So-net無料ブログ作成

江奈干潟ドローン = スポーツモードがこんなに楽しいなんて!= [ドローン]

 
No.4314(So-net 2026+ Diary 2288) 2016年Blog WebDiary Since 2002

江奈干潟ドローン = Dobbyは難しい = の続きです。



Dobby の試験フライトが終わって、いよいよPhantom 4 の出番です。



江奈干潟にはPhantom 4 のスポーツモードを試しに来たのです。

IMG_2421.jpg

まずは1回目のフライトです。

1週間ぶり、そして直前にやったDobby のスマホでのコントローラから
Phantom 4 のフライトに慣れるまで、いつものPモードで練習しました。

Phantom 4 にはPモード、Sモード、Aモードの3つのモードがあります。
説明は僕がするより、詳しいサイトがあるのでここに任せます。(おぃ!(笑))


P:ポジションモード
S:スポーツモード
A:アティモード

Pモード(Positioning)
機体はGPSおよび障害物検知システムを利用して、機体を安定させ、障害物の間を通り抜けたり、動く対象物(人等)を追跡(ActiveTrack)したり、指定した場所へ自動飛行(TapFly)する時などで使用します。
※基本、初心者など操縦になれていない方や他のモードを必要としない場合は、Pモード設定です。

①GPS機能⇒可
※正確にホバリング出来る。位置の認識が可能。
②障害物検知システム⇒可
※動く対象物を追跡したり、障害物の間を通り抜けられる。
※前方にあるセンサーで認識し、停止・減速・ホバリングなど自動制御できる。
※プロペラガード取り付け時は機能しません。
③ピジョンポジショニングシステム⇒可
※底面にある超音波センサーとステレオカメラセンサー(画像データ)でいる場所を認識する。
一部、画像データは機能しない場所もあります。
例えば白い床など、認識出来ない場合は黒いテープなど貼って対応しています。
④高度制限・距離制限・飛行不可ゾーン・ゴーホーム⇒可
※これらを認識し制限範囲を超えると音などで教えてくれます。

Attiモード(Attitude)
GPSや障害物検知システム・ピジョンポジショニングシステム等、利用できない。
機体の位置決めには唯一、気圧計のみを使用して姿勢を制御します。
よって、下記の機能は使用出来ませんが、トイドローンよりは安定しています。

①GPS機能⇒不可
②障害物検知システム⇒不可
③ピジョンポジショニングシステム⇒不可
④距離制限・飛行不可ゾーン・ゴーホーム⇒不可
※高度制限は、50mを超える飛行をデフォルトで禁止する高度制限のみ有効

①~③不可の為、左右前後に操縦するとそのまま機体が流れてしまいます。私はスティックで元に戻したり、余力分を計算して、スティックの動きを早めに止めたりして、着地ポイントに移動するよう機体の動きを見ながら操縦します。

また、Pモードよりスピードが出ます。
その為か、Attiモード操縦後は一気に疲れます(--;)

しかし、早い物体を撮影する時や、流れるような映像を撮影したい方はAttiモードを使用した方が良い為 プロの方々はAttiモードも使い分けて操縦しているんでしょうね。

Sモード(Sport)
機体の最高飛行速度が72km/h可能。(Attiモードも72km/h可能)
このモードでは、障害物検知システムが無効になります。

①GPS機能⇒可
②障害物検知システム⇒不可
③ピジョンポジショニングシステム⇒可
(高速時は機能しない場合あり)
④高度制限・距離制限・飛行不可ゾーン・ゴーホーム⇒可

高速操縦は、広い場所での練習が必要です。
以上、モードの違いでした。
PモードとAttiモードの違いって何? - ドローン操縦士になるための100の質問

お分かりいただけたでしょうか?(笑)

スポーツモードはある程度ドローンの操縦に慣れてからでないと
難しいし、危険なのです。
幸い僕も「飛行総時間 5Hr48Min 飛行総距離 58,766m」になりました!

金田港ロングフライト = 飛行総時間がやっと5時間になった!=



満を持してこの江奈干潟に来たのです!(笑)



1回目のフライトはまずはコントローラの感覚を思い出すように
Pモードでゆっくりフライトしました。



いつもの上空からの撮影です。
やっぱり写真を見ると気持ちいいです。(笑)



遠くに剣崎の灯台が見えてます。

こんな地形になってるんだ!(笑)



海岸線のすぐそばまで畑なんですね。

スイカ畑ですね。



Phantom 4 が作った水紋です。
こんな風圧があったんですね。

そしていつもの動画です。(笑)





IMG_2420.jpg

いよいよここからが2回目のフライト
初のスポーツモードです!

これがとにかく面白い!

動画にしたのですが、自分が操縦してるより
伝わってない!

こんな感じです。

がっ



ただ無茶苦茶やってる感じ?(笑)

とにかくPモードと比べたらめちゃ早い!

そればかりか!

Pモードではスティックを離すとその場でホバリングするのですが
Sモードは逆蛇を与えないとツーッと飛んでいってしまうのです。



最初にスポーツモードで戻って来たときに、ツーッと行ってしまい
この電線に引っかかるんじゃないかと思ったほどなのです。(笑)

笑い事じゃなかったです。
冷や汗!

でっ

僕の説明じゃ足りないので、また他の人に助けてもらいます。(笑)



このスピード感!
伝わるかな~
(いいな~こんな野っぱらがあったら毎日練習するのに~(笑))

そうそう
自分で操縦してる時は



スターウォーズ、エピソード1のポッドレースを操縦してる感じなのです。

オーバーじゃなくて、まさに興奮状態なのです。(笑)

IMG_2417.jpg

2回目のフライトが終わって
飛行総時間 6Hr20Min 飛行総距離 67,669m



スポーツモードでどっと疲れて、この日のドローンは終わりました。

そして、明日は松輪サバの話です。
お楽しみに~(笑)







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。