So-net無料ブログ作成

菜の花プロジェクト [ボランティア]

  
平成23年8月16日(火)月歴7月17日 2010年日記
  
image-20110816064918.png

この人の事を書こう。
「菜の花プロジェクト」を立ち上げた人だ。

現役を引退され、悠々自適の生活をおくろうと思った矢先、
3・11の震災にあわれた。

僕らの活動に先立ち、当日の様子を話された。
地震そのものは、東京で受けたものとさほど変わりがない。

地震直後の街の混乱ぶりを話されたが、 それも教訓の一つだ。
しかししかし、津波は彼の言葉からもその凄まじさが分かる。

車が流され、船が流され、家が流された。
非難したお寺で多くの人が津波の犠牲になった。
自分の見てきた映像と重なる。

子供は見てきた津波の恐ろしさに、避難所でトイレに行けず
おもらしをした。
それでも寒さと余震の恐ろしさに身を寄せ合った。

しかし数ヶ月がたち、彼は立ち上がった。
河川敷にその子供たちのために菜の花をいっぱいにしよう!
市役所に交渉して、その夢がかなった。

河川敷は津波で多く瓦礫でいっぱいだった。
五月から徐々に瓦礫を撤去して、いま多くのボランティアが
毎日のように手伝い、瓦礫の河川敷は土の畑になった。

はじめは大きくない菜の花畑が、多くのボランティアのお陰で
どんどん広がり、いま彼は菜の花で文字を書く夢まで語った。

今日も僕は菜の花プロジェクトの活動のようだ。
汗と土ぼこりで、Tシャツと靴は泥んこになる。

それでも、子供たちに菜の花を見せる夢に疲れはない。
ただ残念なには、実際にその菜の花畑を見れるかどうか。

その夢を彼に託して今日も一日、働いてきます!

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

paula

活動お疲れ様です。

菜の花畑にしよう~という発想に、その発想だけでもこの方の豊かな心が分かります。
瓦礫の山が畑になり、やがて花が咲き、見事な菜の花畑になる。
人間の力と、自然の恵み。

"自然"とはなんて恵み多き素晴らしく、そして恐ろしいものか。
"神"の領域なのだと思います。
そして人間を、人間の行いを映す"鏡"だと思っています。
by paula (2011-08-16 07:32) 

いであ

paulaさん、やっと今日のBlogを書いたあと、一寝入りしました。
30分かな。まだボーとしてます。(笑)

今回も宮古、山田、大槌と見てきましたが、言葉ないです。
いまも友達はこの猛暑の中、ボラ活動しています。

日本は必ずや立ち直ります!
来年の春。大槌の菜の花を見たいです。

自然の驚異もすごいのですが、人の団結力もすごいと思います。

by いであ (2011-08-17 15:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0