So-net無料ブログ作成
観劇・芸術 ブログトップ
前の10件 | -

金子國義 = 地元の人にもっと知ってもらいたい!= [観劇・芸術]

 
No.4221(So-net 1933+ Diary 2288) 2016年Blog WebDiary Since 2002

ワインカフェ 大森本店 = ここは屋根裏!僕の隠れ家!の続きのような話です。



店長とお話するうち

「お客様はどちらからお越しになられたのですか?」と

地元の話になりました。

IMG_8841.jpg

僕はそのなかで「大井7丁目の樹海」の話をしました。

大井7丁目は大森駅の北側、大田区山王1丁目に隣接した地区で
品川区の南端になります。

IMG_8840.jpg

品川区大井7丁目は道が入りくんでいて、一度や二度通っただけでは
まったく方向を失ってしまい迷うのです。

僕もまだ完全に理解していません。

地元の人はここを「大井7丁目の樹海」と呼ぶのです。(めちゃ極一部(笑))

そんな話から店長と「大森の有名人」の話になったのです。

やっぱり一番に出てくるのは「片桐はいり」

地元も地元、山王小学校卒業でいまでも大森在住で
僕もたまに見かけます。
(あのお顔なので遠くからも認識する(笑))

片桐はいり - Wikipedia

そこで僕は

片桐はいりより金子國義の方が有名でしょと言うと
店長は知らないというのです。

そこでiPadで検索して画像をお見せすると少し分かったようですが…
でも、不確かです。

KuniyosiKaneko.jpg 金子國義 Style of Painting

そして、なんと!

昨日は金子さんの命日だったのです!


金子 國義(かねこ くによし、1936年7月23日 - 2015年3月16日)は、日本の画家。

埼玉県蕨市出身。織物業を営む裕福な家庭の四人兄弟の末っ子として生まれた。蕨第一国民学校(現・蕨市立北小学校)入学。図画工作に優れた子供だった[2]。バレエ公演を観て憧れ、バレエを習う。ミッションスクールの聖学院高等学校を経て、1959年、日本大学藝術学部入学。歌舞伎舞台美術家の長坂元弘に師事し、舞台美術を経験する。大学卒業後、グラフィックデザイン会社に入社するも3か月で退社し、フリーとなる。1966年、『O嬢の物語』の翻訳を行っていた澁澤龍彦の依頼で同作の挿絵を手がける。翌1967年、澁澤の紹介により銀座の青木画廊で個展「花咲く乙女たち」を開き画壇デビューする。世紀末的・デカダンスな雰囲気を漂わせる妖艶な女性の絵を得意とする。活動・表現領域は幅広いが、一般には「富士見ロマン文庫」(富士見書房)、『ユリイカ』をはじめとする多くの書籍・雑誌の装幀画・挿絵を手がけたことで知られた。

コシノジュンコとは、古くからの親交があった。

L'Arc〜en〜Cielのhydeからのラヴ・コールで、彼の好きなコウモリをモチーフにした浴衣をデザインしたり、ソロ・アルバム「FAITH」のジャケットを手掛ける他、プライベートでも呑みに行くなどの交流もあった。

2015年3月16日午後、虚血性心不全のため東京都品川区の自宅で死去。78歳没。
金子國義 - Wikipedia

なんという奇遇でしょ。

ワインカフェで話題にした翌日が命日だったなんて。

kaneko01.jpg

kaneko02.jpg


金子國義さんは大森在住の著名な画家でいらっしゃいます。
彼は20年ほど前に、僕の大学時代の友人を介して紹介され、ご自宅におよばれしたことがあります。ご自宅は最近HNKでも特集されましたが、光を巧みにつかったそれは素敵なお宅でした。それまで彼の作品をCM等で見たことがあっても詳しくは存じ上げなかったのですが、それ以来ファンになりました。ここに紹介したものは、1番目は「ポールとヴィルジニー」(油絵 727x606 1982 美術出版社「青空」より)と、2・3番目は版画集「CUISINE」で、これはわが家にある装幀も素晴らしいB4版 8枚組みの版画集で、その中の2点をお見せしました。
IDEA's gallery


kaneko3.jpg

こんな素晴らしい画家さんが大森にいらしたのに
いまでもアトリエは品川区大井7丁目にあるのに

大森に住んでる方で金子國義の事を知らない人が多いことが悲しいです。
回顧展をぜひ大森でやってもらいたいです。

多くの人に金子さんの素晴らしい絵を見て欲しいです。







nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京都庭園美術館に行こう!=クリスチャン・ボルタンスキー= [観劇・芸術]

 
No.4088(So-net 1800+ Diary 2288) 2015年Blog Web Diary


Idea いであ 2016/10/23 13:36

僕は目黒にいました[exclamation]


と言うことで、23日は東京都庭園美術館に行ってました。



ここは週に1回営業で通る道です。



庭園美術館がずっと工事してて、去年くらいから工事も終わってて
いつか行こう、行こうと思ってたのです。

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA





何年ぶりだろ?



