So-net無料ブログ作成
旅行・探訪 ブログトップ
前の10件 | -

利島 何もない島 = 利島には利島小中学校があった!= [旅行・探訪]

 
No.4426(So-net 2138+ Diary 2288) 2016年Blog WebDiary Since 2002



利島 何もない島 心優しい島 = 宿・星・月 =

港でドローンを飛ばしてる時に珍しい事がありました。



トンビがPhantom 4 を追いかけてきたのです。



いままでも鳥が寄ってきたことはあります。



でもこんなに襲うように近づいてきたのは始めて。

何事もなかったのですが。(笑)



この動画にもそのトンビが写ってます。



さて宿の朝食をすませ、3回目のドローンに出かけます。



かねに荘の坂をあがるとこの景色!

利島に来て良かった~(笑)



かねに荘の坂を登り切ると利島小中学校に突き当たります。



利島小中学校です!(笑)



海が見える学校!



全面が芝生の校庭!



鉄棒に砂場。



ブランコの思い出を抱いて東京の高校に進むんだろうな。



東京にもまだ百葉箱ってあるのかな?



中学校の校章はつばきだよね。

小学校はなんだろ?



利島には何もないけれど

利島には素晴らしい利島小中学校があるのです。



いよいよドローンを飛ばします!



Phantom 4 スタンバイ!



テイクオフ!



でも

やっぱり腰が引けてて、高く、遠くに飛ばせない。







やっとこの高さ



これが限界です。



でも

この写真が気に入ってます。



利島には利島小中学校があった!



また来るね!

金時山のトラウマから逃れられたら

もう一度写しにきたいです。



空撮も納得してないけれど…

必ずや金時山のトラウマを克服します!(笑)



10:00

かねに荘に戻り

奥さんにさよならを行って港に向かいます。

また来ます!(笑)



帰りに、かねに荘近くのマルミ食品に寄りました。

喜多屋と同じような品揃えです。



おばあちゃん1人でやってます。

親切です。

利島の人はみなさん親切です。



道を下っていくと、椿の実を天日干ししてます。



カメラを構えてると奥さんが出てきて

「椿の実だよ」

「これを精油所に運ぶんだ」

「いくらになるか、私たちには分からない」

聞いてもないのに、いろいろ説明してくれました。

利島の人はみなさん親切なのです。(笑)



10:24

旅客ターミナル(?)トウチャコー

船の様子を聞くと、問題なく発着するとのことです。
良かった~

するとこの時間、まだ1時間もあるのに
ここでチケットの半券を取られました。

このあと乗船する時もノーチェックでした。
これが利島なのか?(笑)



気持ちいい~(笑)



海はきれい!



風もおだやか



出港まで何もせずにすごします。



もちろんビールはかかせません!(笑)



今回の旅では本もけっこう読みました。



最高の時間です!

さて、明日は帰りの船の様子を書きます。
なんと言っても、利島11:50発、東京17:40着

6時間の船旅なので、いっぱい写真が撮れるのです。

また東京に明るいうちに着くのは始めてで、
どんな写真が撮れるかそれも楽しみだったのです。

東京への船旅は明日のこころだ~(笑)







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

利島 何もない島 心優しい島 = 宿・星・月 = [旅行・探訪]

 
No.4425(So-net 2137+ Diary 2288) 2016年Blog WebDiary Since 2002



利島 何もない島 = 島の生活 =

10月8日(日) 15:55

かねに荘の車で島を一周して戻ってきました。



ここで利島の民宿の事を書いておきます。

利島には民宿が9つあるみたいです。
人口300人の島にしては多いです。

その中で僕は1軒目が満員で断られ
2軒目のかねに荘の電話受け答えがすごく良くて予約しました。

案の定、奥さんは気さくで優しくて、良い宿でした。

民宿のご紹介 東京都利島村ホームページ



部屋は6つあるのかな?



トイレからもお風呂からも海が見えます!(笑)



この写真は翌日にチェックアウトした海側の部屋です。



これももう1つの海側の部屋。



こうして部屋から海が眺められるなんて最高です。

次に利島に来るならこの部屋に泊まります!(笑)



17:55

さてお風呂にも入って、夕飯前に視察に出ました。

利島の3つ目の目的が星空の撮影だったのです。

ところが!



星空を撮影する場所はないかと外に出たらこの照明!

