分の事のように憔悴しきっています。

そして、その友人から昨日電話があったのです。

去年の末ごろから下腹部が張るようになって、今年の始め
どうも食べれなくなって病院行ったら、今月の初め再検査。

そして今週診断入院して、その結果胃ガンが他に転移して
手術出来ないと言われたそうなのです。末期ガンです。

彼女はまだ44才。子供さんは成人した男の子がいます。
僕はすぐ影ちゃんのパートさんを思い出しメールしました。

今お見舞いに行ってきた所なんですよ。
はっきり言って絶望的です。
髪の毛は剃られ目はほとんど開けられず、自発呼吸も
出来てないみたいです。
全く面影がありません。
やっぱり健康が1番です。
血圧の薬を辞めちゃったみたいなんですよね。
ちゃんと言う事聞いてればこんなにならなかったのに、
と思うと悔やまれて仕方ありません。
人生は一度きり。健康第一で悔いのないように生きましょう!

なんと言うことでしょう。スキー場では容態は安定してる。
そう聞いていたので、この返事に驚き言葉がありません。

IMG_0658.PNG

僕は「ブラックジャックによろしく」(Blog)を読み終わり
末期ガン患者の話、その医療現場を知ったばかりでした。

ブラックジャックによろしく(iTunes)
ブラックジャックによろしく(Android)
ブラックジャックによろしく(on Web)

僕のパートさんで言えば、これから一年、半年かも知れません。
壮絶な死への戦いが始まります。
今朝はきれいな朝日でした。しかし彼女に夜明けはないのです。

先に電話がきた友人にセカンド・オピニオン、未承認薬治療など
生きる力で10年だって生きられると「ブラックジャック」よろしく
彼女を勇気づけて電話を切りました。しかし…

「私 やっぱり死ぬのが怖いです…」
彼女のことを思うと暗澹たる思いです。

そして、死の問題はその人の年齢によってとらえ方が違います。

僕はもういい。十分に生きたと思っています。
雪道で転んで頭を打って。もし死んでも、
人に迷惑がかかると思いますが、仕方ない。

人に迷惑をかけない人生なんてないのです。
そう開きなおらないと生きていけないのです。

このBlogを僕はどう結論書いていいか分かりません。
僕はこれから彼女を最期まで見舞いたいと思います。


一期一会 [事件・事故・事柄]

  
平成25年2月16日(土)月歴1月7日 2012年Blog
  
僕は早起きなので、宿で目を覚ますとよく散歩をするのです。

DSCN4425.JPG

特にこの朝は窓から見えるこの小さな橋が気になりました。
そこで、宿の玄関にあった雪用の大きな長靴を借りました。

DSCN4445.JPG

表に出ると雪が夜からずっと降り続けてるようで積もってました。
僕はダウンジャンパーのフードを頭からかぶり、写真撮影です。

表通りに出ると除雪車が雪をはらい、歩きやすかったのです。

DSCN4447.JPG

そして、かがんでこの写真を撮りました。立ち上がり、数歩…

次の瞬間、何があったのか体は宙を舞い頭にガツンと衝撃が。
気がつくと道路に寝そべっていました。

凍った道路にうっすらと雪がつもり、そこで足を滑らしたのです。

「しまった!」

去年7月に頭を打ってから、いや、以前からかも知れませんが
記憶障害というか、どうも変だったので頭を怪我する事だけは
避けようと思っていたからです。
ご心配おかけしました(Blog)

しかし立ち上がると後頭部は少々痛いものの、他は異常ない。

それから宿に戻り、頭を打ったことも話をして、家に戻ってから
アッコさんにも話をして、今日に至っています。

病院に行くことも考えましたが、たまたま以前行ったことある
くどうちあき脳神経外科が予約制に代わり、予約出来るのは
3/15と言われ、やめました。

それと、病院に行って何か言われるのも困ると思ったのです。
これからは店のオープンが控えていて、休むわけに行かない。

病院には行きます。ただいま行くのはやめました。

そしてスキーから帰ってきてから余計に生きること、死ぬこと、
この事に想いを巡らします。
余計にいまこの時間を生きよう!とそんな気持ちなのです。

この春先、できるだけ多くの人に会いたいと思っています。
飲み会にお誘いするので、ぜひつきあってくださいね!(笑)


完全復活 [事件・事故・事柄]

  
平成24年8月9日(木)月歴6月22日 2011年Blog
  
レスリング女子やりました!というかニッポン女子強い!男子弱い!(笑)

48キロ級の小原選手のはれぼったい目でうれし泣きされるとついつい
僕ももらい泣きしてしまいます。どれだけ努力してきたんだろう…

そして女子63キロ級伊調選手の3大会連続金メダルはもっとすごい!
国民栄誉賞、いや永久不滅ポイント、いや永久不滅年金を上げたい!

