So-net無料ブログ作成

成龍丸 名物オヤジに会いに行こう! [食べ・飲み]

No.3704(So-net 01+02=1415+ Diary 2288) 2014年Blog 2013年Blog

三崎漁港探訪:IDEA's Gallery の続きです。



毘沙門から歩いて7kmを越え、そろそろ腹もへってきた。
さて、どこにしよう。
有名店を数軒回ったが、満員なのがどうも気に入らない。



この写真は最後にここに来た2008年1月のくろば亭。
このくらい空いていれば、入ってみようかと言う気になる。



それがこんなに混んでいてはダメだ。よく並ぶよ。
まっ、人のことはどうでもいい。
腹がへった!



ところで、各地の探訪をする時は食べログのアプリを使う。
食べログの検索はアプリがいい。

こうして地図を見ながら簡単に調べられるからだ。
Web版はどうして、不便なんだろ?
そんなことはいいや。

とにかく、三崎漁港に来るにそなえ食べログアプリで調べると
ぽつんと一軒離れてる店があった。



これが「成龍丸」だ。

お食事処 成龍丸 -魚介料理・海鮮料理 [食べログ]

そもそも三崎を探訪するのに、漁港の端っこまで赤い線を延ばしたかった。
しかし、港の中心から成龍丸まで歩いて1.5kmもある。
事前に調べているとはいえ、店が外れならまた戻らなくてはならない。

そう思って歩いてきたものの、店の前に立ってみて俄然とする。
この店構え!
いや、店はシャッターで、開いてない。



どうも2階が店のようだ。
事前に調べて知ってはいるものの、これは勇気がいる。

もし、ダメならすぐに出よう。
そう思って怖々と中をのぞいてみた。



2階に上がってみると、小さな座敷と数名のカウンターの小さな店。



カンター越しの厨房にはオヤジさんと、奥さんらしき人と
お手伝いの若い女の人がいて、客は2組座敷にいる。

2組も客がいるならまずは大丈夫だろうと、カウンターに座った。



まずは瓶ビールを注文して、メニューをいろいろ眺める。
するとメニューの裏に「松輪鯖」とあるじゃないか?!

鯖の刺身を食いたい!:IDEA's Gallery

いや、鯖を食いたいとは思ってたが、ここは三崎漁港だし
当然、マグロを食べるのだろ?そう思って、ここに来た。

それと、この成龍丸は金目鯛が売りらしいと知ってたので
金目鯛を食べるのかと思っていたのだ。



そこでオヤジさんに怖々「松輪鯖」があるのですか?と聞くと
この質問が受けたのか、ここからオヤジさん節が始まった。

「松輪ものですか?」
「いや、むにゅむにゅ・・・」

どうも聞き取りづらい。

松輪ではないらしいが・・・
「いや、鯖でなくてもいいです。」

鯖はね。いまちょっと、むにゅむにゅむにゅ
うーん、どうも松輪ではないが鯖が食べれるらしい。

それに奥さんとおぼしい奥さんと「大丈夫なの?」
いや、いいんだ。
任せておけっ。

もう一人のオヤジさんの娘のような娘さんまで
「ちゃんと金額をおしえてよ!」

どうもカウンターの向こうで何を相談してるのだろ?
俺を食べようとしてるらしい。
そんなことはない。



鯖は食べれるらしい。
しかし、この店は金目鯛が有名だった。

「キンメの煮付けはありますか?」
キンメは煮るより、焼いた方が美味しい!

ここからまたオヤジ節炸裂!
煮たら美味しい旨みがみんな逃げてしまう。
キンメは焼くに限る!

冬はそれでも煮付けが美味しい。
三浦大根を分厚く切って一緒に煮るのが一番美味しい。

キンメに関して、そうとうこだわりがあるのだ。

しかし鯖もキンメも頼んだが、腹がへったので「まぐろ丼」もたのんだ。



鯖がくる間テレビの音で振りかえると、このテレビが小さい!
小さすぎてテレビの用をなしてない。
いいのか?!こんなにテレビが小さくて?!
そんなことはいいや。
ビールがなくなって日本酒を注文した。
どうだ!
毘沙門から歩いてきたのだ!
あっ、日本酒の写真がない。すんません。(笑)



さー!鯖が来た!
うん?奥が鯖。手前はなんだろ?

「かます。むにゅむにゅ」
カマスを炙ってある。
うまい!

鯖は酢でしめてある?
いや、生かしら?

「生ですか?」
しめ鯖だ。

酢の味がするのは好きじゃない。酢の臭いがしないのが美味しいんだ!むにゅむにゅ
またオヤジ節が始まった。

しめ鯖はしっとり、そしてさっぱり。
うまい!