こんな小さな島なのに、道という道にはLEDの街路灯!

明るいのなんのってないです。
さすが東京都!(笑)

これじゃ星空の撮影が出来ないと思ったのですが
なんとか暗い場所を見つけて宿に戻ります。



夕暮れに見えるのは対岸の大島です。



さあ待望の夕飯の時間です!(笑)

ここが食堂。
質素ですが十分な食堂です。

写真の男の方は午前中から潜られて
今日はイルカが見られて素晴らしい海だった!と連呼してました。(笑)

なお、かねに荘はご主人がダイビンショップをやってます。
次回は、来年暖かくなったら潜りに来るかな?

利島ダイビングサービス



夕飯は豚のソテーにカンパチのあら煮





ビールはアサヒスーパードライ大瓶¥580



どれも美味しいです~(笑)



カンパチは刺身とあら煮で楽しめました。



カンパチうまい!!(笑)



19:15

夕飯が終わっていよいよ星空の撮影です。


CANON EOS 70D TAMRON 16-300mm F3.5-6.3 f/5 3.2秒 48 mm ISO 2500

オートフォーカスを外してピントは無限大にして撮影します。


CANON EOS 70D TAMRON 16-300mm F3.5-6.3 f/5 6秒 50 mm ISO 2500

2枚とも無修正の撮ったまま2736 × 1824 を
ブラザーで525 x 350 でお見せしてます。



そしてこれはInstagram にアップした上と同じ写真です。
Instaで少し修正しました。

一面の星空です。
東京では見れない星空。

利島に来て良かった!(笑)



10月9日(月) 5:45

夜が明けました。

写真は朝の月です。


CANON EOS 70D TAMRON 16-300mm F3.5-6.3 f/11 1/1000 300mm ISO 2500

トリミングしてますが、手持ち撮影です。

手持ちでこれまで撮れれば嬉しいです。

さすがEOS!さすがタムロンレンズ!(笑)



朝の散歩です。

港に向かって降ります。

ドローンも持ってます。



利島にはこうした玉石の石垣が多いです。



八丈島1泊2日バス乗り放題の旅= 大坂トンネルから八重根まで =2016-09-28

八丈島も玉石の石垣でした。

いつか調べてみたいです。



5:50

中村商店は帰りも10時過ぎに通ったけど閉まってました。



集落の道はどこもこの細さです。



いっぱな家です。

村長さんの家かな?(笑)



ドローンの撮影に間に合うか?



利島の人はいつもこうして大島を見て暮らすのですね。



平成4年に出来た前浜親水レクリエーション施設

小中学校の管轄らしいです。



海を見ながらのプールなんて最高だね!

ところで



「利島」旅 その8 たぶん日本で一番小さいボーリング場は利島にある

利島にはボーリング場まであるのだ!



という事で誰もいない港にやってきました。



6:05

間に合ったかな?



誰もいない!



まだ風も弱い!



という事で前回お見せした動画です。(笑)



誰もいないと思ったけれど

港湾関係者はすでに働いてました。(笑)



それもそのはず!



6:19

船が着く時間だったのです。



東京からの便です。

朝日を浴びて気持ちよさそう~



そして港湾関係者の皆さん一生懸命に働いてらっしゃいました。



6:37

船はすぐ出て行きます。

大型船とジョット便と、よく考えると船は日に何本も出入りしてるのです。

そんな中、僕がドローンを飛ばしてても
暖かく見守ってくださいました。

利島の人々は優しい!
そう思いました。



坂路を上って宿に帰ります。



車が行き違うのもやっとな細い道です。





急な坂道です。



東京じゃ見られなくなった、たき火の風景。



6:45

かねに荘トウチャコー



一仕事終えたのでビール!(笑)



朝食も終えて、3回目のドローンに出かけます。

それは明日のこころだ~(笑)







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

利島 何もない島 = 島の生活 = [旅行・探訪]

 
No.4423(So-net 2135+ Diary 2288) 2016年Blog WebDiary Since 2002



利島 何もない島 = 宮塚山ハイキング =

宮塚山から下りてきて



利島一周道路を走り探訪を続けます。



何やら蓮の池です。




ウスイゴウ園地

宮塚山登山の終着地。利島で発掘された銅鏡を模った池や、当時の住居をモデルにしたあずまやなど、古代太陽信仰をテーマとしているのが特徴です。島の東側に位置するため、利島で一番早く日の出が見られる場所でもあります。伊豆諸島の植物が多く見られます。
利島のおすすめスポットとご紹介はこちら 島ガール.com