あとは明日早朝のなでしこジャパンです。明日も起きて生で見るぞ~!

IMG_2758.JPG

さて一昨日の夕方に太陽寺メンバーと久しぶりに会ってきました。
僕の快気祝いと暑気払いと称し日本橋高島屋ビアガーデンに集合です。

Eishiroくんが、
「めでたく、イデアさんの快気祝いと暑気払いとしていかがでしょうか?
 8月7日(火)18:00~銀座金春通りで能が行われます。
 http://homepage2.nifty.com/komparu/maturi1.html
能を見て軽く銀ブラ居酒屋へ なんて感じでどうでしょうか?」と提案です。

銀座で能が見られるなんておしゃれです。そして夏なのでビアガーデンが
いいだろうと僕も調べ日本橋高島屋「スターライトビアガーデン」にしました。
kozoさんとえりさんは仕事で遅くなるので僕とEishiroくんと金春通りへ。

IMG_2774.JPG

能舞台はもちろんなく金春(こんぱる)通り(GoogleMap)を舞台にみたて
演じるので、正面から見る事も出来ず、また遠くに見えるだけでした。

IMG_2784.JPG

この能は、江戸時代にあった金春流が豊臣家との親密さから流派は
停滞し、明治維新後に上京しこの新橋で流派を守り金春稲荷神社に
奉納するため演じられ、だから能が祭礼のため演じられているのです。
銀座新聞ニュース

IMG_2786.JPG

それにしても銀座は粋です!こういう伝統文化を語り継ぎたいものです。

IMG_2787.JPG

そして銀座のこの時間は高級クラブへお勤めのお姉さん方に出会います。
日本を代表するお姉さん方に見ほれてしまうのです~(笑)

IMG_2812.JPG

やっと高島屋スターライトビアガーデンに着きました。でも30分待ち。
先に来ていたえりこさんに席を確保して頂き、やっと全員集合です!

IMG_2824.jpg

事故後久しぶりにビールをいっぱい飲みました。自分でも大酒は怖く
心配していましたが大丈夫でした。これで本当に完全復活です!(笑)


いつも心に太陽を! [事件・事故・事柄]

  
平成24年8月4日(土)月歴6月17日 2011年Blog
  
12080404.jpg

大儀見がやっとやってくれました。実は僕は大儀見がどうも苦手。

あのファイトないプレースタイルがどうも苦手。それに加えて予選
第一試合、スウェーデン戦での蹴りこむだけのシュートを相手に
蹴り出されてノーゴール。その後も外してました。

しかし今回は沢の好アシストのせいもありましたが、素晴らしい
シュート!そして2点目の大野へのロングパスも素晴らしい!

次はフランス戦!大儀見よ、僕の見た目をくつがえしてくれ!(笑)

そして、他のオリンピックの競技はダイジェストだけを見てます。
柔道男子が勝てないのは、根本的な問題があると思うのです。

外国勢の前をちゃんと取らない戦法?それにもまして日本選手の
一本勝ちにこだわる戦法。これでは負けも仕方ないと思うのです。

あとは国民性の問題かな。金メダルが少なく、銀、銅が多いのも
国民性なんだと思う。戦後教育もある。でも、これでいいとも思う。

外国選手のこれでもかという勝負心よりも、負けてもいいから
汚く勝つより綺麗に勝ちたいという日本人。それも分かる気がする。

DSCN3018.JPG

話はかわって、昨日知り合いのご主人が亡くなった事を知りました。

50代です。それも奥さんと3人暮らしなのに10代後半のお子さんは
障害者で、その子は一人では今後も生活できない方でした。

ご主人は本当に優しい人で、お子様が施設に行くのをよく見送って
いたのを見たことがありました。その事を思うとたまらないです。

ちょうど僕の怪我が治りかけた時に亡くなりました。それも脳梗塞。
僕の頭は偶然に救われて、あの方は亡くなった。そう思いました。

DSCN3006.JPG

これは最近買った「赤い靴」。ABCマートでセールしてて¥3990!
気持ちはどんな時も明るく!これを素足にはきます!太陽の下で!


前の10件 | - 事件・事故・事柄 ブログトップ