So-net無料ブログ作成

写真一週間 = コールスローの語源 = [徒然に]

 
No.4583(So-net 2295+Diary 2288) 2017年Blog WebDiary Since 2002



福ちゃんなのですが、数日前どうも大人しかったのです。

(写真は今年1月に風邪を引いたときの福ちゃんです。)
福ちゃんの調子が悪い = 福ちゃんがんばれ!=) 

風邪ではなく、福ちゃんは尿道閉塞の持病を持ってるので
まずはそれを疑いました。

そこで、1日中部屋に閉じこめオシッコをするか確認すると
1回だけいっぱいしてたので、まずは一安心でした。

血尿もしていないし、オシッコの量も多めです。
一日に1回は少ないのですが、病院に行くのはやめました。

いま福ちゃんは普通にしてます。
持病を持ってるとちょっとしたことが気になるのです。

こうして、気になることはいつも、いくつもおこります。
こうして、気になることを一つずつ解決していくのです。

IMG_3037.JPG

3月19日(月)

と言うことで、写真一週間です。(笑)

これは男子ごはん。3月18日の「春キャベツの辛みそ炒め」

IMG_3040.JPG

3月19日(月)

鶏肉のコチジャン和え

IMG_3042.JPG

3月19日(月)

先週3月16日にも似たような煮物が出てきたな。(笑)

IMG_3048.JPG

3月20日(火)

スペアリブ



3月21日(水)

お墓参りしたあとは

「居酒屋ふじ」 Amazonビデオ

これ見て

ドクターX~外科医・大門未知子~(2016) Amazonビデオ

最近はドクターXをずっと見てますね。(笑)

IMG_3075.JPG

3月22日(木)

IMG_3076.JPG

IMG_3077.JPG

IMG_3078.JPG

3月22日(木)

IMG_3090.JPG

IMG_3086.JPG

3月23日(金)

IMG_3088.JPG

男子ごはん。3月18日の「春キャベツとツナのコールスロー」



3月24日(土)

ゴボウと牛肉




コールスローの歴史は長く、おそらくは古代ローマの時代から食べられてきたと考えられている。しかし近代的なコールスローの人気が高まったのは18世紀になり瓶詰めのマヨネーズが発明されてからであった。英語の「コールスロー (coleslaw)」という名前は18世紀ごろにオランダ語の "koolsalade"(キャベツサラダ)を短縮した「コールスラ (koolsla)」から生まれたものだが、1860年ごろまでのアメリカ合衆国とイギリスでは誤って "cold slaw"(冷たいスロー)と呼ばれており、ホットスローという温サラダが作られることもあった。英語の "cole" には本来ラテン語から派生したキャベツの意味があり、これはまたオランダ語 kool の語源ともなっている。その後 "cole" の意味が復活して英語でも coleslaw と呼ばれるようになった。今ではこの "slaw" の部分が独立してひとつの単語のように扱われることも多く、キャベツ以外の野菜を用いた「コール」スローでない別のスロー(ブロッコリースローなど)も知られている。
コールスロー - Wikipedia




甘塩鮭 うまい[exclamation]

盲腸で入院中のEishiroくんには毒な写真だった。(笑)

さて、今日はこれから厚木の墓参りです!
浄雲寺=祖父・祖母の眠る墓は僕が守ります=







nice!(3)  コメント(2) 

nice! 3

コメント 2

paula

福ちゃんの様子教えてくださいね。
by paula (2018-03-25 07:27) 

いであ

paulaさん、おはようございます!
福ちゃんはいま元気です。
先週はちょっと静かだったのが気になったのです。
今日もこれから僕らは出かけて部屋に閉じ込めるので、オシッコの様子が
分かります。(ふだんは家ではまったくしてないので。)
また何かあったら書きますね。(笑)

by いであ (2018-03-25 08:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。