ここがウスイゴウ園地なんだ。

車だと行き過ぎちゃいます。



蓮が咲いてたら綺麗だったんだろうな



蓮池のそばに東屋がありました。



トイレかと思ったら展望台になってました。(笑)



見えるのは大島です。



車じゃなくて一周道路を歩いて利島を周遊して

ここでランチするのもいいかも知れません。



ここからはずっと椿の木が道の両側に広がります。



ここで利島と大島の椿について考えます。

利島は20万本の島全体の8割、9割は椿の木です。
対して大島は300万本だそうです。

しかし、島の大きさは

大島:面積91.06 km²
利島:面積 4.12 km²

つまり椿密度は

大島:3万3千本(1平方キロメートル)
利島:4万8千本(1平方キロメートル)

利島の勝ち~!
って、違う?(笑)



収穫した椿の実を運ぶトロッコです。



道の両側を延々と椿の木が続きます。



そしていつも大島が見えます。



島の北側にある集落に入ってきました。

これはなんだろ?



こんな景色のいい駐車場はそうないよ!(笑)



地域交流会館で、閉まってます。

村の人が集会などで使うのでしょうね。



村役場です。



こんな位置関係です。



村役場の同じ敷地にある郷土資料館です。



日曜日なのに開館してました。



この模型は地形がよく分かる!



一番の産業は椿です。



いろいろな物が展示されてます。



戦前は蚕もやってたのですね。いまはやってないみたい。



何もない島って書いてるけど

人口300人の村にしては立派な資料館です。(笑)



ここで驚いたのは島には井戸がないという事。

昔は大変だったうな~

いまは水道用の貯水槽があります。



資料館をあとにします。

海が見える!(笑)



港に降りてきました。

集落から標高差90mくらいあります。



港には何もないです。



東海汽船の建物があるけど、すでに閉まってました。



この日、2度目のドローンです。

風が強くて機体が傾いてます。

動画はこの日と翌日とをあわせて作りました。
後でお見せします。

いや、ほんとマジ金時山の呪いか
怖くて飛ばせないです。



集落に上がってきました。



島の2、3軒ある商店の1つ、喜多屋です。

乾物と数少ないですが野菜もあります。



島のりは土産にしました。



15:50

かねに荘トウチャコー

車をここで返しました。

これだけ走ってガソリン代入れて¥2500!(笑)



やっとビールが飲める~(笑)

喜多屋で買ったビールに氷に塩辛です。



この塩辛は神津島産です。

塩辛もくさやも、何もかも島では出来ないのですね。
島海苔も神津島産です。

しかし、

この塩辛うまい!(笑)



島の宿と星と月は

明日のこころだ~

あっ、明日は写真一週間なので

利島の続きは月曜日です~(笑)

おっと、その前に










nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

利島 何もない島 = 宮塚山ハイキング = [旅行・探訪]

 
No.4422(So-net 2134+ Diary 2288) 2016年Blog WebDiary Since 2002



利島 何もない島 = 利島小中学校と南ヶ山園地 =

南ヶ山園地も終わって、利島の2つ目の目的



宮塚山に登ります。



「宮塚山 ハイキング」でいろいろ調べたのですが

1)何時間かかるのか?

2)距離は?

3)途中の様子は?

4)駐車場はあるのか?

一番分かったのこのヤマレコ

宮塚山 (伊豆利島) - 2017年03月18日 [登山・山行記録] - ヤマレコ

これで南にある登山口から登ると緩やかな道だと分かったのです。

さて、問題はドローン



ケースを手持ちで登ることになりました。

Phantom 4 はやっぱりでかいです。



そして車は路駐です。

民宿のオバサン(おねえさん(笑))にも
路駐で大丈夫と言われたので問題ないみたいです。



10月8日(日) 13:06

山道も標識も整備されてます。



三宅島にもあるスダジイです。



道は整備されてても笹に覆われてます。



ムカデはでかい!

10cm以上あります。3匹であいました。



こんなのもいます。(笑)



13:22

道はあいかわらず笹に覆われてます。



13:27

標識はあるのですが

眺めがまったく良くない!

周囲は海なのです。

海を眺めながら歩きたかったです。



13:35

山頂はもうすぐ!