旧朝香宮邸です。


宮邸は朝香宮一家が退去した後、吉田茂によって外務大臣公邸(ただし外相は総理の吉田が兼務していたので実質的には総理大臣仮公邸)として1947年から1950年にかけて使用された。1950年には西武鉄道に払い下げられ、1955年4月に白金プリンス迎賓館として開業し、国賓公賓来日の際の迎賓館として1974年まで使用された。1974年5月からプリンスホテルの本社として使用された後、1981年12月に東京都に売却され、1983年(昭和58年)に都立美術館の一つとして一般公開される。
東京都庭園美術館 - Wikipedia


Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA





Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA





新館ギャラリーに来ました。

クリスチャン・ボルタンスキー
アニミタス-さざめく亡霊たち
2016年9月22日(木・祝)–12月25日(日)

というのをやってました。

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



フランスの現代美術家クリスチャン・ボルタンスキー(1944年-)は、映像作品やパフォーマンス性の高い作品を制作していた初期から現在まで一貫して、歴史の中で濾過される記憶の蘇生、匿名の個人/集団の生(存在)と死(消滅)を表現してきました。
クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス-さざめく亡霊たち


Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

薄暗い大きな部屋に、大きな薄い布に目が印刷され
布が迷路のようになっていました。

この新館ギャラリーばかりでなく、本館の朝香宮邸でも
「心臓音」や「外交官たちの声」が聴こえ「影絵」があるのです。

これもボルタンスキーの作品だったのです。

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


そしてこれがボルタンスキーの作品で一番印象的でした。

床には一面の干し草が引き詰められ、その臭いがするのです。
幻想的な空間を独り占めしたかったけど、先客がいました。(笑)



さて、新館ギャラリーを出て本館を庭園から眺めています。



ここは本館前の芝生広場なのですが、日本庭園、西洋庭園は
まだ工事中で見ることが出来ないのです。

東京都庭園美術館|庭園について

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

続いてお隣の目黒自然教育園に行ってみます。

それは明日のこころだ~(笑)








nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

何十年の時間をへてやっと会えたカラヴァッジョ。 [観劇・芸術]

 
No.3857(So-net 1569+ Diary 2288) 2015年Blog 2014年Blog

カラヴァッジョ展:IDEA's Gallery の続きです。



この時、11時前だった。



上野公園を抜けてぶらぶらと駅に向かっていた。



実は前日に友人からこのようなお誘いをいただいていた。

お久しぶりです!
突然の駄目モトでお誘いしますが、明日アメ横で立ち飲みハシゴ酒はいかがですか?
9:30くらい飲み始めて、12:30くらいには帰ろうかと考えております。
いかがでしょうか?(笑)

時間がぴったりではないか?!
しかし、なかなか嬉しいお誘いだったのだが、断ってしまった。

カラヴァッジョを見たあとは、一人ぶらぶらしたかったのだ。
本当にもうしわけない!!



そして、いつもの湯島天神まできた。



写真はうまくできていて、梅は見ごろのように見えるが…



ご覧のようにもう終わっていた。



観梅でごった返した境内より、静かに残った梅を見る方がいいのだ。
負け惜しみじゃない。本当にそう思う。



合格のお礼参りで参拝してる方も多くいらしていた。



友達の誘いを断って後ろめたいが、今日は一人酒がいい



うまい!



何十年の時間をへてやっと会えたカラヴァッジョ!
その余韻にひたった。






nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カラヴァッジョ展 [観劇・芸術]

 
No.3856(So-net 1568+ Diary 2288) 2015年Blog 2014年Blog

僕がカラヴァッジョに出会ったのはもう20年くらい前だ。



[ 940] カラヴァッジオ 「トマスの不信」 2005年5月31日

この日記はそのずいぶん後に映画のDVDを手に入れて
その事を書いたものだ。

映画「カラヴァッジョ/天才画家の光と影」 オフィシャルサイト

その事をほとんど忘れていた。
それが急に目の前に現れたのだ。



カラヴァッジョ展 CARAVAGGIO 2016年3月1日- 6月12日 国立西洋美術館

会期をご覧になってお分かりのように、会期始めての日曜日

そもそも食物屋にしても美術館にしても人が並んでいたら普通は行かない。
入らない。
しかし、それを押してでも並んでも見たい!!



