So-net無料ブログ作成

藤井四段 30連勝ならず = まずは体力をつけて!= [勉強・遊び]

 
No.4327(So-net 2039+ Diary 2288) 2016年Blog WebDiary Since 2002

今朝はいろいろニュースはあるのですが
やっぱりこの話題です!(笑)


藤井四段は2日、東京の将棋会館で竜王戦の挑戦者を決める決勝トーナメントの2回戦に臨み、午前10時から佐々木勇気五段(22)と対局しました。対局は佐々木五段の先手でそれぞれ5時間の持ち時間で行われ、序盤から佐々木五段が主導権を握り、藤井四段にとって苦しい展開となりました。

夕食休憩のあと、藤井四段は巻き返しを図って攻勢に出ましたが、佐々木五段の的確な受けによってつながらず、午後9時31分、101手までで藤井四段が投了しました。

今回の対局で藤井四段は指し手に時間を使う場面が多く、持ち時間が3時間以上の対局では初めて、残り時間20分を切るまでに追い込まれました。
藤井四段が公式戦で敗れたのは初めてで、デビュー戦から続いてきた連勝記録は「29」で止まりました。
藤井聡太四段 30連勝ならず NHKニュース

僕はアプリでずっと見ていましたが、中盤から藤井くん劣勢なため
夜中まで付き合わずに寝てしまい、さっき棋譜を見ました。

IMG_2781.jpg

NHKニュースに書かれてますが、藤井くんは序盤から時間を使います。

IMG_2782.jpg

34手目で藤井くんと佐々木五段とは1時間以上持ち時間の差があります。

いままでずっと藤井くんの対局を見てきましたが、これだけ序盤から考える
藤井くんを見るのは始めてです。(全部の対局を見てないので間違いかも)

IMG_2783.jpg

そして、35手目佐々木五段のこの手です。
素人判断ですが、これから藤井くんはペースを落としていった気がします。

IMG_2784.jpg

48手 藤井四段 9七歩

IMG_2785.jpg

49手 佐々木五段 5八玉

素人には全く分かりませんが、この2手が勝負の分かれ目だったようです。


藤井聡太四段の☖9七歩は好手でしたので一時互角になったように思いましたが、佐々木勇気五段の☗5八玉がさらによい手だったので藤井四段側にはこれをしのぐ手が見つからず、以後、佐々木五段側が好転し、本局は藤井四段の負けとなりました。
加藤一二三九段 談


IMG_2786.jpg

ここからは終盤です。

藤井くんが負けの形を作りに行ってます。

IMG_2787.jpg

これで勝負あった!です。

IMG_2788.jpg

将棋って終盤が面白いし、藤井くんの終盤力には目を見張りますが
やっぱり序盤、中盤の形成が大事なんだとよく分かった将棋でした。

藤井くんはまだ14才です。
これから体も成長して骨格も変わっていきます。

今回の将棋のように朝から夜中まで戦う体力も必要です。
ぜひこの1年は体力をつけて、来年、再来年と飛躍して欲しいです。

久々のスーパースターの誕生です。
これからも楽しみです!(笑)







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感