どんな山頂なんだろ?!



13:38

うん??



この狭い場所が山頂でした。

笹に覆われて何も見えない!

がっくり(笑)

少し切り開くとか

もっとどうにかならないのかな~

仕方ないので、すぐに展望台を目指すのですが…



これが展望台方面への道です。

笹で覆われて分かりませんでした。

すると

笹をよけて山道を進むと…



濃霧です。

雲の中に入ったようです。



どんな展望台なんだろ?!





13:50

展望台トウチャコー





おー!

素晴らしい眺めです!



ただ雲が…



でも眼下の港が見えただけでも良しとします。(笑)

晴れてると大島が見えるのですね。





小中学校も良く見えます。



さて降りるか。




下山途中やっと1組のカップルにあいました。

この人たち、宿で夕飯するときにいたのです!
びっくり!

夜行の大型船で来て、午前中はスキンダイビングをしてたそうです。



14:35

登山口に戻ってきました。

IMG_6624.jpg

宮塚山山頂と展望台はこんな感じにグルッと回れます。



ちゃんと自撮り棒も持ってきました。(笑)

そうそ

ドローンは重たい思いして持って行ったのですが
金時山のトラウマか、飛ばすのを諦めました。
Mavic Pro 金時山 = 悲しい別れ =

高く飛ばせない。
遠くへ飛ばせない。

いつ克服出来るのでしょう。

さて、利島散策はまだまだ続きます。

それは明日のこころだ~(笑)







nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

利島 何もない島 = 利島小中学校と南ヶ山園地 = [旅行・探訪]

 
No.4421(So-net 2133+ Diary 2288) 2016年Blog WebDiary Since 2002



利島 何もない島=早いけどつまらない高速船と素敵な宿のおばちゃん。=

いよいよ始まりました!(笑)



宿で車を借りて、この急坂をあがると…



すぐこの景色です!



天気が良いんだか悪いんだか。

海上は白波が立ってます。
高速ジョット船が欠航するわけです。



かねに荘のすぐ上に利島小中学校がありました。

話によるとウェインの中学時代の数学の先生の
前任地は利島だったそうです。

この学校ですよ!(笑)



校庭は小学校、中学校共用みたいで

なんと!

自然芝です!



新島2日間レンタカーと徒歩の旅=新島を好きな理由=流人墓地2016-10-17

新島の小学校も芝でした。



校庭が芝なのは理由があるのかな~



運動するのには最高ですよね。



校門を出ると海!



小中学校をあとにしてしばらく行くと

保育園です。

何もない島じゃない!

すいません。(笑)



何やら脇道があります。

行ってみます。



椿の木です!



道には椿の実がごろごろ落ちてます。



始めて見る椿の木の畑?

ちょっと感動したのですが

この後、ずっと

全島すべて椿だらけです。(笑)



これから、11月から椿の花が咲きます。

その準備のようです。





幻想的な風景



椿の実の殻などを燃やしていたのです。

島では落ち葉など燃やす風景をいくつも見ることになります。

東京では(ここも東京都だけど)、廃棄物処理法で禁止です。
だから野火を見るのがとても新鮮に映りました。



周回道路に戻ります。

それにしても、狭い道です。
これが幹線道路です。



島の西側のはずれです。



地図からすると正面に伊豆半島が見えるはずですが…



赤茶びたガードレール

いい風景です。



ここを右に行きます。

目的地の「南ヶ山園地」に向かいます。



うっそうとした道を進むと…



人知れず神社がありました。



阿豆佐和気命神社本宮と言うそうです。

神 社 東京都利島村ホームページ



ご神体は宮塚山そのものなのですね。

この後登ります。



この神社は下から参拝して終わり。



きました!

利島に来て一番見たかった場所です。



いろいろネットの写真で見て、ここに最初に来たかったのです。

しかし

大きさ、広さが分かりませんよね。

すごく狭いのです。(笑)

利島のおすすめスポットとご紹介はこちら 島ガール.com



この場所は島の南の南端にあり、見える島は左から

鵜渡根島(うとねじま)、新島、式根島が見えるのですが



霞んでます。



でも、やっと南ヶ山園地に来れました!(笑)



こんな小さな庭園です。



南ヶ山園地の脇にはこんな沼地がありましたが



整備されてますが、ちょっと朽ちてます。

と言うことで

念願の!!



