So-net無料ブログ作成

忍野八海 = 写真より綺麗か写真の方が綺麗か = [旅行・探訪]

 
No.4538(So-net 2250+Diary 2288) 2017年Blog WebDiary Since 2002



忍野八海=バス会社の選択と忍野で何をするか=IDEA's Gallery

2月4日(日) 12:47

丸天さかな屋で食事を終えた僕らは忍野八海を見にいきます。



丸天さかな屋の場所は



地図の左下の「忍野八海バス停(大橋)」のすぐそば。
帰りはこのバス停からバスに乗ります。

忍野八海は北の浅間神社から大橋バス停までがエリアで
そこにある7つの池を回ります。

もう一つ「出口池」は遠くにあって僕もまだ行ってません。



最初の「お釜池」

小さい水たまりのような池です。



川沿いに北に向かいます。



ふり返ると富士山。

煙ってます。



橋を渡ります。



「湧池」トウチャコー

忍野八海の一番大きな池です。



さてここで到着した時間の問題です。



10時20分。
トーマス号!忍野八海にトウチャコー!

忍野八海:IDEA's Gallery 2016-01-12

前回と比べて1時間半以上遅く着いたと書いたのですが、遅く着くことで

僕は大陽がもっと高く上がり、光がちょうどいいだろうと思っていたのです。

ところが



もっと逆光が強くなって、池が黒く写ってしまうのです。

この写真は池だけ露出補正をして見れるようにしてます。



これはGoPro HERO5 を使い超広角のいい絵になってますが

光がすごく難しいのです。(これもずいぶん露出補正してます)



忍野八海:IDEA's Gallery 2016-01-12

2016年の時は10:42
今回はすでに13:04

2時間たつと大陽は横から差していたのが正面に回り
まったくの逆光になってしまったのです。

この時期はとくに忍野八海に行くなら早い時間がいいです。

じっさい肉眼で見ても、池は黒くて池の透明度がないのです。



それでもこの池だけはなんとか撮せました。



今回は雲が写りこんでます!



水深8mだそうです。



それにしても

池には小銭がいっぱい。

誰がこんなことするんだろ



鏡池です。

道順としては浅間神社でバスを降りて回った方がいいような気がします。



菖蒲池に向かいます。

ここで注意して欲しいのは、この写真が順光だということです。
この写真は何も手を加えてません。



菖蒲池です。

この写真も鏡池の写真もずいぶん露出補正をしてます。

逆光は難しいです。



ここでがっかりした話。

じつはこの池の水は濁っていて汚いのです。

写真より綺麗か写真の方が綺麗か?です。



これも写真ならではの写真。

左正面に大陽があって、空が真っ白で富士山の輪郭が見えないのです。

そこで空だけ露出をさげてブルーにしたのです。(笑)



そして富士山は刻々と姿を変えます。



13:11



13:12

これが大陽の位置です。



13:13



大蛇のようです。



13:16

おー!雲が取れるか?!



やっと山頂が見えました!



ずいぶん粘って、ここでいったん菖蒲池をあとにします。



13:23

浅間神社まできました。

忍野八海はここまでですが、ここまで団体客は来ないので静かです。



さて、僕はもう一度菖蒲池に戻って富士山を撮りにたいと言うと

アッコさんはお土産を買いたいから湧池に行くと言うので
いったんアッコさんと別れて僕は菖蒲池に戻りました。

はたして、もっといい写真が撮れるのでしょうか?
それは明日のこころだ~(笑)







nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。