ということで、昨日の日曜日
開場は9時30分なのに、9時前に上野に着いた。



期待に胸が高鳴る。



やはり行列が出来ている。
しかし、思ったより少ない。



写真はここまで。
思ったより人混みは少なく、じっくり見れました。

カラヴァッジョは生涯に残した作品は少なく60点ほど。
その中世界中から集められた11点が展示されています。

また、カラヴァッジョの画法を模倣し継承した画家たち
カラヴァジェスキと呼ばれる画家の作品も多く展示され
カラヴァッジョとの対比で展示されて勉強になりました。



一番の作品はこの日本初公開の「バッカス」



「トカゲに噛まれる少年」



「法悦のマグダラのマリア」

この作品はカラヴァッジョが殺人を犯し、逃亡中に描いたとされる作品で
長く行方不明とされていたものが発見され、世界初公開になったのです。

カラヴァッジョ《法悦のマグダラのマリア》
1606年 油彩・カンヴァス、個人蔵

2014年、長いこと行方不明とされていたカラヴァッジョの作品が発見されました。《法悦のマグダラのマリア》。この作品は、カラヴァッジョが殺人を犯してローマを逃亡し、近郊の町で身を隠していた1606年の夏に描かれたもので、その4年後の1610年、彼がイタリアのポルト・エルコレで不慮の死を遂げた時、彼の荷物に含まれていた「1枚のマグダラのマリアの絵」がこれであると考えられています。科学調査を受け、カラヴァッジョ研究の世界的権威であるミーナ・グレゴーリ氏が本作を"カラヴァッジョ真筆"と認定。世界で初めて、本作品が公開されることとなりました。
カラヴァッジョ展 国立西洋美術館 より

これら珠玉の作品が見られるのです。
このマグダラのマリアについては、カラヴァジェスキ2作品が並んで展示され
その対比で見るのもまた素晴らしいのです。



「果物籠を持つ少年」
これも素晴らしい!



「エッケ・ホモ」

エッケ・ホモとは「この人を見よ」というラテン語でイエスの受難をあらわしてますが
僕にはいままで見てきた多くの宗教画と違い、イエスの若い肉体に驚いたのです。

そして展示にはカラヴァッジョが殺人を犯すような狂気の人であった事を示すべく
裁判の調書などが何点も展示され、彼の人なりを知ることが出来て良かったのです。



「エマオの晩餐」
これも記憶に残る作品です。



昔日記にした「トマスの不信」はありませんでしたが
それでもこれほど多くのカラヴァッジョの作品を見ることは生涯にもうないです。

もう一度、いや何度でも見にいきたい!
でも¥1600は高い!(笑)

映画「カラヴァッジョ」をもう一度見てみたいと思います。







nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アートの力「AKIRAの大友克洋ポスター展」 [観劇・芸術]

  

2014年3月20日(木)月歴2月20日 2013年Blog

僕が最近唱えている言葉。それは「人生の豊かさのために」

「人はなんのために生きているのか?」

常にそう自問自答するのですが、最近のその答えがこの
人生の豊かさのために」なのです。

しかし似た言葉に「豊かな人生のために」とは違うんです。

「豊かな人生のために」と言うと何か初めに物質的なものを感じる。
人生は物質的に豊かでなくてもいい。

しかし物質的に豊かでなくても、少なくとも心だけは豊かでいたい。
それが「人生の豊かさのために」という言葉だと思っているのです。

2014032020.jpg
マズローの欲求5段階説|モチベーション向上の法則 より
ご存じマズローの法則です。

人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が充たされると、
より高次の階層の欲求を欲する。

しかしマズローの法則がある意味間違いだと思うのは
低階層の欲求が満たされなくても、人は高い欲求を求めると思う。

それが文学であり、音楽であり、絵画でありアートすべてだと思う。

P1197097.JPG
虹のつながり…サンキャッチャー(Blog)

人は美しいものに感動し、それを出来たら自分のそばにおきたい。
それは下層の欲求が満たされたからではないと思うのです。

人は自分の高みをめざし、常に美しいもの(音、ビジュアル、想像)の
欲求を満たそうとすると思うのです。

2014032040.jpg
BSジャパン ファッション通信

お金がなくても、ぼろを着てても、ファッションを眺めることは大事で
それが人の心を豊かにすることだと思うのです。

IMG_5916.JPG

そんなわけで、とにかく、「ファッション通信」で紹介されていた
AKIRAの大友克洋ポスター展」に行ってきたのです。(笑)