利島 初ドローン!



いちおう動画も…(笑)

ドローンはこのあと数回飛ばしますが

どうも金時山で墜落させたトラウマか

撮影にキレがない、高く飛ばせないと

最初のころの下手っぴに戻ってます。

ちなみに

池が見えますが、水道用の溜池です。



さて、明日は



宮塚山の山登りです!(笑)







nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

利島 何もない島 = 早いけどつまらない高速船と素敵な宿のおばちゃん。= [旅行・探訪]

 
No.4420(So-net 2132+ Diary 2288) 2016年Blog WebDiary Since 2002

シャッターを切って写した枚数が635枚。
いまGoogleフォトに380枚を残しました。

この写真をもとにブログを書きます。



平成19年 2017年10月8日(日)

9月に台風で行きそこねた利島に念願かなって行けそうです!



7:42

朝の日曜日。

この時間に船に乗るのは始めてです。



GoPro HERO5 で写しました。

菱形の模様が決まりましたね。(笑)



竹芝桟橋のシンボルです。

行く時も帰ってきた時も迎えてくれます。



これはキヤノンの広角レンズEF-S 10-18mm で写しました。

Canon EOS 70D f/11 1/200 10mm ISO 100



8:20

そろそろ時間です。



乗船しようと船を見てびっくり!

小さい船です。



天気は良さそうなんだけど…

実は!!



条件付き出航だと言うのです。

利島の港に着岸出来ない時は沖で様子見て

ダメなら東京に戻るのを承知してキップをもらいました。



確認しなかったのですが

東京に戻る時はいったん神津島まで行って戻ってくるのかしら?



とにかく乗船です!



乗ってみると空席があります。



左は下の階の席。

がらがら

右が上の階でほぼ満席でした。



8:35

定刻に竹芝桟橋出港

ここで!!

高速ジェット船は大型船の3倍くらい速いのですが

つまらない!



乗船中はシートベルト着用で身動き出来ない。

だから写真も窓越しでしか撮せない。

この写真も外で撮せばもっと綺麗なはず。



9:35

久里浜港

日曜日のこの便だけ久里浜に泊まります。



久里浜から大勢乗ってくると思ったらまだ空席があります。

その日にふらっと行って、乗れるのかも?!(笑)



時速80kmです。

やっぱり早い!



10:38

大島です。

あっという間





ほとんど大島で降りました。

大島にはジョット便が日曜日の午前中、3便出てます。

まじ日帰りを考えるかな



大島を出るとはやはり海は荒れてきました。

伊豆半島が隣りあるので、大島までは静かなのです。



11:20

利島に少し遅れてトウチャコー

ではありません。

着岸するのか?!



無事着岸!

渡橋が揺れること揺れること!

迎えの民宿のおばちゃんに聞くと

いま乗ってきたジェット便が

波で揺れて着岸が出来ないんじゃないかと思ったそうです。



利島トウチャコー!!(笑)



民宿のおばちゃん(おねえさん?(笑))の出迎えです。



軽のオートマで急坂をうんうん登っていきます。

こんな急坂ばかりじゃ車が傷むな~



11:30

かねに荘トウチャコー



表玄関に回ってください

って、言われても分からない



こっちか~

裏に玄関がありました。(笑)



なかなか良い宿じゃない



これで2食ついて¥7000です。

グッド!!(笑)



ただ裏です。

海が見えません。



右側が山側

左が海側で海が部屋から見るのです!

予約が遅かったから仕方ない。



利島のマップをもらいました。

集落はこれしかありません。

お買物6軒。飲食2軒。
開いてない店もありそう。



これは東海汽船の地図だけど

道は細い周回道路があるだけ、他は何もない。

あとは港の上の壁のような土地に集落があるだけです。



さっそく宿の車を借りて島を一周します。

島にはレンタカー屋はないけれど、宿の車を貸してくれます。

港に迎えにきてくれた車をそのまま使いました。

半日¥2500

昼から夕方まで使ったのにガソリン込みで¥2500でした。

ほんと良心的なのです。



利島の話は明日のこころだ~(笑)








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

利島 何もない島 = 下手すると帰れない島 = [旅行・探訪]

 
No.4419(So-net 2131+ Diary 2288) 2016年Blog WebDiary Since 2002

無事に利島から戻ってきました。



今日は写真の整理がつかないので

Instagram にアップした写真をお見せします。



それにしても

まさに「無事に」帰ってきました。

と言うのも、利島に着いたそうそう



「次のジェット船は欠航です」

町内放送が流れたのです。



迎えの民宿の方に聞くと、

いま乗ってきたジェット便も

波で揺れて着岸が出来ないんじゃないかと思ったそうです。



欠航になったら大変です。

火曜日は休めません。



しかし、無事に戻ってきました!