この盛り合わせで¥1650かな



まぐろ丼がきた!
漬け丼だ。
このマグロの旨いこと!

この漬けはね、ワサビが入ってるんだ。むにゅむにゅ



そういって、オヤジさんがこれを出してくれた。
ニンニク、ワサビを醤油で付けた特製調味料。

このまま酒のあてになる。

2本目の酒を頼むと
おいしいイカがあるよ。食べるかい?むにゅむにゅ
もちろんいただきます!



ソデイカだって!
旨い!とろけるようなイカだ!

ソデイカ 市場魚貝類図鑑



このオヤジさんの手に持ってる白いのがソデイカ。
めちゃでかい!



ソデイカをたべていると、お嬢さんとおぼしいい娘さんが
「おとうさん、キンメは焼いてるの?」
「いけねっ、」
どうもキンメを忘れてたようだ。

年を聞くと83才。
この店はオヤジさん限りらしい。

行くならいまのうちだ。
この頑固で変わり者のオヤジさんにあうなら今のうち。



きたー!キンメ!
なるほど、焼きキンメの旨いこと!
これで¥1620かな?
二合徳利を2つもあけて、酔っぱらってきた。



三崎の街をぶらぶらバス停に向かい、バスで三崎口
そして京急で帰ってきた。



オヤジさん、ごちそうさまでした!

マグロ丼、鯖、カマス、ソデイカそしてキンメ!
どれも美味しかったよ!
元気でいてください!
またオヤジさんに会いに来るよ!(笑)

nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 6

paula

どうだ!←出ましたね[exclamation]
それにしても大ヒットでした。
どれも美味しくて素晴らしいじゃないですか[exclamation]
漬け丼のマグロも分厚そうだし、イカも歯ごたえ舌触りが良さそう。イカって種類によって随分違いますものね。
キン目がまた素晴らしい。写真からも脂が乗ってるのが分かります。

おじさんのむにゃむにゃが気になるなあ(笑)
by paula (2015-10-08 08:25) 

いであ

ありがとうございます❗️
何より空いてるのがいい。そして旨い❗️
ネットで下調べ出来なかったら一見じゃ入れない店です。
それにこのオヤジさん。僕は好かれたようで漬けのタレまで出してくれたけど
相性悪い客なら、もうダメでしょうね。(笑)
むにゃむにゃは多分歯が悪くて滑舌が悪くて聞き取りづらかったのです。
でも83でここまで働けるのです。すごいです。(笑)

by いであ (2015-10-08 09:10) 

song4u

>しめ鯖はしっとり、そしてさっぱり

うーむ、日本酒で一杯♪
むにゅむにゅ大将、ぼくにもしめ鯖!^^;

ま、それは良いとしても、次の漬け丼はいけません。
なんですか、これ?!
ヅケが輝いているじゃありませんか!!
これはちょっとタダゴトじゃないなあ。
赤身があんまり好きじゃない九州人だとしても、
これはイカン。絶対イカン。まかりならん!(笑)

むにゅむにゅ大将、83歳ですか。
恐れ入りました。言葉がございません。
83-61=22
22年後、ぼくはこんな風でいるだろうか?
絶対にノーだなあ。
凄いですね、大したモンですね、むにゅむにゅ大将。
by song4u (2015-10-08 23:40) 

いであ

あれー?!九州の人は赤身を食べないのですか?!
そして、関東人は漬けはこのくらい漬かってても全く問題ないです。
(たぶん、そうだと思う)
オヤジさんの83才、すごいですよね!
僕も20数年後にはこんな感じでカメラ片手に歩き回れるかな~?(笑)

by いであ (2015-10-09 06:58) 

song4u

書き方が悪く、誤解されてしまいました!
この漬け丼は・・・タダゴトじゃないほど旨そうだということです。
こんな旨そうな漬け丼は、赤身が得意じゃない九州人でも
よだれが出てしまう、これは相当にヤバイ・・・ってことです!

すみません、意味不明な書き方をしてしまって。
しかし、本当に旨そうですよね、この漬け丼。
こんなの滅多に見たことがないなあ。
よく見る漬け丼は、もっと黒っぽいものが多い気がします。
これは違います。輝いてますから!!

むにゅむにゅ大将、最高♪
by song4u (2015-10-09 18:43) 

いであ

あはは、そういう意味だったのですか?!
オヤジさんもこのマグロを自慢してました。こんなマグロ、どこでも食べれないって!
song4uさん。いつか三崎漁港に来てください!
この成龍丸に来てください!(笑)

ところで、アッコさんに聞いたら彼女も子供のころは白身魚しか食べなかったって。
瀬戸内海の人はマグロなんて子供のころは食べたことないって。
いまは違うんでしょうけど、昔はね。(笑)

by いであ (2015-10-09 20:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0