IMG_5918.JPG

Rettyで行く!グリーンパッタイ恵比寿(Blog)を出て駒沢通りを
恵比寿駅から西へ、代官山方向に向かいます。

IMG_5919.JPG

駒沢通りが大きな通りなので、街の印象がイマイチなのですが
恵比寿のこの界隈もファッションと小物とカフェの街です。
日曜朝カフェ ― アニヴェルセル・カフェ ―(Blog)

IMG_5921.JPG

IMG_5922.JPG

IMG_5927.JPG

しゃれた小物を見るのはそれだけで楽しい気分♪

IMG_5933.JPG

バイクショップもいいな~
そろそろポタリングを再開しなきゃ!(笑)

IMG_5935.JPG

ヒルズ代官山のアウトレットショップ。入った事はない。(笑)
この鎗ヶ崎(やりがさき)交差点を右に曲がると代官山だ。

IMG_5937.JPGIMG_5938.JPG

東横線の代官山駅。なぜか人がいっぱいだった。

IMG_5939.JPG

代官山駅から戻って駒沢通りの反対側に出てきた。

IMG_5940.JPG

あはは、実は道に迷っていたのだ。
という事でトーチャコー!

代官山ギャラリースペース「AL」
だって、代官山なんだもの。(笑)

IMG_5941.JPG

狭いスペースに有名なポスターがずらりと展示されている。

IMG_5942.JPG

ギャラリーの注意書きに「カメラ撮影禁止、スマホでの撮影可能」
意味がよく分からないが、一眼レフをやめてスマホで撮影した。

IMG_5943.jpg

きゃー!バイクがカッコイイ!(笑)

実は!大友克洋はもちろん知っていたが、
AKIRAはコミックも映画もなにも見てはいなかった。

IMG_5946.JPG

しかし伝わってくる!
これが「アートの力」

IMG_5947.JPG

その当時の最先端の息吹がいまでも蘇ってくる!

IMG_5949.JPG

どれもいい!

IMG_5950.JPG

これは大友克洋さん、グラフィックデザイナー上杉季明さん
そしてコラージュアーティスト河村康輔さんとの作品だ!

GENGA展(2012年)用の最初のコラージュ「FIRE BALL」

IMG_5952.JPG

スチームボーイ(2004年、大友克洋が監督したSFアニメ映画)
この映画も見てない。
何も見てないけれど、そんなことは問題じゃない。

IMG_5955.JPG

僕は大友克洋ポスター作品集を買ってきた。
POSTERS -OTOMO KATSUHIRO × GRAPHIC DESIGN

これを見ているだけで「アートは力だ!」
なにか、心の力がみなぎってくるのです。

第21回上野毛デザイン展 その2 [観劇・芸術]

  
平成25年2月19日(火)月歴1月10日 2012年Blog

多摩美術大学|卒業制作展・大学院修了制作展

第21回上野毛デザイン展を昨日に続きお見せいたします。
なお写真に下に付したのは作品名と作者です。

実は昨日のアクセサリースタンドは図録には載ってなく
作者名が分かりませんでした。(TUBE LITEも未掲載)
図録作成までに作品が間に合わなかったのかな~?

IMG_3456.JPG

IMG_3458.JPG
desk top diaries 森山隆史

机の上を大地に見たてているそうです。
家の模型のようなのはペーパーウェイトです。

IMG_3459.JPG

IMG_3460.JPG
Polly コンパクトに収納出来るスーツケースの提案 柘植秀幸

これは卒制というより、すでに商品化を目指している感じです。
実は上野毛は夜間の学校で、大学と専門学校の中間のような、
そんな印象を持ちました。

僕らのころも、たぶん今も美大では実践的な勉強よりも概念的
言えばアカデミックな勉強が主で、社会人になって仕事をすると
専門学校出の先輩に「何にも知らない」と怒られたものでした。