と言うことで

明日からをお楽しみに~(笑)







nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

燈明堂ドローン&チェア = 終わりの夏の楽しみ方 = [旅行・探訪]

 
No.4387(So-net 2099+ Diary 2288) 2016年Blog WebDiary Since 2002



9月3日(日)

久しぶりに電車で出かけます!



久しぶりの電車なんでいただきます!

車掌さん、すいません!(笑)



8:28

燈明堂トウチャコー

なんか天気予報と違う。

ずっとこんな天気です。

この頃、東京は天気良かったみたい。

でも、この天気がまたいいのです!(笑)



8:54

と言うことで、さっそくMavic Pro を飛ばします。



Mavic Pro は羽根が付いた状態で持ち運ぶので

飛ばすまでに時間がかからないのです。



それにしても、いまにも雨が降り出しそう。

じっさい、ぱらっと降ったんです。



9:02

それでも薄日が差す時間がありました。



9:07

大陽が出れば海の色がもっとコバルトブルーになるのに…



燈明堂のすぐ左にハーバーがあります。

ここからヨットがいくつも出てくるので、ヨットの撮影には事欠かないです。



ハーバーの奥が浦賀港です。





歴史ある浦賀港をぐるり回って鴨鶴へ:IDEA's Gallery 2015-09-09

浦賀はいまでは漁港としてもあまり活用されていません。

造船所の跡地は野外ミュージアムになるみたいです。


三浦半島の東部に位置し、東京湾の湾口部、浦賀水道に面する。南南東から北北西へと深く海が切れ込み、浦賀港として利用されている。
旧浦賀町域については、標高の高い山はないものの山がちな地形で、海岸近くの平地に市街地が形成されている。北方の丘陵地には、防衛大学校が置かれている。

かつては住友重機械工業浦賀造船所があり、海上自衛隊の艦船の製造や修理が行われていたが、2003年(平成15年)3月に閉鎖された。現在、跡地は野外ミュージアムとして整備される計画である。

江戸時代には江戸湾の入り口に位置することから廻船問屋や干鰯問屋が軒を連ねた。さらに1720年には江戸湾の警備の為に浦賀奉行が置かれ、万が一の事態に備えて砲台(浦賀砲台)も整備された。浦賀は、湾に出入りする船が必ず寄港する要衝となり隆盛を極めた。1818年にはイギリス商船ブラザーズ号が、1823年にはイギリス捕鯨船サラセン号が来航し、異国船打払令が出された後の1837年に来航した米国商船モリソン号は砲撃を受けている。1842年に薪水給与令が出されるが、1845年に来航した米国捕鯨船マンハッタン号は漂流民を引渡した後に補給を受けている。これらの来航は個人的な行動であったが、1846年にはアメリカ東インド艦隊司令長官ジェームズ・ビドルが戦列艦コロンバスと戦闘スループ・ヴィンセンスを率いて来航した。1849年には英国軍艦マリナー号が入港している。
1853年には沖合にマシュー・ペリー率いるアメリカ海軍艦隊が来航し(黒船来航)、浦賀奉行が応対に当たった末に近隣の久里浜(現横須賀市。当時は小さな漁村)に上陸することとなった。このためペリー上陸の記念碑や記念館は久里浜にあるが、一般に来航地は浦賀とされる。その後1860年には咸臨丸が浦賀港より出港して、太平洋を横断した。
浦賀 - Wikipedia




浦賀をお勉強したとこで、ピース!(笑)



9:33

1回目のフライトが終わったので、かんぱい!(笑)



しばし休憩。



モンベル ヘリノックス チェアワン =素晴らしい衝動買い! =

素晴らしい買い物でした!(笑)



めちゃ快適です~(笑)



10:02

この日のドローンは2回で終わりました。



あとはまどろみの時間



船に気づけば…



バシャッ!



ヨットに気づけば…



バシャッ!



そして飲み食べる。




Jack Johnson のON AND ON のジャケに感じ似てない?

Jack Johnson ジャック・ジョンソン - UNIVERSAL MUSIC JAPAN



10:34

終わりの夏の楽しみ方。



10:47

気持ちいいっす!(笑)



こんな感じ。(笑)



急に出てきた!

ビックリした~



この親子さん



お父さんがチャリに二人乗せて来てました。

終わりの夏の楽しみ方。



気持ちいいっす!(笑)



雲ゆきが怪しくなってきた~



11:10

まじ、ポツリポツリ

撤収!



おやっ!?



発火したサムスンが流れ着いてる。



12:06

それにしても静かな浜です。



また来ます!(笑)

では、お約束の動画です。



ドローンの操作、動画に関して

明日もう少し書いてみます。(笑)







nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

佃嵐崎ドローン = 絵コンテはないけれど = [旅行・探訪]

 
No.4299(So-net 2011+ Diary 2288) 2016年Blog WebDiary Since 2002

写真一週間 = 絵コンテはないけれど =:IDEA's Gallery の続きのような話です。



ブログを書き終え、仕事も終わっていざ出発!(笑)



7時の電車は皆さんまだ眠そうです。



5月28日の沖ノ島の時も朝は曇ってましたが
この日も大丈夫かなと心配するくらい曇ってました。

ドローンも釣りも昼寝も沖ノ島 = その沖ノ島を探して =:IDEA's Gallery



そして、今回はどこに行くのでしょう?



終点の三崎口でした。(笑)



この日は時間を短縮するためバスに乗り「和田」で降りました。



毘沙門茶屋:IDEA's Gallery

和田長浜海岸はITNと名前が付く前にキャンプした始めての浜です。



しかし、和田という地名がこの神社





和田一族の武将の名前だと今回初めて知りました。



バスで来て平坦な道で海岸に出ると思ったらやっぱり三浦海岸です。
丘陵を上がってこの畑に出ました。



スイカ畑です。



三浦海岸はこの風景です!!



もうすぐスイカでいっぱいになるのですね。



立派な温室があります。



農業高校でした。

平塚農業高校初声分校



あとで分かるのですが、海岸も散策する道が整備されてますし
このような史跡もコースになってるのでしょうね。



この施設も今回初めて知りました。
一般の人も利用できます!



海は目の前で素晴らしい施設です。

なんと!!

宿泊利用料¥308、リネン代¥330

むちゃくちゃ安い!(笑)

ご利用にあたって YMCA三浦ふれあいの村



和田長浜にトウチャコー



天気も良くなってきて、風もない!

ドローン日和です!(笑)

さて、目的地はもう少し先です。







荒崎への道=佃嵐崎から荒崎弁天島= 2016-06-22

佃嵐崎(つくだあらしざき)でドローンを飛ばし
栗谷浜港(くればまこう)で釣りをしようと思ってきたのです。

と言うことで佃嵐崎のドローンは明日のこころだ~(笑)







nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三宅島 海・空・星 = 旅の余韻 = [旅行・探訪]

 
No.4276(So-net 1988+ Diary 2288) 2016年Blog WebDiary Since 2002

三宅島 = 海・空・星 =:IDEA's Gallery の続き、この旅の最後です。



夜明けとともに浜に出てドローンを飛ばして「あいらんど」に戻ると



民宿「みなと」から朝食が運ばれてきました。



「あいらんど」の食堂です。



「あいらんど」の朝食です。



三宅島 民宿みなと:IDEA's Gallery 2016-05-12

去年と比べてもそう変わりないんだけど、何か足りない気がする。

女将さんの愛情か?(笑) (でも、そうだと思う。)



そろそろ帰る時間です。

帰る間際に「あいらんど」の屋上に上がりました。
前日に寝ころんで星を見た場所です。



いい景色!



この景色が部屋から見えたら、少々のことは我慢する。(笑)



部屋から雄山(おやま)も見えなかった。



三宅島 大久保浜からメガネ岩まで:IDEA's Gallery 2016-05-14

やっぱりこの部屋の方がいい!(笑)



屋上から雄山を見て「あいらんど」を後にしました。

シークレットビーチでドローンを飛ばすなら「あいらんど」だし
でも、旅の宿としては「みなと」です。

いや、もっと別の宿を探すかな(笑)



さて、朝食後すぐ「みなと」の車で錆ヶ浜まで送ってもらいました。

miy_map.jpg

三宅島には東京と行き来する港が2つ、三池港と錆ヶ浜の阿古港があり
その日の11時にならないと、どちらに発着するのか分からないのです。



取りあえず錆ヶ浜の桟橋まで送ってもらいました。

なぜ桟橋か?