とにかく、この作品が世の中に出るかどうか分かりませんが、
この型のスーツケースがいずれ出てくると思いました。

IMG_3461.JPG
郵便のデザイン 岩本真帆

IMG_3462.JPG
「のぼるくん」出会い系プロダクト 吉岡もも

公園やイベントなどで活用するバルーンのようなものです。
この作品は美大生ならではです。こういう遊び心が大事です。

IMG_3464.JPG
「ままごと茶点」 藤井沙和

野外でコーヒー野点(のだて)をする道具です。
この作品も結果はどうでも、商品化を目指した力作です。

IMG_3466.JPG
干物のパッケージ ~黒潮より心をこめて~ 秋本雅夫

祖母が経営する海産問屋のパッケージデザインだそうです。
僕は今回のプロダクト作品の中で一番気に入った作品です。

IMG_3469.JPG
イオマンテ構造本 篠崎健吾

IMG_3471.JPG
虫のお墓 岩本浩太郎

IMG_3473.JPG
地下鉄プラットホームのデザイン 野島彩

IMG_3475.JPG
Lbro 堀部修司

これもよく出来た作品でブックラックなのですが、座ることも
本を上に置いて飾ることも出来る作品でした。

IMG_3478.JPG
スタークランカー 人間と機械の関わり 公平匡郎

バネで動くオブジェでしょうか、これも美大生らしい作品です。

IMG_3481.JPG
PECCOTTO 組み立てて遊ぼう紙のおもちゃ 柳瀬めぐみ

IMG_3482.JPG
Life save bag 嶋村典之

IMG_3484.JPG
CRADLE 木暮孝行

僕は平面デザインよりもどうしても立体デザインが好きで
目がいってしまいます。
明日も続きをお見せしたいと思います。(笑)


第21回多摩美上野毛デザイン展 [観劇・芸術]

  
平成25年2月18日(月)月歴1月9日 2012年Blog
  
ユーミンといえば多摩美と昨日ブログ書いて思ってたら
ちょうど多摩美から卒業制作の案内が来ていたのです。

多摩美術大学|卒業制作展・大学院修了制作展

八王子校舎は遠いけれど、上野毛ならすぐに行けます。

僕らは八王子校舎の一期生で、なおかつ僕はあの頃
校舎内の学生寮に暮らしていてたのですが、上野毛に
週何回もシャトルバスで通って東京に出ていたのです。

IMG_3402.JPG

上野毛は環八にありよく通るのですが、駅に降りたのは
何十年ぶりでしょう。駅舎も全く新しくなっていました。

IMG_3406.JPG

この校舎も車で通るだけで、あまり考える事もありせん。
しかし、こうして歩いて近づくと記憶が蘇ってきます。

IMG_3407.JPG

校舎に入りました。小さい校舎です。小さな玄関です。

IMG_3409.JPG

玄関の緑の線もアートしてます。そして玄関脇の物体。
なにやら音楽が鳴っています。これも作品のようです。

DSCN4469.JPG

そして、受付でこのような立派な冊子を頂きました。
僕らの卒業制作のころには考えられなかった事です。

IMG_3411.JPG

さて、校舎に入ると多摩美です!
先にも書きましたが、ここでの授業は受けてないのですが
先輩とアフガンに行ったので、よく校舎に入ってたのです。

IMG_3414.JPG

さっそく教室に入ると作品が展示されています。

IMG_3418.JPGIMG_3419.JPG

僕の専攻は立体デザイン専攻インテリアデザイン学科という
いまはない学科なのですが、グラフィックは共通してます。

IMG_3423.JPG

こんな作品見るだけでも嬉しくなります。

IMG_3425.JPG

ビジュアル、デジタルコースの教室でしょうか。すごいMac!

IMG_3430.JPG

プロダクトコースの教室です。僕の仲間に出会った感じです。
すごい!僕らの卒業制作はこんなに手をかけなかったです。

IMG_3433.JPG
TUBU LITE 知念舞

この歯みがきチューブのようなもの。光ります。欲しい!(笑)

IMG_3435.JPG

アクセサリースタンドだそうです。これもいい!
まゆ玉が光っています。

IMG_3436.JPG

もっと紹介したいので、明日のこころだ~(笑)


Elmoの水戸黄門は今日放送です! [観劇・芸術]

 
平成23年11月1日(火) 月歴10月6日 2010年日記
 
11090701.jpg

Elmo出演の水戸黄門は今日放送です!

どうも悪人役のようです。
お見逃しないようお願いします!(笑)

Elmoの水戸黄門は10/31らしい [観劇・芸術]

   
2011年10月11日(火)月歴9月15日 2010年日記
  
11090701.jpg
書くの忘れてました。(苦笑)
Elmo出演の水戸黄門Blog)は10/31に放送らしいです。

Elmoが出るのは、第15話です!
連絡遅くなって申しわけありませんでした!

Elmo 水戸黄門 撮影終了! [観劇・芸術]

  
平成23年9月7日(水)月歴8月10日 2010年日記
  
11090701.jpg

Elmoからメールがきました!そのまんまアップします!

イデさん!水戸黄門 撮影終わりました。

役者のみなさん、スタッフのみなさんとても親切で、初めての太秦でしたが、
いい緊張感の中撮影できました。

皆さん本当に素敵な俳優さんです。出会えたこと感謝してます!

放送日わかりましたら連絡します。是非!!観てください!!!


前の10件 | - 観劇・芸術 ブログトップ