釣りをするためです!(笑)



釣り日記 坂の上の雲:IDEA's Gallery 2015-03-31

釣りは去年もやりましたが、ぜんぜん釣れませんでした。

去年も? いや結論から書くと今年もです!(笑)



いやいや!



魚は釣らなくていいのです!」(笑)



最高の時間です。

1時間半、釣り糸をたらしてました。



今度は場所を変えて…



ダメだった~(笑)

そばにいた人が今日は亀がきたから魚が逃げたと言ってました。(笑)

魚は釣らなくていいのです!」(笑)



ところで、この仕掛けです。

IMG_0994.JPG

使い勝手が良かったので、帰ってきてAmazonしました。

三宅島でやってて根掛かりして糸を切りそうになって、
根掛かりして糸を切った場合にスペアがなかったからです。

 





パックロッドに瓶詰めの釣り餌にこの仕掛けだけでOK!

荷物は全くかさばりません。これでまたちょい釣りします!
(釣ってから「釣りします」と書け?!(苦笑))



11時になると船は三池港に着くと案内がきました。



11時54分

三池港トウチャコー!



周囲には何もなく、ターミナルの中も狭いです。

1日1往復発着の船しかないので仕方ないです。



しかし何度も書きますが、何もないのが三宅島の魅力です。



ずっと見てて見飽きないです。



御蔵島にも行ってみたい!

そうか!?

今度は御蔵島に行こう!



船は三宅島と同じ船だ!

東京を10時半に出て、翌日6時に着く。
7時間半か。長いけど似たようなものだ。



でも三宅島は最高!!



本当にこの景色は見飽きない。













そろそろ船が着くかな?



















大型船のドリフトターンでした。(笑)



13時24分



思いでいっぱいです!



なんと!

民宿「みなと」の女将さんが明日葉を届けに来てくれました。
他の客にも同じように新聞紙にくるまった明日葉を届けています。

このサービスでリピーターを増やしてるんですね。
観光に生きる島の人たちの活力を感じました。



思いでいっぱい!







サタドー岬です!!



だんだんサタドー岬が小さくなります。



船はゆっくりだからいいのですね。



最後まで島を見ていました。



三宅島空港に着く飛行機です。

しかし思うに

飛行機もいい!

レンタカーもいい!

しかし、やっぱり船にバスに徒歩だよ!



みな車座になって甲板で旅を味わっています。



甲板は大島に寄港してもっと乗客であふれてました。



さすが!

旅慣れてます!(笑)



ずっと海を眺めています。

船はこれがいいのです!

すると…!



海面をぴゅんぴゅんと飛ぶなにか?!

僕は最初、トビウオかと思って見てたのです。



望遠レンズで撮った写真を拡大して分かりました。



カモメです。

でも、船に乗ってる多くの人は知らない。
双眼鏡を持ってる彼と僕だけです。(笑)



神津島、新島、利島かな

利島も行かねば!(笑)



17時55分



そろそろ時間です!



夕飯の時間なのです!(笑)



錆ヶ浜の土屋商店の海苔弁です!

海を見ながら、潮風をあびながら海苔弁!
格別の味です!(笑)









おや?!

大型客船です。





甲板の大型スクリーンに夕日を見せてるのですね。



すごい船なんだ!

日本生まれの大型豪華客船、ダイヤモンド・プリンセス



20時18分



この船の旅はこの夜景を眺められるのがいいのです!



でも船に乗ってる多くの人はこの夜景を眺めないです。

なんでだろ?







レインボーブリッジも



東京タワーも



六本木ヒルズも



いくら見てても見飽きないです。



20時26分



長い旅もそろそろ終わります。(たった1日半だけど(笑))



いつ見てもこの帆を見ると「帰ってきたよ」と言いたくなります。(笑)



しばらくの間お付きあい下さり感謝です。

さて、次はどこに行こう?!
御蔵島か神津島か利島か

「夢は裏切らない!」
(なんのこっちゃ(笑))







nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 旅行・探訪 ブログトップ